2021年はノーポールが主流!?DODの新構造シェルター「スパイダーベース」が提案する新スタイル

 キャンプ用品

ノーポールを実現した新たなシェルタータープ

出典:DOD STORE

遊び心あふれるアウトドアブランド「DOD」が、幕内にポールがない新構造のシェルタータープ「スパイダーベース」を投入。独自に開発したアウトポール構造で幕内にポールをなくすことで、枠にとらわれない新たなキャンプスタイルを提案。あらゆるシーンにも対応可能で自由にレイアウトを楽しめるため、これからの外遊びに欠かせない新アイテムです。


 目次


内側ポールをなくすことでより広々とした空間を実現

好きなだけカンガルーし放題な広い空間

出典:DOD STORE

内部スペースは5m×5mほどのサイズですが、ポールを撤廃したことで、面積以上に広さを感じることのできる新たなシェルタータープ。大形幕の中に就寝用の小型テントを入れ込むカンガルースタイルなどの自由なレイアウトも可能です。端っこに小さなテントを並べ、真ん中をリビングに。また大きい寝室用のテントは片側に設置をし、反対側をリビングにするなど、手持ちのアイテムと合わせて自由にレイアウトを楽しめます。

あらゆるシーンでも自分らしく自由にアレンジできるのがうれしい

巻き上げればより開放感あふれるオープンタープに早変わり

出典:DOD STORE

「広いけどポールが邪魔だな。逆に考えると、ポールがなければこんなに広くなくても良いのでは?」。そんな経緯から誕生したという「スパイダーベース」。内側にポールがないことに加え、天井の高さが頂点部分で2.3mほどあるため開放感は抜群。ドアや壁面を巻き上げて固定すれば、オープンタープのように使用することもできる優れものです。さらには、ほぼ全てのドアをメッシュに切り替えることも可能なため、風を通してスクリーンタープのように使うのもオススメ。

優れた機能でコンパクトな設営スペースでも使い勝手抜群

場所に合わせてコンパクトに設営できるのもうれしい

出典:DOD STORE

さらに、「DOD」ならではの便利な機能も注目したいところ。例えば、十分に設営スペースを取れない小さな場所では、メインポールをシェルターの内側に入れて設営することも可能です。ポールの外側でシェルタータープを建てる場合は約10m×8mのスペースが必要になりますが、メインポールを内側で設営すれば約8m×8mのスペースで設営することができます。限られた場所でも広々とした空間を味わえるよう設計されているのは、キャンパーにとってうれしいポイントです。

【基本情報】
カラー:グレー
展開サイズ:約W500×D500×H230cm
収納サイズ:約W70×D33×H33cm
重さ:約16.5kg
詳細はこちら:DODの商品ページ

使い方次第で様々なスタイルに対応できる万能アイテム

手持ちのアイテム次第で好きにレイアウトできる

出典:DOD STORE

そのほかにも、もちろん耐風性、耐水性にも優れているため、急な雨天時などに対応できる点も本格的アウトドアブランドならでは。ノーポールでノーストレスがかなう新しい形のシェルタータープ「スパイダーベース」とともに、様々なキャンプシーンをぜひ楽しんでみてください。
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

DOD アウトドアブランド タープ

おすすめのキーワード

おすすめのコンテンツ

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪