hinata

>

キャンプ用品

>

クッキング用品

>

ダッチオーブン

>

SOTOのステンレスダッチオーブンの魅力とは?注意点やアイテムも紹介

SOTOのステンレスダッチオーブンの魅力とは?注意点やアイテムも紹介

 キャンプ用品

直火でダッチ・イン・ダッチオーブンを使う様子

ダッチオーブンはキャンプだけでなく家庭のキッチンでも使える万能な調理器具です。手入れが面倒と言われますがそれは鋳鉄製のダッチオーブンの話。ステンレスダッチオーブンならそんな手間もいりません!便利で手間いらずという夢のような商品、SOTOのステンレスダッチオーブンの魅力をたっぷりご紹介します。


 目次


鋳鉄製との違いは?ステンレス製の魅力!

   

ダッチオーブンの主流は鋳鉄製です。古くから使われていた素材で、使い込むほどに味が出ると言われていて愛用者もたくさんいます。しかし今、熱い注目を集めているのがステンレス素材のダッチオーブン。数多くのキャンパーを魅了してやまない主な理由を説明しましょう。

手入れが簡単!

鋳鉄製のダッチオーブンの場合、最初に使う前にまず塗られた錆止め剤を落とす作業が必要です。洗って火にかけて錆止めの代わりに植物性の油を塗り込んでやっと使えます(これを「シーズニング」と言います)。ステンレスダッチオーブンは錆止め剤が塗られていないので初めて使う時もサッと洗うだけでOK!

使い終わったら鋳鉄製のダッチオーブンはまた錆止めの油を塗り込まないといけないんですが、ステンレスダッチオーブンはこの手間も不要なんです。とても気軽に使えますね。

錆びにくい!

鋳鉄製は錆との戦い。煮込み料理を作った後は早めにダッチオーブンから取り出さないと、1時間ぐらいで錆が浮いてきます。しかしステンレス製はほぼ錆びることがありません。カレーやおでんを作りすぎてしまっても、そのままにして翌日温め直す、そんなこともOKなんです。

保管場所も湿気の多い場所を避けたりする必要はありません。すぐに使える台所に置いても問題無いのは嬉しいですね。

家庭でも使える!

SOTOのステンレスダッチオーブンは底が平らなので家庭用コンロで使えることはもちろん、IHクッキングヒーターにも対応しています。熱源にも万能に対応できる優れものです。

ステンレスダッチオーブンを使用するときの注意!

   

とても素敵なステンレスダッチオーブンですが、注意すべき点もあります。

焦げがつきやすい

ステンレスの鍋は焦げつきやすいです。ステンレスは熱伝導率が弱く温まりにくいので、温まりきらないタイミングで食材を入れ、へばりつき焦がすといった失敗に繋がります。最初にしっかり温めること、食材によっては油をたっぷりひくことなど、扱いに慣れていけば大丈夫。

鋳鉄に比べて高い

鋳鉄製のダッチオーブンと比べると、ステンレス製は2倍ほどお値段が高いです。これは素材そのものが高価なことと、製造工程のコストがかかるから。しかし耐久性や利便性を考えれば高価でも申し分ない魅力があるのも事実ですよね。

SOTOダッチオーブンのアイテム紹介

サイズは主に3種類!

使い方によって便利なダッチオーブンも!

作った後に保温も可能!こんなアイテムも!

ブログから口コミをチェック!

ステンレスの光り輝く美しさ
がっしりとした重量感
それから、なによりも高級感があります。
シーズニングの必要はないし、手入れも簡単、鉄くささもない。
これこそ私が追い求めていた一生もののキャンプ道具

そうだキャンプに行こう!

SOTOステンレスダッチオーブンの素晴らしさが伝わってきます!求めていたものを手に入れることができた時の喜びはひとしおですね。

ステンレスダッチオーブンで調理した料理の美味しさ
と言ったら、その辺の高級レストランにも勝る美味しさです!
特に、お肉の無水料理(水を入れず作った料理)が絶品です。
骨付きの鶏肉はホロホロと口の中でほどけ、
網で焼くと固くて食べられないスペアリブも柔らかくジューシーに仕上がります!!
調理も簡単!
強めに塩コショウ(お好みで+クレイジーソルトやローズマリーなど)をして、
ジャガイモやトウモロコシと一緒に加熱するだけ。
・・・いい香りが立ち込めてきて、
蓋を開けると、みんなから「おおー!」と歓声が!!

Million Hugs

料理の描写が見事で食べたくなってしまいます。料理上手な人が腕をふるいたくなる、そんな調理器具なんですね。

コチラの商品もIHクッキングヒーターに使えます。
なんと、蓋もフライパンとしてIHやコンロで使えるの
更に、鍋蓋の高さも調節できるの。
フライパンを反転させて鍋の高さを変えれるの。
一石三鳥♪
そして、中には網も

アレも♪コレも♪

SOTOステンレスダッチオーブンの使い勝手の良さがよく分かりますね。IHで使えるのは本当に便利です。

SOTOのダッチオーブンで美味しい料理を作ろう!

ダッチオーブンは「万能鍋」の異名がつくほど、いろいろな料理に使うことができます。おすすめをいくつかご紹介。

SOTOのダッチオーブンで燻製も作れちゃう!

ダッチオーブンと言えば煮込み、ロースト、炒めもの。ピザやパンを焼いたりご飯を炊くこともできますが、燻製もできるってご存知でしたか?ダッチオーブンの底にアルミホイルを敷いて、そこにスモークチップを敷いて火をつけます。その上に網に乗せた燻製にしたい食材を置いて準備完了。

ダッチオーブンでの燻製は「熱燻」と言って早めに色と香りがつきます。外側がきれいに色付いても中は生ということも。慣れないうちは生で食べても大丈夫なチーズやベーコンなどで練習し、コツを掴んできたら鶏肉や魚に挑戦してみましょう。

無水料理がおすすめ!

じっくりコトコト煮込むことが得意なダッチオーブンは、水を使わない「無水料理」に適しています。弱火でじっくり食材を温めることによって、食材そのものから水分が溢れ出てくるからです。野菜や果物のロースト、食材の水分のみで作れるカレーやスープ。ダッチオーブンを入手したら是非作ってみたいですね!

参考にこちらの記事もどうぞ▼

まとめ

SOTOのステンレスダッチオーブンは、知れば知るほど欲しくなる一品。キャンプ用品としてももちろんですが、キッチンでいろんな料理に挑戦したくなる、そんな魅力に溢れたアイテムです。一生ものの調理器具としてぜひお手元にいかがでしょうか。


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事


おすすめのキーワード

  • hinata trunk banner
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪