キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

【シーズン本格化】みんなの紅葉キャンプスタイルと絶品料理を拝見!

紅葉キャンプの様子

日に日に気温も下がり始め、全国各地のキャンプ場でも紅葉の季節が本格化。綺麗に色づいた景色や旬の食材…。秋の趣を一挙に味わえるのがキャンプです。Instagramのハッシュタグ「hinata_outdoor」「ひなたごはん」で見つけた紅葉のキャンプスタイルや名所のキャンプ場、秋のキャンプ料理を一挙紹介!

秋と言えば...みなさんは何を連想しますか?

食欲、芸術、読書、スポーツ、行楽…。秋から連想できる言葉はさまざま。秋キャンプにも様々なスタイルや料理があります。今回は各地で紅葉のシーズンを迎えたことで、インスタグラムのハッシュタグ「hinata_outdoor」と「ひなたごはん」でキャンパーの方々に質問。 ・紅葉キャンプスタイル ・紅葉に合う料理 ・紅葉が名所のキャンプ場 それぞれのポイントと感想を教えていただきました!

紅葉のイケてるキャンプスタイルを紹介

ポリエステル素材のテントで落ち葉対策

【秋キャンプでのこだわりポイント】 気温がよみづらい季節なので、ストーブや湯たんぽなどの防寒対策が不可欠です。不要な場合もまだあるのですが、備えあれば憂いなしです。 落ち葉がきれいな時期ではありますが、それゆえにテントが落ち葉だらけになり、撤収で苦労することもあります。なので、コットンよりもポリエステルのテントを好んで使っています。コットンだとどうしても葉っぱが引っかかりますが、ポリは簡単に払えます。林間サイトよりも、空が開けたサイトを選ぶのもポイントかもしれません。 【紅葉キャンプをやってみての感想】 秋は虫も少なく、最も過ごしやすい最高の季節。焚き火を囲んでの団らんに最も適した季節です。我が家は通年キャンプを楽しみますが、冬はどうしてもそれなりの装備が必要となります。秋は装備もほどほどに、楽しめます。花粉、暑さ、寒さといった、外にいたくなくなる要因から最も縁遠く、一日中気持ちよく過ごせるのが秋キャンプの良さです。

取外し可能なタープで秋の澄んだ夜空を観察!

【秋キャンプでのこだわりのポイント】 我が家の秋キャンプのこだわりポイントは、雨の心配がなければタープを張らないことです。秋の高い空を天井に紅葉の景色を楽しみながら、夜はおこもりスタイルで鍋をつついて、テント内でぬくぬく過ごします。夜は星空をながめられたら最高です。 【やってみての感想】 虫が少なく空気も澄んで、とても気持ちいいですね。食欲の秋と紅葉狩りをまったり堪能できました。

秋旬のキャンプ料理を紹介

イチジクをふんだんに使ったパンケーキ

【秋キャンプ料理でのこだわりポイント】 秋らしい食材をメインに使うことです。その食材の色や形をなるべく消すことなく、活かした形に仕上げることがポイントです。 【作ってみた感想】 イチジクのパンケーキは本当にイチジクを切ってのせただけです。生クリームやナッツなど、細かいところにこだわってみました。本当に簡単なのでマスカットや栗、カボチャなど、他の食材でもやってみようと思いました。

焚き火を使ったみたらし団子巻き

【秋キャンプ料理でこだわりのポイント】 2020年の秋キャンプ料理のこだわりポイントは焚き火。炭火で調理して好きな食材を焼きます。その中でもこだわった料理は、みたらし団子肉巻きで、自分たちなりに秋の気配を楽しみながら料理をしています。 【作ってみた感想】 テーマを決めて作る料理は一段と楽しかったです。みたらし団子を自作したのですが、失敗してしまったのでまた挑戦してみようと思いました。

旬の食材を使ったスモーク盛り

【秋キャンプ料理のこだわりポイント】 やはり旬の食材を取り入れることです。極力、シンプルに食材の味を楽しんでいます。秋に限ったことではないのですが、せっかくのキャンプなので、料理には時間をかけすぎないように心がけています。最長でも30分がめど。手間やゴミを最小限にするため、家である程度の下調理を済ませ、現地ではあたためて盛り付けるだけにする工夫もしています。キャンプ先の地元食材を買って料理することも多いですね。 【作ってみた感想】 今回のスモーク盛りは、地元近くの魚屋さんで買ったタコとタラを軽く塩漬け&乾燥させてスモークしました。なんでもそうですが、外で食べると10倍はおいしく感じます!

寒い季節にぴったりなおでん料理

【秋キャンプ料理でこだわりのポイント】 旬な食材を選んで料理に使うことです。今回は、家の畑で育てた大根とじゃがいもを入れておでんにしました。キャンプでおでんを食べるときは、少し濃厚な味付けが好きなので、牛スジと、にんにく一かけらと唐辛子を2本入れます。今回はスペアリブも入れてみました。牛スジやスペアリブはいったん焼いてからおでんの中に入れると、よりコクが出る気がします。 【作ってみた感想】 今回は友人に食べてもらおうと、スノーピークの26インチのダッチオーブンの中にたくさん具材を入れました。味見をした後、テーブルの上に置いておいたら、いつの間にか中身がなくなっていたのでうれしかったです。

みんなの紅葉キャンプ場を紹介

岐阜県:平湯キャンプ場

【秋キャンプ場としてその場所を選んだ理由】 林間サイトで紅葉が沢山しているため、平湯キャンプ場に決めました。 【実際に行ってみた感想】 狙い通り紅葉がきれいで、最高の紅葉キャンプができました。

長野県:五光牧場オートキャンプ場

【秋キャンプ場としてその場所を選んだ理由】 森林に囲まれてキャンプしてみたく、Instagramでいろいろ調べた結果、五光牧場になりました。車乗り入れができるフリーサイトなので、自由にレイアウトを考えることができるのが良いと思いました。 【実際に行ってみた感想】 フリーサイトで広々自由に使えて良かったです。ハンモックやスラックラインで遊べて子ども達も喜んでいました。近隣に観光地もあるので、家族みんなで楽しめました。

岡山県: 津黒高原キャンプ場

【秋キャンプ場としてその場所を選んだ理由】 「5つ星キャンプ場」として有名なので行ってみました。 【実際に行ってみた感想】 紅葉も夜のライトアップもきれいで、ぜひまた行ってみたいと思いました。

埼玉県:ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場

【秋キャンプ場としてその場所を選んだ理由】 地元の秩父に高規格のキャンプ場があるということで「ウッドルーフ秩父」を利用しました。紅葉時期ではあったのですが、実際に行ってみるまでは、どのようなキャンプ場かはわからなかったのが正直なところです。テントと紅葉した葉っぱがカメラの構図に収まる場所があったのは、うれしいサプライズでした。 【実際に行ってみた感想】 紅葉を1番の目当てで行ったわけではなかったのですが、遠目からみていても素敵な景色で感動しました。何より投稿した写真のようなスポットで、新幕の初張りの際に、このような写真が撮れたのは最高でした。

まだまだキャンプの秋

旬の食材を使った料理、紅葉に染まったきれいな景色、秋ならではの澄んだ星空。キャンプでは秋の醍醐味を存分に味わえます。紅葉キャンプ特集を参考に、みなさんに合った秋キャンプを見つけてみてください!秋から連想できる言葉に「キャンプの秋」という言葉を新たに付け足していきましょう。
 最終更新日:

あわせて読みたい記事