キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

【女性向け】ワークマン全身コーデ1万円チャレンジ!ウェア開発スタッフが全力で教える、キャンプに使えるコーデはこれ!

#ワークマン女子池袋店でコーディネートをするワークマンレディースウエア生産管理スタッフの女性の画像

東日本初となる「WORKMAN Shoes」×「#ワークマン女子」池袋店が2022年6月16日にOPENしてはや1か月。みなさんはもう足を運びましたか?高機能でオシャレなのに低価格なアイテムが頭からつま先までそろうので見逃している人は要チェック。税込10,000円以下でキャンプやフェス、タウンにも使えるおすすめ全身コーデを、ワークマンでレディースウエアの生産管理を担当する川瀬未莉さんに聞きました。

トータル9,260円!虫に好かれず、野外作業がはかどる「防虫コーデ」

#ワークマン女子とWORKMAN Shoesの全身コーデの画像
ショートアドベンチャーハット980円(税込) AERO GUARD(エアロガード)JQメッシュパーカー1,900円(税込) サーバーバスクシャツ980円(税込) レディースガーデニングサロペット3,500円(税込) 2WAYサンダル1,900円(税込)
1万円チャレンジ第一弾は、暑い季節に重宝する「防虫コーデ」。蚊やアブ、そのほか名前がよくわからないけれど周りを飛んだり這ったりしている虫たちを寄せ着けにくい素材のウエアです。中でも川瀬さんの推しは、エアロガードメッシュパーカー、レディースガーデニングサロペット、2WAYサンダルの3点。
AERO GUARD(エアロガード)JQメッシュパーカーの画像
防虫加工、UVカットつきの便利な一枚。くるんとたためば持ち運びも楽々
まず、エアロガードメッシュパーカーですが、キャンプでの朝晩、冷房が効いた車内や室内など肌寒く感じるシーンで、ちょっと羽織りたいなと思ったときに大活躍。 暑くて脱ぎたい時には、くるんとたたんでパーカーの背面ポケットに収納すれば、上写真のようにコンパクトに収まります。防虫効果を発揮させたいときは、サッとはおるだけでOK。虫よけスプレーもいいですが、シャワーを浴びてさっぱりしたあとの肌に散布するのは抵抗がある人にもおすすめです。メッシュ素材で通気性も良く、肌触りもさらさらしているので夏場にずっと羽織っていても快適。UVカットつきなので、炎天下での作業も安心です。
レディースガーデニングサロペットの画像
※防虫仕様なのは、ブラウン一色のみ
次は、レディースガーデニングサロペット。商品名のとおり、ガーデニング向けに作られたウェアだそうで、両胸、両太もも付近に収納ポケットがたくさんあるのが特徴です。 右太もも付近(上写真)にとりつけられた収納ポケットは、持ち運びに困るハンマーやキッチンシザー、ペグ、火かき棒など比較的長めの道具もなんのその。しかも取外し可能なので、必要ない時は外してカジュアルダウンを楽しんで。ストレッチ素材なので、動きやすいのもうれしいポイントです。

トータル5,160円!撥水&通気性抜群、水遊びに最適な「フェスコーデ」

#ワークマン女子とWORKMAN Shoesの全身コーデの画像
トランスフォームジャケット1,900円(税込) レディースDRYサイドポケットTシャツ780円(税込) バギーショーツ980円(税込) レディース防水サファリシューズ1,500円(税込)
1万円チャレンジ第二弾は、水遊びシーンに活躍してくれそうな「フェスコーデ」。少し濡れても水を弾いてくれる撥水加工素材とガッツリ濡れても乾きやすい素材のウエアを集めました。中でも川瀬さんの推しは、トランスフォームジャケット、バギーショーツの2点。
トランスフォームジャケットの画像
まずトランスフォームジャケットですが、その名のとおり、ジャケットからウエストポーチに変身する2WAY仕様となっています。 脱いだアウターを腰回りに巻いているとモタモタしがち。動いているうちに地面に落としてしまったり、風が強い時は飛ばされたりして残念な気持ちになることも。「とはいえ、リュックに入れたら羽織りたいときにすぐ取り出せない…」。 そんな時はジャケットの背面ポケットにしまって、ウエストポーチにしてしまいましょう。バックルを調節してショルダーがけにしてもOK。ポーチには、飴や地図などちょっとした小物も収納可能。しかも、高撥水なので、雨の日や川遊びを楽しむシチュエーションにも最適。体も小物もビチョビチョになりにくいので、気を使わずに遊べます。
バギーショーツの画像
次は、バギーショーツです。トランスフォームジャケットと同様、高撥水素材を使用。裏地はメッシュになっているので通気性抜群です。 履いたまま川や海に入ってガッツリ濡れたとしても、乾きやすいのがうれしいところ。肌見せが気になる人は、バギーショーツの下にレギンスを履いてもグッド。価格も980円とお手頃なので、普段あまりアウトドアを楽しむ機会がない人でも持っておきたくなる一枚です。

トータル9,040円!アウトドアでも街でも着まわせる「万能コーデ」

#ワークマン女子とWORKMAN Shoesの全身コーデの画像
レディース高撥水フーデットロングレイン2,900円(税込) ドライサイドポケットTシャツ780円(税込) 撥水ライトプリーツスカート1,900円(税込) 巾着ショルダーバッグ980円(税込) アクティブパンプス2,480円(税込)
1万円チャレンジ第三弾は、なんとアウトドアから通勤、オフの日まで着まわせる「万能コーデ」。中でも川瀬さんの推しは、レディース高撥水フーデットロング、撥水ライトプリーツスカートの2点。
レディース高撥水フーデットロングレインの画像
まず、レディース高撥水フーデットロングレインですが、フード付きで膝上まで隠れるロングなデザインが特徴です。レインウェアーっぽくないのに、耐水圧はちゃんと10,000mm。長時間でなければ、大雨にも耐えられます。ファスナー部分などの縫い目には、シームテープを施すことで水が入りにくい仕様に。ファスナー開閉時に例え水が入っても、前立てに返しがついているので、インナーまで濡れることがないので安心。 拭きっ晒しの野外に出るときにサッと羽織れば風よけにもなります。逆にムレそうな場合には、背中のベンチレーションを開けたり、ダブルジッパーを調節すれば風通りもよく快適。高機能すぎるアウトドアウエアはそこまで必要ないと感じているライト層の導入ウエアにも最適です。
撥水ライトプリーツスカートの画像
次は、撥水ライトプリーツスカート。プリーツ折りが繊細で可愛い見た目なのに、しっかり撥水加工なのがニクイところ。折りたためば手のひらサイズになるので、雨が降った時に取り出してその場で履くという使い方も可能。 ウエストゴムがスムーズな脱ぎ履きをサポートしてくれます。そしてなんといっても、見た目がアウトドアっぽくなくて高見栄するので、オフの日にも着まわしても違和感なし。アウトドアとタウンの垣根を越えてくる逸品です。

さすが我らがワークマン、アンダー1万円でアウトドアコーデ一式そろう!

エクストリームなアウトドアは除くとして、一般的な範囲で気軽にアウトドアを楽しむのなら、「WORKMAN Shoes」×「#ワークマン女子」池袋店は強い味方!アンダー1万円で全身コーデが叶う夢のような場所に、ぜひ訪れてみてください。 【店舗情報】 店名:「WORKMAN Shoes」×「#ワークマン女子」池袋サンシャインシティアルパ店 住所:東京都豊島区東池袋3-1-2 サンシャインシティ専門店街アルパ2階 営業時間:10:00~20:00 電話番号:03-3988-5588
「WORKMAN SHOES」×「#ワークマン女子」池袋サンシャインシティアルパ店の詳細は下の記事もチェック!
 最終更新日:

あわせて読みたい記事