【武山店長の辛口ジャッジ!vol.9】珠玉のバーベキューグリルにhinata編集部がツッコミ!?

 キャンプ用品

今回は、キャンプマスターであるエルブレス名古屋みなと店の武山店長が、イチオシのバーベキューグリルを紹介!hinata編集部からの鋭いツッコミを受けながら、その魅力について詳しく教えていただきました。最高のバーベキューグリルは一体どれ!?独自の目線で包み隠さずズバッとジャッジ!


 目次


連載企画「武山店長の辛口ジャッジ!」

キャンプギアの疑問にズバリ答える「武山店長の辛口ジャッジ」第9弾!どっちつかずな紹介をされがちなキャンプギアを比較し、キャンプマスターである名古屋みなと店店長、武山さんにズバリ本当のおすすめギアを教えていただきます。どのアイテムを買えばいいかわからない...。と悩んでいるキャンパーさん必見です。

今回のテーマは…とお伝えする前に、武山店長が何かを持ってやってきました。

今回は何やらおすすめしたいものがあるとか…?

   

━━━ 武山さん、まだテーマをお伝えしていないはずですが…?

武山:いつもhinataさんがテーマを決めてくださるでしょ。たまには僕の方からもおすすめをご紹介させてくださいよ!今イチオシのアイテムがあるんです!

━━━ ええ!?ということはその手に持っていらっしゃるのが…?

武山:そう!これが僕の珠玉の逸品「ロゴス チューブグリルSmart80」です!

今回のテーマは…武山店長の「逸品バーベキューグリル」

ロゴス チューブグリルSmart80

武山店長が、売り場からホクホク顔で持ってきたギアがこちら。ロゴスの「チューブグリルSmart80」です。

   

【基本情報】
重量:4.2kg
使用時サイズ:95×53×80/42(h)cm
焼網サイズ:60.5×29.5cm
収納サイズ:74×35.5×18cm
付属品:焼網、ワイヤーロストル、お掃除楽ちんカバー、収納バッグ
詳しくはこちら:ロゴス チューブグリルSmart80

素晴らしさを語る武山店長

   

━━━ どのあたりがおすすめポイントなんですか?

武山:まずは、火床が引き出し式になっているところですね。炭を足すのが簡単。足が取り外せるようになっていて、高さが二段階に調節可能です!ハイスタイルにもロースタイルにも対応できるって、すごくないですか?さらに、このグリルにはお掃除楽ちんカバーが付属します!火床にセットしておけば、使用後は炭ごと丸めて捨てるだけで良いので、お掃除がすごく楽ですよ!どうですか!?

━━━ 確かに便利な機能がたくさんあるように見えますが…いやいや、ちょっと待ってください!

そのおすすめ、ちょっと待った!hinata編集部がツッコミ!?

━━━ 武山さんのおっしゃる通り、様々な機能があることは分かりました。でもこれらの機能、他のバーベキューグリルにも付いているのでは?ロゴスのグリルと同じ機能を持っていて、かつロゴスより良いアイテムがあるような気がするのですが!

武山:なるほど。そのツッコミ、受けて立ちましょう!例えばどのようなバーベキューグリルが思いつきますか?

━━━ それは…この4つです!

   

武山さん:ほうほう!コールマンの「クールスパイダーステンレスグリル」に、ホールアースの「引き出し式 スタンドBBQ」ですか。確かにロゴスと似ている部分もありますね。

━━━ さらにユニフレームの「ファイアグリル」に、ウェーバーの「Q1250ガスグリル」まで!こちらは見た目そっくりと言うわけではないですが、機能としては被る部分もあるはずです。

武山さん:これはやりがいがありそうなラインナップだ!

━━━ それでは早速ツッコミをしていきますよ!

巷ではコールマンのグリルが有名ですが…?

   

━━━ バーベキューグリルの定番といえば、こちらのコールマン!これだって、引き出し式ですよね?しかもメッシュボディーで、引き出しには段差がついているため、ロゴスのグリルより燃焼効率が良さそう。やはり王道はコールマンでは?

武山:コールマン目当てにいらっしゃるお客様は多いですね。メッシュは見た目もおしゃれです。でもロゴスも横にしっかり穴が空いているので、燃焼効率は良いですよ!引き出しにある段差については、ロストルが同じ効果を発揮していますしね。

その引き出しですが、ちょっと形を比べて見てください。

━━━ 引き出しの形ですか?コールマンの方は四角ですが…ロゴスは台形?

   

武山さん:そうなんです!四角だと端までいっぱいに炭を入れた場合、燃え残りが出てしまうこともあります。それって勿体無いですし、環境にも良くないですよね。ロゴスのように台形だと、無駄に炭を入れすぎてしまうことがなく、お財布にも環境にも優しいんですよ!

━━━ なるほど。入れすぎは確実に防げますね。でもコールマンの方には、付属で鉄板がついていますよ!ロゴスにはありませんが…。

武山さん:それは難しいところですが、正直なところ鉄板ってどれだけ重視しますか?もちろん持っていればできることは広がるんですが、その分荷物の重量も増えてしまいます。もしあとで必要になったとしても、ロゴスは別売りのものを購入できますし。鉄板をあまり使う機会がないのだとしたら、やっぱりロゴスに軍配が上がりますね。

━━━ 鉄板はバーベキューやキャンプで必須!と言うわけではないですね…。ここは好みで分かれそうです。うーん、手強いな。

ホールアースのグリルはもっとお手頃ですが…?

   

━━━ それならホールアースはどうですか?こちらも引き出し式ですし、高さ調節もできます!網面積も先ほどの二つと比べて大きめ。何より、かなりお手頃な価格で手に入りますよ!

武山:そうですね。ボディも黒で、今の流行をしっかりキャッチしています。でもこれ、素材がステンレスではなくスチールで…耐久性が気になりますね。そしてこの引き出しを見てください。

━━━ また引き出しに秘密が…?あれ、どうしました?

   

武山:これです、引き出しの滑りが結構悪いんですよ。炭を出し入れする際に、毎回ガタガタするとちょっとストレスですよね?そして網の大きさですが、実際に火が当たるのは中央部分。一度に焼くことができる食材の量は、ロゴスやコールマンとあまり変わらないんですよ。

━━━ 本当ですね…。網の余白部分については、焼きあがった食材の置き場にしてしまうという手もあるとは思いますが…。

武山:もちろんその使い方もありですが、キャンプの荷物はコンパクトに越したことはないと僕は思います。

そして、これはコールマンと比較した際にも同様のことが言えるのですが、ロゴスには一つ、激推しポイントがあるんですよ!3つを並べて、その前に立ってみると違いがわかると思いますよ!

   

━━━ ツッコミに対抗できるどころか、さらに何かあるんですか!?…高さが微妙に違う?

武山:そうなんです!10cmほどロゴスの方が高いんです。トングを持つとよく分かります。この10cmで、焼き作業の快適さがかなり変わりますよ!立ちながらの作業になるため、少しでも楽な姿勢でいたいですよね。

━━━ 本当だ!たった10cmでこんなに快適だなんて、今日一番の驚きです!

焚き火台ではだめですか?

   

━━━ ここまでは太刀打ちできませんでしたが…。視点を変えて、焚き火台はどうでしょうか?調理もできますし、焚き火も楽しめる。一石二鳥じゃないですか!

武山:僕も焚き火は好きです。ただやはり焚き火用アイテムですから、調理の方は不得手なんですね。まず火力調節が難しいです。ロゴスなら火床をワンタッチで上下でき、遠火も近火もお手の物!炭が少なくなってきたら、火床を網に近づけて炭を節約、なんてこともできます。

━━━ うーん、調理のためには炭を度々出し入れしなければならないのに、低い上に網の隙間からだと結構面倒ですね…。

武山:もちろんですが高さも調整できませんしね。網も斜めに置くため、調理面積も狭いです。調理という点で見れば、やっぱりバーベキューグリルの方が適しているんじゃないかな。

━━━ なるべくおいしく、と考えるとその通りです。

バーベキュー調理のプロといえばウェーバーでは?

   

━━━ 「おいしさ」で気がつきましたが、やはりバーベキューにおいしさを追求すると、ウェーバー一強となるのでは?

武山:ウェーバー良いですよね!火力を細かく調節できて、本当に食材がおいしくなる!最近はバーベキュースペースに備え付けているキャンプ場もよく見かけますよ。

━━━ ベタ褒めじゃないですか!

武山:いやウェーバーも好きなので(笑)。ただ、ネックなのはこのサイズ。この大きさでわざわざキャンプ場に持って行きますか?

   

━━━ バーベキューグリルに比べて、場所を取りすぎますね。ちょっとしたテントくらいある。

武山:そうでしょう?電源がないと使えないというのも結構マイナスポイントだな。今日はウェーバー持っていくぞ!っていう気合いが必要ですよね。自宅の庭で使う方が良さそう。

━━━ 本当にそうですね…。もはや返す言葉もないです。

圧倒的ギア愛に編集部完敗…!

やっぱり武山店長のこだわりはすごかった!

   

━━━ 武山さん、完敗です…。ロゴスのバーベキューグリルがいかに素晴らしいか思い知らされました。

武山:お分かりいただけて何よりです!もちろん他のアイテムも、用途や買う人によってそれぞれ良い部分があるのですが、僕は断然、ロゴスを推します!

━━━ とってもよく分かりました(笑)。実際に触って比較しないと分からないことってたくさんあるんですね!武山さんが製品について丁寧に解説してくださったので、それぞれの良し悪しや使用に適した場面がしっかり理解できました。

武山:一人だと迷ってしまったり、本当に必要なものが分からなかったりしますからね。そんなときはどんどん僕みたいな、店員さんを頼ってください!きっと一番ぴったりのものが見つかりますよ。

━━━ 何かに迷ったときには、ぜひそうさせていただきます!今回もありがとうございました!

編集後記

名古屋みなと店に「夏のインスタ映えコーナー」登場!?

   

━━━ 武山さん、このアウトドア用品店らしからぬコーナーは一体…?

武山さん:良いでしょう!そろそろ暑くなってきましたから、マリンコーナーを作ってみました。正直キャンプとはあまり関係ないのですが…でも見てくださいこのスイカ!ホールアースのマーメイドチェアにシンデレラフィットするんです。これはインスタで映える!

━━━ このスイカがぴったりなら、かなりゆったり座れそうなチェアですね!

武山:そうそう。このスイカを持ってチェアに座り、写真を撮っていただく感じで…週末のお客さんの反応が楽しみですよ!

まとめ

今回は武山店長のイチオシと比較して、様々なバーベキューグリルを辛口ジャッジしてもらいました。お悩みの方はぜひ参考にしてみてください。最後に、ロゴスのグリルで一番気に入っているポイントを尋ねてみると「デザインですね!この緑と銀の配色、良いでしょう!」と予想外の答え。編集部もびっくりです!次にジャッジするアイテムとは!?次回もお楽しみに!


あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪