バーベキューの髪型はコレで決まり!簡単で可愛い髪型特集!

 ファッション

バーベキューの可愛い髪型特集!普段あまり話さない人と接するチャンスもあるので、洋服も髪型もしっかりお洒落しておきたいですよね。そこで今回は、ロングヘア、ショートヘア、キャップスタイルなど、バーベキューでも崩れにくく、簡単で可愛い髪形を紹介します。


 目次


バーベキューでの髪型の悩みは?

髪型が乱れる

髪をお団子に結んだ女性の後ろ姿    

出典:B art / ゲッティイメージズ

バーベキューの会場では、汗をかいたり、風が強かったりと、髪型を維持する上での敵がとにかく多いです。バーベキューの準備って思っている以上に大変で、道具を運んで、野菜を切っていれば自然と汗もかきます。さらに、バーベキューは屋外がメインなので、風が強いこともしばしば。そんな中でもヘアスタイルを維持するのは本当に大変ですよね。

髪の毛が汚れる

バーベキューでは、お肉の油やたれなど、汚れの原因がたくさんあります。髪の毛が長く自由な状態だと、風が吹いた時や動いた時に、髪に汚れがついてしまう場合があります。また、髪が汚れるだけでなくほかの人に迷惑をかけしまうかもしれません。風が吹いていることや、長いまま下ろしておくと汚れてしまう可能性があることを考慮しておきましょう。

髪型が他の人とかぶる

せっかくオシャレして、髪型もバッチリ決めたのに他の人と被ったらがっかりですよね。髪型をさらっと決めて、他の人と差をつけたい!そんな風に思っている人も多いはずです!シーンにもよりますが、普段なかなか話せない人と話せるチャンスが回ってくることもあります。そんな中で少しでも印象に残ってもらうにも、独自性を出していきたいところです。

【ロングヘア】可愛い髪型に!

ロングヘアのおすすめポイント

   

出典:miya227 / ゲッティイメージズ

ロングヘアは大人っぽいデキる女性であるお姉さんの印象を与えます。落ち着いた印象を与えることが多いですが、家事ができそうという印象を与えることも多いです。バーベキューでは、料理をするシーンも多いので、そこで腕を振るったら一気に注目が集まりそうですね。男性からは、ショート派かロング派で別れるほどの人気もあります。また、普段は髪を下ろしているのに、バーベキューのときだけポニーテールなどの髪をあげるスタイルにすると、ドキッとする男性が多いようです。

ロングヘアの注意点

バーベキューでは火や油を扱います。強風などによって、その火や油が飛び散ることも十分に考えられます。そのため、長い髪型のままでは髪が汚れてしまったり、傷ついてしまったりします。しっかり決めたオシャレも、そんな風になってしまったら残念ですよね。せっかくの楽しい思い出を台無しにしない為にも、ロングヘアを工夫しましょう。長いままだだと髪が乱れて、清潔感が失われてしまう可能性があります。

ロングヘアのアレンジ例はこちら!

髪の毛を後ろでまとめてしまうスタイルなら、作業の時や強風の時でも邪魔にならないので、ロングヘアでもへっちゃら。また、首元が涼しくなるのも嬉しいポイントですね。その代わり、首元の日焼け対策は念入りに!

【ショートヘア】可愛い髪型に!

ショートヘアのおすすめポイント

   

出典:miya227 / ゲッティイメージズ

今尚、絶大なファンを抱えるショートヘア。昨年でも芸能界でショートヘアにしてイメチェンする人が多く出るほど、ショートヘアブームになりました。ショートヘアでは髪の影になる部分が少ないため、「元気」「明るい」「活発」という印象を持ちやすいです。

バーベキューではここがおすすめ!

バーベキューとは相性が良く、普段から活発な印象を出すことができます。そのため、会話も生まれやすくなります。ボーイッシュな印象から、しっかりとしたデキる女性、ゆるふわ系までアレンジによって印象を自在に操作できてしまいます。また、乱れても元に戻りやすいという特徴があります。特に海のそばや山などのバーベキュー場では風が強いこともあるので、乱れにくい髪型であるショートヘアはおすすめです。

ショートヘアのアレンジ例はこちら!

アレンジによって、印象が大きく変わります。巻いても下ろしても良し!ロングヘアなどとは違い、あまりバーベキューだからといってヘアアレンジが制限されないのも、ショートヘアのうれしいポイントですね!

【ミディアム・ボブ】可愛い髪型に!

ミディアム・ボブのおすすめポイント!

   

出典:miya227 / ゲッティイメージズ

肩から鎖骨までの髪の長さをミディアムと言います。程よい長さだからメンテナンスが簡単です。潤いや、ツヤといった清潔感も、異性には意外と見られているので、そのお手入れがしやすいのは嬉しいですね。髪を巻いてボリュームを出しても、ストレートで毛先を内側に巻きいれても、可愛いミディアムヘア。アレンジの種類が豊富なので、他の人と被りたくない人にもおすすめです。毛先を巻いてアレンジしても、あごのラインくらいになるので、短い髪に抵抗がある人でもチャレンジしやすいです!

ミディアム・ボブの注意点

バーベキューは野外で行うことも多いため、風が吹いたりしてセットしたスタイルが乱れることも。アレンジの幅は広いですが、バーベキューという外を意識したスタイルで行けると良いでしょう。

ミディアム・ボブのアレンジ例

ハーフアップは、普段アレンジをあまりしない人にも簡単にできて、かつアウトドアでも乱れにくくおすすめです。毛先を巻いたり髪留めをつけたりと、応用がきくのもいいですね!また、ミディアムの長さにもよりますが、くるりんぱでアレンジするのも可愛くまとまります♪

風が強くても安心!メンズライクなキャップスタイルも可愛い

キャップスタイルのおすすめポイント!

   

出典:Zoran Zeremsk/ゲッティイメージズ

キャップスタイルがおすすめなのは、強風でも髪の毛をガードすることができる点です。特に海や川の周辺では風が強いことが多いです。そんな場所に決めるときも、髪型の事を気にしなくてもよくなるので、より一層バーベキューを楽しめるようになりますね!また、やんちゃや、アクティブといった元気な印象を与えることができます。

おすすめキャップはこちら!

▼可愛いキャップをもっとチェック!

ラフでおしゃれ!アウトドアの雰囲気を出せるウェーブヘア!

ウェーブヘアのおすすめポイント!

バーベキュー 髪型 ウェーブヘア    

出典: iprogressman / ゲッティーイメージズ

巻き髪ヘアという髪型は耳にする事があるかもしれませんが、ウェーブヘアという髪型は知らない人も多いのではないでしょうか?実は、フェスなどバーベキューなどアウトドアを楽しむ女子の間では、ウェーブヘアが人気が高くなっているのです!ウェーブヘアは決めすぎる感じはなく、ラフでおしゃれな雰囲気を出せるため、アウトドアにおすすめのヘアスタイルとなっています!

ウェーブヘアにおすすめのアイロンはこちら

まとめ

いかがでしたか?髪型や服装は相手に与える印象やイメージを大きく変えます。印象を変えてバーベキューに参加して、よりバーバキューを楽しみましょう!

▼髪型とあわせて、服装&コーデもチェック!


あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪