hinata

>

キャンプ

>

アウトドアブランド

>

スノーピーク

>

ライト?Pro?スノーピークのトルテュの正しい選び方

ライト?Pro?スノーピークのトルテュの正しい選び方

 キャンプ

キャンプ場に設置されたスノーピークのテント、トルテュ

出典:スノーピーク

日本が誇るアウトドアメーカーのスノーピークから出ている、人気のテント「トルテュ」は、2ルーム式のオールインワンテントで、トルテュ ライトとトルテュ pro.の2種類があります。トルテュ ライトはエントリーモデル、トルテュ pro.はプロモデルと言われていますが、一体どのような違いがあるのかを徹底解説。自分が必要としているのはどちらのモデルなのか、トルテュの正しい選び方をご紹介します。


 目次


スノーピークのトルテュシリーズって?

トルテュシリーズを作っているスノーピークってどんな会社?

ライトアップされたスノーピークのテント    

出典:スノーピーク

スノーピークは、新潟市三条市に本社を持つ日本のアウトドアメーカーです。元々は金物問屋だった創業者の山井幸雄さんは、登山家だったそうで、既存の登山道具に満足できなかったことから、自分で登山道具を作り始め、アウトドア用品会社を設立することになったとのこと。自分が納得できる道具を作るという姿勢は、今のスノーピークにも受け継がれています。

ユーザー目線に立った商品作りにこだわるスノーピーク

スノーピークの本社にあるキャンプ場    

出典:スノーピーク

スノーピークの本社には5万坪のキャンプ場を併設しており、社長や社員が自ら実際に使いながら商品開発を行うという、とことんユーザー目線に立ったモノづくりを行っています。そのため、スノーピークの商品は独創的なものが多く、日本国内だけでなく、海外からも高い評価を得るようになりました。

ファミリー向けの定番商品ランドロックを一回り小さくしたトルテュシリーズ

スノーピークから出ているトルテュシリーズのテントは、ファミリー向けのオールインワンテントで、寝室とリビングとに分けることができる2ルームシェルター式となっています。対応人数は3人から4人です。スノーピークには元々、オールインワンシェルター型ファミリー向けテントの人気商品として、6人対応できるランドロックがありました。そのランドロックを一回り小さくしたのがトルテュシリーズです。

エントリーモデルとプロモデルが用意されたトルテュシリーズ

トルテュシリーズには、エントリーモデルとプロモデルが用意されています。どんな天候でも快適に使用することができるように、素材にとことんこだわって作られたハイスペックなプロモデルとして誕生したのがトルテュ pro.です。そして高価なトルテュ pro.を安く提供するために、標準素材で作ることで価格を抑えたモデルとして、トルテュ ライトが登場しました。

トルテュライト・トルテュproそれぞれの特徴は?

トルテュ pro.の特徴その1. コンパクトな大きさ

スノーピークのテント、トルテュ pro.    

出典:スノーピーク

トルテュ pro.は、スノーピークの定番アイテムだった、対応人数6人用のファミリー向け2ルームシェルターテント「ランドロック」を、対応人数4人と一回り小さいサイズにして作られました。ランドロックの大きさは、長さが625cm、高さが205cmで、トルテュ pro.は長さが580cm、高さが205cmとなっています。

トルテュ pro.の特徴その2. 圧倒的な品質の良さ

キャンプ場にたてられたスノーピークのテント、トルテュ pro.    

出典:スノーピーク

トルテュ pro.はキャンプ上級者も満足できるように、品質にこだわって作られたテントです。フライ部分の生地は150Dポリエステルオックスに遮光ピグメントPUコーティングが施されてあり、耐水圧は3,000mmミニマムを誇ります。ボトム部分の生地は300DポリエステルオックスにPUコーティングを施し、耐水圧は10,000mmミニマムと、大雨でも安心の素材です。

トルテュ pro.の特徴その3. メッシュパネルの多用

スノーピークのテント、トルテュ pro.    

出典:スノーピーク

トルテュ pro.には、スノーピークの人気商品であるランドロックに比べ、メッシュパネルが多用されています。秋や冬には防寒性に優れた生地で暖かく、暑い夏には、メッシュパネルを多くすることで通気性がアップするため、日本の気候にピッタリ合った一年中使えるテントです。

トルテュ pro.の特徴その4. こだわりの機能性

スノーピークのテント、トルテュ pro.の側面    

出典:スノーピーク

トルテュ pro.は、機能性にもこだわりぬいて作られたテントです。両サイドに大型ドアパネルがあるのはもちろんのこと、後方にも大きなドアパネルがついていたり、サイドウォールの窓が開閉できたり、リビングがより広く使えるアップライトポールが標準装備されていたりと、様々な工夫が施されているプロモデルで、居住性の良さがとことん追求されています。

トルテュ pro.の特徴その5. 細部まで考えられた仕様

スノーピークのテント、トルテュ pro.のインナーテント    

出典:スノーピーク

ユーザー目線に立って作られているトルテュ pro.は、細部にまで様々な工夫が施されています。通気性や換気をアップするルーフ上部につけられたベンチレーターや、紐の種類が一目でわかるオリジナルのジッパータグ、簡単に設置できるフックで吊り下げる式のインナーテント、色分けされたフレームなど、大変使い勝手の良いテントです。

トルテュ ライトの特徴その1.大きさはトルテュ pro.と同じ

キャンプ場にたてられたスノーピークのテント、トルテュ ライト    

出典:スノーピーク

エントリーモデルのトルテュ ライトは、プロモデルのトルテュ pro.と大きさや形などは同じ作りの、4人家族を想定したコンパクトな2ルーム式のオールインワンテントです。ただ、トルテュ pro.のようにメッシュパネルが多用されておらず、サイド部分のメッシュパネルの数が少なくなっています。

トルテュ ライトの特徴その2. 標準的な素材

キャンプ場にたてられたスノーピークのテント    

出典:スノーピーク

トルテュ ライトは、ハイクオリティな素材を使っていたトルテュ pro.に対し、標準的な素材が使われています。フライ部分の生地は75DポリエステルタフタにPUコーティングが施された、耐水圧1,800mmミニマムで、ボトム部分は210DポリエステルオックスにPUコーティングが施された、耐水圧1,800mmミニマムです。ポールもトルテュ pro.に比べると細くなっています。

トルテュ ライトの特徴その2. 軽量

芝生の上でくつろぐ男性    

出典:photo-ac.com

厚手の生地と太いポールで作られているプロモデルのトルテュ pro.に比べ、エントリーモデルのトルテュ ライトは、その軽量さも魅力の一つです。トルテュ pro.は重量が24kg、トルテュ ライトは重量が18.5kgと、その差は5.5kgとなっています。収納時のサイズもトルテュ pro.よりも小さくなり、持ち運びもしやすいテントです。

トルテュ ライトの特徴その3. コストパフォーマンス

スノーピークのテント、トルテュ ライトの室内    

出典:スノーピーク

高品質にとことんこだわって作られたハイスペックなトルテュ pro.に比べ、トルテュ ライトは標準素材で作られているので、その分安く購入することができます。トルテュ pro.は178,000円、トルテュ ライトは128,000円です。標準素材とはいえ、満足度は十分高い品質なので、コストパフォーマンスに優れたテントとして人気があります。

トルテュ ライトの特徴その4. 初心者に優しい作り

キャンプ場にたてられたスノーピークのテント、トルテュ ライト    

出典:スノーピーク

トルテュ ライトは、エントリーモデルとして位置付けられているため、初心者にも優しい作りになっています。慣れていない人にとって、テント設営というのは難しく感じるものですが、トルテュ ライトは簡単に設営ができるように、テントの接続部分が色分けされているので、直感的に設営することが可能です。

こんな人におススメ!トルテュの正しい選び方

トルテュ pro.がおススメなのはこんな人

キャンプ場にたてられたスノーピークのテント、トルテュ ライト    

出典:スノーピーク

トルテュ pro.がおススメな人は、通気性といった快適性を第一に考え、値段や重さなどは気にならない人です。プロモデルに位置付けされているトルテュ pro.は、最高品質の素材を使って作られているため、悪天候下でも快適にキャンプを楽しむことができます。キャンプ場で設置した際の存在感もありますので、優越感を感じたいという人にもおススメです。

トルテュ ライトがおススメなのはこんな人

少しでも値段を安く抑えたいという人や、テントの設置に自信がない初心者の方にはトルテュ ライトがおススメです。大雨の中でキャンプをするつもりがない人は、トルテュ ライトでも十分満足できるでしょう。キャンプが初めてという人のファーストチョイスとしてもおススメできるテントです。

まとめ

エントリーモデルのトルテュ ライトと、プロモデルのトルテュ pro.についてご紹介しました。値段の安さと初心者でも簡単にできる設置のしやすさで選ぶならトルテュ ライト、品質の高さと快適性で選ぶならトルテュ pro.がおススメです。どちらもユーザーの評判がとてもいいテントですので、快適なキャンプが楽しめると思いますよ。


あわせて読みたい記事



新着記事



おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪