キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

【hinataファッション研究所】普段使いにも究極の便利さ!次のバッグはミステリーランチに!

壁一面にリュックがかけられたミステリーランチの店内

アウトドアファッションの流行を追うhinataファッション研究所の今回のテーマはバッグ。今回は、今年の4月に原宿のキャットストリートにオープンしたミステリーランチを取材しました!「究極のバックパック」とも呼ばれるミステリーランチのバッグの定番やおすすめ商品をご紹介します!

日常には欠かせない「バッグ」にフォーカス!

ミステリーランチのオンリーショップの外観
hinataファッション研究所の今回のテーマは「バッグ」です!今年の4月にキャットストリートにオープンした、世界初のミステリーランチのオンリーショップに訪れました。ミステリーランチのフルラインナップを扱うファン待望のお店です。
ミステリーランチのオンリーショップの内観
アメリカ生まれのミステリーランチのバッグは、「機能性」「背負い心地」「品質」「耐久性」を追求した究極のバックパックと呼ばれる、シーンに合わせたラインナップが魅力なんです。実際にアメリカ軍が使用するミリタリーモデルから、登山、ハンター、森林消防隊といった、野外の最前線で活躍する人に合わせて細部まで作り込まれています。筆者の愛用バッグも実はミステリーランチなんです!
ミステリーランチのオンリーショップの店長の寺尾さん
取材に協力してくださったのは店長の寺尾さん。今回は寺尾さんから、ファンが多いミステリーランチの定番モデルから、店舗で人気のライフスタイルにもおすすめなバッグを紹介していただきました! ーはじめまして!今日の取材はミステリーランチのファンの1人としても楽しみです!よろしくお願いします! 寺尾さん:よろしくお願いします。まずはミステリーランチのアイコン的な存在のバックパックから紹介しますね。

マニアにも一番人気の「3DAY ASSAULT」

3DAY ASSAULT
ー出ましたね、Y字ジッパーのバックパック!僕の持っているモデルもY字ジッパーです。 寺尾さん:そうです、ミステリーランチといえばこのY字のジッパーが一番の特徴ではないでしょうか。このモデルは米軍でも使用されている「3DAY ASSAULT」(3デイアサルト)というモデルで、この店で一番人気のバックパックです。このY字ジッパーは、アメリカ軍の兵士が素早くリュックを全開にして荷物を取り出すための機能なんです。 ーなるほど、Y字ジッパーにはそんな秘密が隠されているんですね。
3DAY ASSAULTの説明をする寺尾さん
寺尾さん:そうんなですよ。荷物が入った状態でここを先ずは上の部分を引っ張って・・・
3DAY ASSAULTを全開にしている様子
寺尾さん:次に左右に広げるだけ。ジッパーの取っ手部分を使わずとも2STEPで素早く全開にできるんです。 ーすごい!一瞬で奥のものまで簡単にアクセスできますね!軍のための機能ですけど、日常生活にも便利!
3DAY ASSAULTのパネルの位置を調節している様子
寺尾さん:あとY字ジッパー同様にミステリーランチの特徴的な機能として、身体に合わせて背面パネルが調節できるフューチュラヨークシステムです。使用者の背面長に合わせて好きな位置にパネルを調節できるので体にジャストフィットします。 ーこれすごいですね!これなら重い荷物を長時間背負っても、完全にフィットするから疲れませんね!

ライフスタイルでもおすすめな「SCAPE ARTIST」

3色のSCAPE ARTIST
ー3デイアサルトよりも、ライフスタイル向けのバックパックはありますか? 寺尾さん:もちろんたくさんありますが、おすすめは今年発売の「SCAPE ARTIST」(スケープアーティスト)ですね。もともとはハンター向けだったバックパックを、よりライフスタイル向きに細部を変更したモデルになっています。
SCAPE ARTISTの中身
ージッパーがY字ではなく、面白い形をしているんですね! 寺尾さん:そうです、馬蹄型と言われる逆U字型になっています。ジッパーを開けるとガバッと開くので、奥のものもすぐに取り出せますし、大きいものの出し入れもしやすくなっています。内側のポケットやPCスリーブなど小分けの収納も充実していて、普段使いにおすすめです。
SCAPE ARTISTのヒップベルトをしまっている様子
ーあ、これすごい欲しくなってきました(笑)。あまりない逆U字型のジッパーと高い収納力がいいですね! 寺尾さん:しかもこのスケープアーティストもフューチュラヨークシステムを搭載しており、背面のパネルは無段階調節可能です。また収納式のヒップベルトもついているので、普段使いのときはしまっておいて、ハイキングや小旅行のときにはしっかりと体にフィットさせることができます。 ー普段の使用も、アウトドアでの長時間使用も疲れず背負えそうですね!

シンプルな2WAYタイプの「BOOTY BAG」

BOOTY BAG
寺尾さん:また、よりライフスタイル向きなモデルだと、「BOOTY BAG」(ブーティーバッグ)もおすすめですよ。シンプルなデザインでカラーバリエーションも多く、ファッションにも合わせやすいです。
BOOTY BAGをトートバックとして使用している様子
ーあ!トートバッグにもなる2WAYタイプなんですね! 寺尾さん:そうです。上のハンドル部分が2つ、ちょっと長めに作られているのでリュックとしてもトートバッグとしても使えます。 ー電車にのる時はリュックを下ろして手で持つこともあるから、2WAYタイプだと楽そうですね!
BOOTY BAGを開けている様子
寺尾さん:しかもこれ、ジッパーがないんですよ。ハンドル部分が左右に開くだけで中身が取り出せるんです。そして背負ってるときは自動で閉じてくれるので、荷物の出し入れは相当楽ですね。 ーすごい!これは画期的だ!とにかくシンプルだし使い勝手もいいし、シーンを選ばず活躍してくれそうですね!

人気はリュックだけじゃない「INVADER」

INVADER
ーリュック以外でもライフスタイル向けのおすすめ商品はありますか? 寺尾さん:そうですね、ショルダーバッグタイプの「INVADER」(インベーダー)はとても人気です。一見、普通のショルダーバッグに見えるんですけど、実はやっぱり細部までこだわって作っているんですよ。
大きさを調整できるINVADER
寺尾さん:ショルダーバッグって荷物の量が少ないと形が変わって不格好に見えるときもあるんですが、このインベーダーは中身に合わせてコンプレッションできるんです。外側のポケットと内側のメインの収納部それぞれ圧縮できるので、荷物の量が変わってもダサく見えませんよ。 ーなるほど、確かにバッグって、荷物が少ないと形が崩れてしまいますもんね。その点、このショルダーバッグなら荷物が少ないときも多いときもかっこよく使用できますね!
INVADERのベルト部分
寺尾さん:ベルト部分にも工夫があるんです。首に当たる部分は汗をかきやすいのでメッシュ仕様になっていたり、背負ったまま荷物が取り出しやすいようにベルトの長さを素早く伸ばしたり縮めたりできるようになっていたりと、とにかくこのインベーダーは日常生活で不便さを感じさせません。 ーこんなに高性能なショルダーバッグ初めてです!他のショルダーバッグが使えなくなりそうですね(笑)。

究極のバッグを求める方はMYSTERY RANCH TOKYOへ!

商品の説明をしている寺尾さん
ー今日は定番からおすすめ商品まで教えていただきありがとうございます!どれも魅力的すぎて全部欲しくなっちゃいました! 寺尾さん:こちらこそありがとうございました。実際に背負ってみるとわかることもあるので、リュックが欲しくなったり迷ったりしたらまたお店に来てくださいね。
壁一面にリュックがかけられたミステリーランチの店内
MYSTERY RANCH TOKYO 住所:東京都渋谷区神宮前6-15-7 電話:03-4578-8827 営業時間;11:00~20:00 定休日:不定休 ーーーーーーーーーーー 今回は究極のバックパックと呼ばれるミステリーランチのバッグをご紹介しました!実際に背負うと、細部までの本当にこだわっているということが発見できますよ!新しいリュックやバッグを求めている方、ぜひ一度ミステリーランチを背負ってみることをおすすめします。

今回紹介した商品

3DAY ASSAULT(3デイアサルト) 参考価格:¥86,400(税込) 購入はこちら:A&F オンラインストア ※今回、機能紹介に使用したモデルは3DAY ASSAULT BVS(3デイアサルトBVS)となります。 3DAY ASSAULT BVS(3デイアサルトBVS) 参考価格:¥86,400(税込) 購入はこちら:A&F オンラインストア SCAPE ARTIST(スケープアーティスト) 参考価格:¥57,240(税込) 購入はこちら:A&F オンラインストア BOOTY BAG(ブーティーバッグ) 参考価格:¥14,040(税込) 購入はこちら:A&F オンラインストア INVADER(インベーダー) 参考価格:¥21,600(税込) 購入はこちら:A&F オンラインストア
 最終更新日:

あわせて読みたい記事