ナルゲンボトルのキャンプ&日常活用術。丈夫で安全な万能ボトルは家でも活躍!【おうちhinata】

 キャンプ用品

使い勝手の良さから、アウトドア愛好家でない人でもファンの多いナルゲンボトル。キャンプだけでなく、自宅のキッチンで飲料や食料を保管する際に活躍するアイテムとして知られています。ナルゲンボトルが多くの人に重宝される理由とともに、最大限にその特徴を生かせる時短レシピなどの活用術を紹介します。


 目次


ナルゲンボトルとは?

ナルゲンボトルのカスタム例

ナルゲンボトルを作るnalgene(ナルゲン)社は、米国ニューヨーク州北西部のロチェスターという街で1949年に産声をあげたブランド。歴史あるナルゲン社の中でも、不動の看板ブラスチックボトルが「ナルゲンボトル」です。

ナルゲンボトルはもともと、研究や医療の現場で使用する容器として開発されました。アウトドアでの用途として注目されたのは60年代。キャンプ好きの研究員が、ボトルの軽さと密閉性に目を付け、アウトドアに持ち込んだことに始まります。今では世界中のアウトドアやスポーツ、病院や研究機関で使用されるほどの高い信頼を得ています。

シンプルなボトルが世界に愛されるワケ

バットで叩いても割れない耐久性

現行のナルゲンボトルの多くには「トライタン(R)」という最新の合成樹脂が採用されています。こちらはガラスのように透明でありながら、非常に強度が高いのが特徴。多くの水族館の水槽に使用されているアクリル樹脂を凌ぐ強度と透明さを誇ります。

素材メーカーの動画では、野球のバットで「トライタン(R)」製のジョッキを叩き飛ばしても割れない強度をアピールしています。物理的な強度はもちろん、マイナス20℃から100℃まで、温度変化に対する耐久性も備えているので驚きです。なおかつ軽量であるため、アウトドアやスポーツのシーンで支持されています。

衛生的で安全性も高い!小さなお子さんがいる方も安心

プラスチック製ボトルの多くには、ふたの部分にゴム製のパッキンが密封材として使用されています。しかし、ゴム製のパッキンの場合、パッキンの裏に汚れがたまって雑菌の温床になったり、ゴムの経年劣化で水漏れが発生したりします。その点、ナルゲンボトルは、ゴム製パッキンがないため安心。それでいて、高い密封性を備えています。

豊富なカラーとデザイン。アウトドアブランドの別注アイテムも!

さまざまなカラーを展開しているナルゲンボトル

出典:Amazon

ナルゲンボトルが愛されるもう一つの理由が、カラーバリエーションとデザインの豊富さ。本体の色だけでも14色以上が展開され、他ブランドとのコラボなどの限定品を含めると無数のバリエーションがあります。複数のボトルを手に入れ、蓋を付け替えると、オリジナルの「MYナルゲン」が作れるのも魅力です。

キャンプでも家でも使える!ナルゲンボトルの活用術

ナルゲンボトルとケトル、ガスバーナー

ナルゲンボトルがいかに完成した容器かについて解説したところで、ボトルの特性を活かした具体的な使い方を紹介します。キャンプなどのアウトドアでの使用はもちろん、家でも使えるノウハウを集めました。

①便利な目盛りで計量カップに!

ナルゲンボトルの目盛り

ナルゲンボトルは目盛り付きのため、計量カップ代わりに使用できます。1Lのボトルは100mlごとに目盛りがプリントしてあります。外はもちろん家でも役立ちます。

②水を凍らせて保冷剤に!

水を入れたナルゲンを冷凍庫に入れる様子

ナルゲンボトルは強度が高く、マイナス20℃まで耐えられるので、水を入れて冷凍庫で凍らせれば、保冷剤代わりに使用できます。氷の膨張を考慮して容器の限界までは水を入れず、1Lの目盛りを超えないように注意しましょう。

水を入れ凍らせたナルゲンを保冷剤として使う様子

凍ったボトルはクーラーボックスやバッグにイン。水以外にもスポーツドリンクやお茶を凍らせておけば、溶けたころにキンキンの状態で飲め、一石二鳥です。

③お湯を入れて湯たんぽ代わり!

ナルゲンボトルに熱湯を注ぐ様子

ナルゲンボトルは100℃までの耐熱性があるので、熱い飲み物を入れられます。沸かしたコーヒーを入れる使い方は定番。寒い日のキャンプや家のシーンで、お湯を注いで湯たんぽ代わりに使用する使い方も人気です。キャンプや登山に行ったら思ったより寒く、ストーブがないときにも役立ちます。やけど防止にタオルなどを巻いてひもで縛りましょう。

④お米を入れて米びつ代わりに!

メスティンとナルゲンボトル

ナルゲンボトルはゴムパッキンを使用したボトルよりも衛生的で、素材の安全性も高いため、食品の保存にも最適。特に、米びつとしての使用がおすすめです。1合は約180mlなので、900mlの目盛りで、ちょうど5合になります。計量カップが無くても、これを覚えておけば米の量を簡単に量れて、炊飯に失敗するリスクが減ります。

⑤ナルゲンボトルでパンケーキが簡単!

ナルゲンボトルとパンケーキの材料

さらにおすすめの活用法は、ナルゲンボトルを使ったパンケーキ作り。通常は、ボウルやかきまぜ器、おたまを使って調理するため、洗い物が増えがちな料理です。

ナルゲンボトルを振る様子

方法はいたって簡単。まずは材料をボトルに入れ、よく混ざるまで振ります。容器の密閉性が高いので、中身がもれる心配がありません。広口タイプのボトルなら、材料を入れるのが楽です。ホットケーキの粉を入れる際は500mlの目盛りまで入れると約300gになります。

ナルゲンのボトルの活用法。

あとはそのまま火にかけたフライパンに、好みの大きさになるよう生地を注ぐだけです。

ナルゲンボトルとパンケーキ

通常であれば材料が余ってしまうこともあるホットケーキ。そんなときは生地が入ったボトルをそのままクーラーボックスや冷蔵庫に入れ、別のタイミングでまた使用できます。生ものなので、翌日には使い切りましょう。

⑥LEDランタンを入れて色と光を楽しむ!

ナルゲンのボトルをLEDライトのシェードがわりに

最後は、ナルゲンボトルのカラフルさを生かした使い方。小型のLEDライトをボトルの中に入れると、ランタンシェード代わりに!夜のキャンプサイトの写真を撮る際に、作品のアクセントにもなります。レッドやグリーンなどの目立つ色を使えば、夜にキャンプ場でトイレに行って戻ってくるときに、自分のサイトの目印にもなります。

お持ちでない方はこの機会にチェック!

活用法は使い手のアイデア次第!

ナルゲンボトルの6つの活用法を紹介しましたが、使う人のアイデア次第で無数の活用方法があります。まずはナルゲンボトルを手に入れ、おうちで新しい活用方法を発見し、次のキャンプで実践してみてください。

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪