コロンビアのリュックカバーの魅力を解説!選び方のポイントも

 ファッション

コロンビア レインカバー

出典:楽天

急な雨からリュックを守ってくれる「リュックカバー」。コロンビアのリュックカバーは雨や汚れを弾くオムニシールド機能搭載です。本体と一体になったスタッフバッグ付属で、コンパクトに持ち運べるのも魅力的。この記事では、コロンビアのリュックカバーの魅力や選び方を解説します!


 目次


リュックカバーとは

ガラス表面についた水滴

出典:Pixabay

「リュックカバー」は、雨が降ったときにリュックが濡れないように、リュックにかぶせるカバーのことです。リュックカバーを装着することで、防水機能が施されていないリュックでも、リュックが濡れてしまうのを軽減できます。サイズが大きなリュックの場合は、雨に濡れることで水分を含み、重たくなってしまうことも。リュックカバーを装着しておけば、そういったストレスが解消されます。

ただし、リュックカバーを装着したからといって、リュックが濡れるのを完全に防止できるわけではありません。リュックのショルダーハーネスが付いている背部はリュックカバーで覆うことができないので、激しい雨の時には多少なりともリュックが濡れる場合があります。また、水を弾く機能の「撥水加工」は「完全防水」よりも水に弱いため、激しい雨の時に撥水加工のカバーを装着しても、リュック内が濡れてしまう可能性があります。

手のひらに持った赤い巾着に入ったリュックカバー

出典:楽天

リュックカバーの使用シーンはさまざまです。自転車での通勤通学時や登山のほか、子どもがリュックで通学する場合でも、リュックカバーを常備しておけばリュックの中の教科書やノートが濡れる心配を軽減できます。また、日常で使わないリュックを保管する時に、リュックカバーを装着しておくのもおすすめ。保管したリュックにほこりや汚れが付くのを防げますよ。

コロンビアのリュックカバーの特徴・魅力

①オムニシールドによる高い撥水性

黄色い巾着に黒色でパックカバーとコロンビアのプリント

出典:楽天

コロンビアオリジナルのプロテクション機能「オムニシールド」。その特徴は雨や汚れを効果的に弾くことです。さらに、通常の生地の3~5倍の速乾性があり、濡れてしまった場合でも乾くのが早いというメリットが。リュックカバーを外して収納する際に「リュックカバーがびしょ濡れで畳めない」という事態を防いでくれます。長時間の雨で生地が濡れてしまっても、乾くのが早く手入れが簡単に行えるのがうれしいポイントです。

また、汚れが付きにくいということも大きなメリットと言えます。雨が降っている中での登山や自転車走行ではリュックに泥が跳ねてしまいがちですが、オムニシールドの防汚機能が汚れを弾き、生地に汚れが染み込むのを防いでくれます。

②ボトムに水抜け穴あり

水色のリュックカバーの水抜け穴

出典:楽天

リュックカバーの底辺に配置されている「水抜け穴」。リュックカバーの内部に入り込んだ雨を外に排出する役割があります。この水抜け穴から雨が抜けることで、カバー内部にたまった雨でリュックが濡れるのを防ぎます。リュックカバーを外した時に雨が流れ落ちてくる心配もありません。

③固定用ベルト・フック付きループあり

グレーのリュックの背面で固定したリュックカバーの固定ベルト

出典:楽天

リュックからリュックカバーが外れないように固定するのが「固定ベルト」と「フック付きループ」。「固定ベルト」はリュック背部に回して固定することで、リュックカバーとリュックを密着させ雨の侵入を防ぐほか、風でリュックカバーが煽られるのを防ぐ効果もあります。

リュックカバーのトップに配置された「フック付きループ」はリュック上部の持ち手に固定することで、リュックカバーのずれを防ぎ上部からの雨に侵入を軽減してくれます。

リュックカバーはジャストサイズを選ぼう

リュックカバーは、ジャストサイズを選ぶのがマスト。サイズが合っていないと、隙間から雨が侵入してリュックが濡れてしまいます。また、サイズが大きすぎる場合などは強風でリュックカバーがバタバタと煽られてしまうことも。「大きいサイズの方が広い面積をカバーできる」と考える方もいるかもしれませんが、効果的に雨を防ぐにはリュックに合ったサイズのリュックカバーを選びましょう。

大きいサイズのリュックと小さいサイズの2サイズのリュックを使い分けている場合は、それぞれのサイズに適したリュックカバーを用意するのがおすすめです。

コロンビアのリュックカバーは2種類

コロンビアのリュックカバーは全部で2種類。どちらも3色展開で、持ち歩きに便利なスタッフバッグ付属です。スタッフバッグに収納すれば手のひらサイズでコンパクト。スタッフバッグはリュックカバー本体と一体になっているので、紛失する心配もありません。

2種類とも、雨と汚れを弾く「オムニシールド」搭載で、「水抜け穴」と「固定ベルト・ループフック」が共通で装備されています。

コロンビアのリュックカバーをチェック

ネイビー、レッド、オレンジの巾着が三角に配置されている

出典:楽天

雨や汚れを弾く「オムニシールド」搭載のコロンビアのリュックカバー。シンプルなデザインと光沢を抑えたカラーは、年齢性別を問わず使いまわしがききます。リュックに入れて持ち歩いても邪魔にならないコンパクトサイズも魅力のひとつ。日常でリュックを使用している方は、コロンビアのリュックカバー、要チェックです!

お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪