本屋だからこそできるアウトドア提案。大人な「Wild Camp」フェア

hinata

>

キャンプ

>

本屋だからこそできるアウトドア提案。大人な「Wild Camp」フェア

本屋だからこそできるアウトドア提案。大人な「Wild Camp」フェア

 キャンプ

本を読むのが好きな筆者。代官山 蔦屋書店をふらふらしていると、なんと旅行コーナーの一角に本格的なキャンプ用品がづらり!そこには「Wild Camp」という言葉が掲げられていました。 最近では若者を中心に、可愛く飾り色鮮やかなキャンプが流行っている中、正反対なかっこいい言葉が印象的です。気になってたまらないこの「Wild Camp」フェアを、さっそく取材してきました。

「Wild Camp」

   

代官山 蔦屋書店3号館1階、入ると目の前には、旅行、料理、文具に関する雑誌がずらりと並ぶマガジンストリートが。雑誌で最新の情報を取り入れて、気になるコンテンツを見つけたらそのまま両隣にあるジャンルで分けられたエリアへ足を運べる、そしてコンテンツについて詳しく書かれた本を探しにいける、そんな構造にしているそうです。
マガジンストリートを抜けた左手には旅行エリアがあり、その真ん中にドンッとキャンプ用品が構えています。

コンセプト

   

「Wild Camp -with bonfire-」という言葉を掲げ、「不便な環境を楽しみ、生き抜く力を身につける。」をコンセプトにしています。

   

寒くなるこれからの季節、キャンプに行こうという方々はきっと落ち着いた大人です。焚き火を囲んで、ウイスキーを飲みながら談笑するワイルドな男性が想像できます。そこで、今回のコンセプトを打ち出し、ワイルドで男性的なもの、焚き火に関するものを揃えたそうです。

   

いつもフェアの際には「色」にこだわり、コンセプトにあったカラーのアイテムを集めています。このフェアではブラック、ダークグリーン、ベージュ、カモ柄を中心として、ワイルドなイメージを表現しています。

   

あるがままの自然の中で必要な「知恵」と「道具」と「楽しむ気持ち」を、本とキャンプアイテムによって手に入れることができるようになっています。

想い

このフェア開催に対する想いの強さを、お伝えしないわけにはいきません。
話を伺う中で、それくらい素敵で強烈な想いを感じました。

   

キャンプ、大人、ワイルドに関連するアイテムを0から探しており、その幅は夜に焚き火を囲みながら落ち着いて飲めるカフェインの少ないお茶から、本格的なノルディスクのテントまであります。

   

いいものがあればメーカー各社ごとにやりとりを繰り返し、いっさいの妥協をしていません。その結果他では取り扱いがないものや、売り切れ状態のものまで販売されています。

「書店」→「キャンプ」

書店がキャンプのアイテムをセレクトし、本と一緒に販売しています。本来交わることのなさそうなインドアな「本」と、アウトドアな「キャンプ」が、なぜ同じ場所に並んでいるのでしょうか。

なぜ「書店」が「キャンプ」なのか

   

代官山 蔦屋書店は「生活提案」をコンセプトに掲げ、その中で生活の「知識」を提案するために本を扱っています。そして「知識」を提案したその次は、「知識」を活かすために具体的な「道具」を提案しようということで雑貨なども販売されるようになりました。

キャンプ用品は旅行本エリアで展開されています。

   

旅行というと、長期の休暇をとり、しっかりとした心構えで行くもののように感じますが、代官山 蔦屋書店ではキャンプを1泊2日でいく旅行であるととらえ、旅行エリアでキャンプやアウトドア、ワイルドに関連する本と一緒に道具としてキャンプ用品をおいているのです。
それが今回の件「Wild Camp」フェアです。

「書店」だからできること

わざわざ書店でキャンプ用品を取り扱わなくても、欲しい人はインターネットで買うことができるし、専門的な店に行けばいいと思われるかもしれません。 私もそんな考えが頭をよぎりましたが、実は「書店」だからこそできることがあるんです。

   

皆さんがインターネットで購入するとき、説明やレビューを見て買ったりしていると思います。専門的なお店で購入するときは、気になる製品の説明を店員さんに求めることでしょう。もちろんそれはいい買い物の仕方ですが、買いたいものが明確で、買う気満々じゃないとなかなか行動に移しません。

ところが書店で取り扱われていたらどうでしょうか。気になっていたあの商品がふらっと入った書店にあるのです。さっき雑誌を読んでいて欲しいなと思っていた商品がすぐそこで販売されています。
代官山 蔦屋書店にはもちろん専門的な知識を持った担当の方がいて、セレクトした商品について詳しく説明してくれます。書店で接客をしてもらった覚えはあまりありませんが、接客までしてくれるのなら、書店に行く理由になりますよね。

固定観念を覆す、すてきな発想です。

セレクトアイテム

コンセプトに基づいてこだわり抜き、書店だからこそ取り扱っている、そんな「Wild Camp」フェアのセレクトアイテムを数点ご紹介します。

NORDISK Reisa 6

   

出典:amazon.co.jp

ワイルドなキャンプをするならノルディスクのこのテントですよ。 ダスティグリーンという特殊な色は男前なワイルドキャンパーを連想させてくれます。

NORDISK Asgard 7.1

   

出典:amazon.co.jp

ワイルドなキャンプができるような大人の方には、家族もつれてキャンプへ行ってほしい。 そんな想いのこもった2〜3人用テントです。夫婦で仲睦まじく大人なキャンプを楽しみましょう。

コールマンのビンテージランタン

   

なかなか手に入らないレッドのコールマンのビンテージランタン。今ではもうこのレッドを作ることはできないそうで、ビンテージでしかお目にかかれません。
こんなレアなアイテムがあるなんて、こだわりの強さを感じます。

スタンレー スタッキングパイント

   

あえて四つ重ねておいてあるのは、「男前なキャンパーはワイルドなキャンプに子供を連れて行ってみては?」という提案が込められています。 デザインにかっこよさがにじみ出ています。

スタンレー クラシック真空キャンプマグ

あえて「キャンプマグ」と名前についたマグをセレクト。キャンプのためのマグというところに、ワイルドさが詰まっています。

グッドホリデーファクトリー グッドカップセット

   

桜材のボードは、カップカバーやコースターなど多様な用途があります。
1つ1つ手作りで木目が異なっており、こだわった作りが気に入ったワイルドなキャンパーさんならついつい手が出てしまうのではないでしょうか。

サンセットクライマックス ギアバッグ

   

収納力抜群な最高なキャンプバッグ。
人気があり手作りなのでインターネットでは在庫切れの商品ですが、なんと頼み込んで入荷してもらったそう。 シックな黒が男前なキャンパーには魅力的です。

代官山 蔦屋書店へ向かおう

気軽にいける代官山 蔦屋書店には、隠れた想いが一杯にこもっています。そして「Wild Camp」フェアにはさらに強い想いがこもっていて、素敵なフェアです。
ワイルドで大人なキャンパーを目指したい方も、ふらっと寄った方も、ぜひ立ち寄ってみてください!


あわせて読みたい記事



新着記事

  • hinata trunk banner

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪