キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

5月はhinata特製カクテルでチルしよう!都心でフェス気分が味わえる「アウトドアカフェ」とは?

rewild

hinataと体験型アウトドアカフェ「REWILD OUTDOOR TOKYO」(東京・茅場町)の特別コラボが実施中。2022年5月31日(火)まで、期間限定のコラボメニューを提供しています。オフィス街の中心でキャンプ飯を「遊びながら味わう」という、少しの背徳感と押し寄せる高揚感…。都会の喧騒から切り離されたアウトドア空間で楽しむ、チルなカクテルとは?ちょっとだけのぞいてみましょう。

都心で出会えるアウトドア空間「REWILD OUTDOOR TOKYO」

rewildカフェ
雄大な隅田川と都心の大動脈・首都高が交わる、東京・茅場町。伝統と最新テクノロジーが融合する街の一角に佇むのが、"体験型アウトドアカフェ"「REWILD OUTDOOR TOKYO」です。 ひとたび入り口の扉を開けると、そこは別世界。植物が青々としげり、鳥のさえずりと清流のせせらぎが聞こえる、森のような空間が広がっています。
リワイルドカフェのアップルパイ
そんな"都会の森"で味わえるのは、自分で仕上げる極上のアウトドアグルメの数々。2022年5月31日(火)までの平日は、アウトドアメディア「hinata」とのコラボで生まれた、ワクワクするような料理8品、ドリンク3品が用意されています。 こだわりの詰まった、hinataだからこそ実現した特別なメニュー。それぞれの詳細を、現地で味わえる「物語」ごとお伝えします。

チルサワー -レモン-

日差しのもとで飲みたくなる、あのシュワシュワ

レモンサワー
レモンサワーを飲むと、夏の青空が脳裏に浮かぶ。 CMでよく見る「炭酸=爽やか=夏」だとか「レモン=甘酸っぱい=青春」といったイメージからくる、ただの思い込みかもしれない。 理由はどうであれ、不思議と「そと感」のあるレモンサワーは、アウトドアに最適なドリンクのように思える。
CHILLOUTのリニューアルパッケージ
レモンリキュールと氷の入ったタンブラーに、自分でシュワシュワと炭酸を注いで完成させるのが、またフレッシュ感を倍増させていい。 ただの炭酸水の素っ気なさもいいけれど、シトラスやハーブの織り混ざった複雑なフレーバーの「チルアウト」との組み合わせが、奥深さを生んで大人好みの味に仕上げている。 ひと口飲むとハーブの香りがレモンと一体となって鼻に抜け、体がふっと軽くなるような感覚。都心のオフィスで張り詰めていた心の糸をゆるめてくれる「仕事終わりの一杯」は、こんなふうに大自然の安心感を感じさせてくれるものがいい。

シュワっとはじける炭酸と、爽やかな風味がくつろぎタイムをサポート

rewild
チルサワー -レモン- 550円(税込)
爽やかなレモンリキュールを、微炭酸で飲みやすいリラクゼーションドリンク「チルアウト」で割ったアルコールドリンク。甘さが控えめなので、食事と飲んでも料理の味を邪魔しない。脂の多い肉料理や、味の濃い主食と合わせると口の中をさっぱりさせてくれる。アウトドアカクテルの真骨頂。

2022年4月にリニューアルした「チルアウト」とは?

CHILLOUTのリニューアルパッケージ
「無理せずチルする?」のフレーズでおなじみの、忙しい現代人の休憩をサポートするリラクゼーションドリンク。微炭酸で、ほのかなフルーツの香りとすっきりとした飲み口が特徴です。アミノ酸の一種で、リラックス効果のある「GABA(ギャバ)」や「L-テアニン」など4種の成分を配合。保存料と着色料を使用していないため、自然派志向の人にもうれしいドリンクです。 2022年4月にパッケージがリニューアルし、さざ波のようなパッケージデザインになったチルアウト。容量も従来の185mlから250mlにアップし、より長くチルタイムを楽しめるようになりました。 ▼「チルする」魅力についてもっと知りたい人はこちらの記事もチェック

hinata×REWILD OUTDOOR TOKYOは5/31(火)までの平日限定

リワイルドアウトドアトーキョー×hinataのコラボメニュー
【基本情報】 開催期間:2022年3月1日(火)~5月31日(火)※土日・祝除く 営業時間:11:00~22:00 住所:東京都中央区日本橋茅場町2-1-13 信光ビル1階 詳細はこちら:リワイルドアウトドアトーキョー
▼前回紹介した他のメニューはこちら
 最終更新日:

あわせて読みたい記事