ファイントラック「スキンメッシュ」があれば、汗冷えやのべたつき知らず!

 ファッション

ファイントラック のスキンメッシュ

出典:Amazon

汗のべたつきや冷えで困った経験のある方は多いのではないでしょうか。そんな時に役立つのが、高い保温性と撥水力、体の動きを妨げない生地で作られた高機能インナーです。ここではユーザーの評評価が高い高機能インナー、ファイントラックのスキンメッシュをご紹介します。

LINEの友だちを追加

 目次


ファイントラックとは

ファイントラックのロゴ

出典:楽天

ファイントラックは2004年1月に創業したアウトドア用品のベンチャー企業。大手アウトドアブランドで企画開発を担当していたベテランと、アウトドアアクティビティのコアファンが手を組むことで誕生した、神戸を本拠地とするメーカーです。

「遊び手=創り手」であることをモットーにした商品開発が大きな特徴。こだわりの強さを感じる商品ラインナップに惹かれて同社のファンになるアウトドアマニアも多いです。世の中には性能データだけに注力して開発される製品が多いものですが、往々にしてそのような製品はユーザーの心情を置き去りにしてしまっていることがあります。その点ファイントラックは、ユーザーの立場でモノ作りをするブランド。アウトドアファンから支持が集まる理由がわかりますね。

ファイントラックのスキンメッシュの魅力

ドライレイヤーの説明

出典:楽天

ファイントラックのスキンメッシュは、優れた撥水力が備わっており、肌から水分を素早く遠ざけてくれる頼もしいインナーウェア。汗による冷えや疲労を防いでくれる他、においやベタつきを防いでくれる点も魅力です。ソフトで薄い素材なので体の動かしさやすさ抜群。適度な保温力と汗抜けスピードのバランスが良く、季節を選ばずオールシーズン着用できます。

2020年3月からはさらに機能性を向上させたドライレイヤーベーシックにリニューアル。ますます頼れるインナーとしてファンの注目が高まっています。

ファイントラック 「スキンメッシュ」の口コミ評価

ファイントラックのスキンメッシュ

出典:楽天

特に汗をかいた際の“濡れ感”“その後の乾きの良さ”は普通の化繊パンツ(エアリズムなど)とは別次元なので、まだ未経験の方はぜひ一度試してみることをオススメします!

I AM A DOG

登山のように過酷なアクティビティを楽しんでいる方は特にスキンメッシュの利点を実感でます。

いろいろと好き嫌い分かれるメーカーだとは思いますが、メッシュインナーとか、レインパンツとかはガチ名作だと思っています。

のぼるひと

ブランドに対するイメージは人によってさまざまですが、製品の評価はかなり高いです。

※重要※ スキンメッシュのサイズ選び

ドライレイヤーは、隙間なく肌に接していることで肌から汗を離し、濡れ戻りを抑えます。ゆえに、きつくない程度に身体にフィットしているサイズを選ぶのがベストです。トップスはチェスト、ボトムスはウエストとヒップを基準にサイズ表を確認しまししょう。

【メンズ】ファイントラックのスキンメッシュ

ファイントラック「スキンメッシュ ノースリーブ」

天候が急変しやすい夏場の山間部レジャーでぜひ身に着けたい1枚。夏はつい綿のTシャツだけで済ませてしまいがちですが、山中で雨に打たれてしまうと想像以上に体温が奪われてしまいます。この製品はノースリーブタイプなので、Tシャツのアンダーとして身に着けるのに最適。優れた撥水性と速乾性で体が濡れたままになるのを防ぎ、低体温になってしまうリスクを軽減します。

ファイントラック「スキンメッシュ Tシャツ」

春や秋の肌寒い時期になると活躍してくれるのが、Tシャツタイプです。薄手の長袖シャツの下に身に着ければ、汗ばむ日中は吸汗&速乾性能でさわやかに、冷え込む夕方からは保温力で心地よい温もりをキープして、1日中快適に過ごせます。寒暖差が激しい季節は服装に困ることがありますが、スキンメッシュのTシャツタイプを身に着けておけば体感温度のコントロールがしやすいですよ。

ファイントラック「スキンメッシュ ロングスリーブ」

手首までサポートしてくれるロングスリーブタイプは、寒さが厳しい冬場に最適。寒さを防ぐために重ね着をすると、どうしても体は動かしにくくなりますよね。生地が極薄のスキンメッシュなら、暖かさを保ちつつ衣服を軽量化できます。アウトドアで動作が鈍くなってしまうと、とっさに動かなければならない事態で遅れを取り、危険な目にあってしまうことも。重ね着していても身軽に行動できるロングスリーブタイプは、冬のアクティビティを楽しむときにおすすめです。

ファイントラック「スキンメッシュ ボクサー」

スキンメッシュのボクサーパンツは、ロードレーサーでツーリングを楽しむ方におすすめ。優れた吸水速乾性能が腰回りの汗をシャットアウトし、ロングツーリングで蒸れてしまう下半身を快適な状態に保ちます。極薄で立体的に作られているため、履き心地も良好。一般的な下着では動きにくさを感じてしまうこともありますが、このボクサーパンツなら自然な感覚で足を動かせ、疲労の軽減にもつながります。

ファイントラック スキンメッシュ タイツ

スキーや冬場のバイクツーリングで、ありがたみを実感できるタイツタイプのスキンメッシュ。見た目はタイトそうな印象ですが、実際に履いてみると締めつけ感が少なくとても楽です。極薄なので足の動きを妨げず、軽快な足の動きが要求される冬のアクティビティを楽しむのに最適。保温力は、ポカポカ感じるというよりも寒さを意識させない自然な感覚です。「タイツは暑くなるから苦手だ」という人にもぜひ使ってもらいたいアイテムです。

ファイントラックの靴下「スキンメッシュ ソックス5本指クルー」

スキーやスノボ、冬山登山をしていると、極厚のソックスを履いていても足先からの冷えに悩まされることがあります。そんな悩みを解決してくれるのがスキンメッシュの5本指ソックス。スキンメッシュ製品の強みである保温力はソックスでも遺憾なく発揮します。5本指タイプだから、重ね履きするときも素足感覚で楽に重ねることが可能。通常のソックスの下に重ね履きして辛い冷えを軽減しましょう。

【レディース】ファイントラックのスキンメッシュ

ファイントラック「スキンメッシュ フィットブラ」

カップ付のブラジャー。パッドは付属していますが取り外す事もできます。キツさや締め付け感もなく着心地良好。Yバックで背中がすっきり見えるのも嬉しいポイントです。ただし、ブラとしてのホールド感は強くはないため、しっかりとバストを固定したい方や、バストにボリュームがある方にはあまりおすすめできません。

ファイントラック「スキンメッシュ ロングスリーブ」

メンズアイテムと同様の性能を持った、手首までサポートしてくれるロングスリーブタイプのスキンメッシュです。スキンメッシュは、アウトドアだけでなく、日常でも活躍。例えば仕事時に着用すれば、野外では汗を吸収し風を通し涼しく感じることができ、室内ではエアコンの冷気から体が冷えるのも守ってくれます。こんな使い方もありです。

スキンメッシュの洗濯方法

ドラム式洗濯機に洗濯物を入れている写真

出典:Yana Tikhonova / ゲッティイメージズ

スキンメッシュは、自宅で洗濯が出来ます。洗濯機の場合は洗濯ネットを使用し、標準コースを指定して洗濯しましょう。洗剤や柔軟成分などが生地に残ると機能低下の原因になるため、すすぎを1回プラスしましょう。また、すすぎは40℃程度のぬるま湯が効果的です。

洗剤は、ファイントラックの高機能ウエア専用ケアブランド「ケアファイン」の洗剤・オールウォッシュがおすすめ。柔軟剤や漂白剤などの不要な成分をすべて取り除いた洗剤のため、製品の機能を長く維持するのに効果的です。

市販の洗剤を使用する場合は、液体で、できる限り柔軟成分などが入っていないもの選びましょう。比較的安価な洗濯洗剤は柔軟成分などが少ない傾向があります。 ふっくら仕上げ・柔らか仕上げ等の機能性を謳っているものは成分表示に記載がなくても柔軟成分などが入っていることがあるため注意しましょう。

ファイントラックのスキンメッシュを体感しよう

ファイントラックのスキンメッシュは、シャツからソックスまで全身分のアイテムがトータルにそ揃っています。季節や目的によってコーディネートすることで、アウトドアでの活動を強力にサポートしてくれるでしょう。新シリーズにリニューアルしたばかりの今なら、お求めやすい価格で手に入る点も見逃せません。この機会に手に入れて、スキンメッシュの快適性をぜひ体感してみてください。

▼ファイントラックについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪