キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜もっとそとが好きになる〜
間取り拝見

「ネイチャートーンズ」のテーブルでコックピットスタイル!キャンプサイト間取り拝見

※本記事には一部プロモーションが含まれます

キャンプ場で見かけるイケてるサイトやギア…どこのブランドのアイテムだろう?と興味を持った経験がある人も多いはず! 素敵なキャンパーのサイトレイアウトやギアを包み隠さず見せちゃう連載「キャンプサイト間取り拝見!」、今回はネイチャートーンズのテーブルをピックアップ。2つのアイテムを愛用しているyoko_4039bさんを取材し、上手なレイアウトテクとお気に入りのポイントを聞きました!


NATURE TONES ワンハンドカフェテーブル ノーマル

19,910円(税込)


NATURE TONES リトルブレイクスタンド TAIJYU version

14,850円(税込)


ネイチャートーンズのテーブルは収納力もデザイン性も100点!

Nature tones(ネイチャートーンズ)は、福井県で誕生したアウトドアブランド。「自然の持つ豊かな音色・空気感と調和した製品をつくりたい」という思いから、完全オリジナルで商品を手掛けています。 金属に特殊コーティングを施すことで優しい質感に仕上げており、金属本来の無骨さを生かしつつ自然によくなじむおしゃれな雰囲気のギアがたくさん!デザイン性だけでなく、キャンパー心をガシッとつかむ機能性にファンが急増中です。

収納力抜群!「リトルブレイクスタンド」

そんなネイチャートーンズの「リトルブレイクスタンド」は、手が届く場所にそっと置いておきたい二段のミニテーブル。手前についているハンガーにシェラカップを引っ掛けたり、アンダーラックに調理器具を設置したり。見た目以上に収納力を持ち合わせた秀逸なギアです。

片手で設営・撤収できる!「ワンハンドカフェテーブル」

ワンハンドカフェテーブル」は、片手で簡単に設営・撤収できるローテーブル。テーブル中央部分にはグリップがついていて、持ち運びも便利!両サイドのハンガー部には、シェラカップなどを引っ掛けて保管できます。

yoko_4039bさんのサイト間取りとラックの使い方を拝見!

エバカーゴ2
今回は、写真家としても活動するキャンパー@yoko_4039bさんに取材。クルマとタープをつなげてリビングスペースをつくり出すサイトの間取りや、ネイチャートーンズの「リトルブレイクスタンド」と「ワンハンドカフェテーブル」の活用法を紹介します。お気に入りポイントも取り上げているので、お楽しみに!
icon

写真家

@yoko_4039b

コーヒーが好きなキャンプ歴3年のアウトドアマン。カメラで時々商品撮影をしています。 季節ごとの趣味やキャンプをひたすら発信中。

【間取り】幕内外をリビングにして広々!

間取り拝見
【間取り1】使用ギアリスト [テント内](上から時計回りに)
  • ミニテーブル:NATURE TONES リトルブレイクスタンド
  • コット:GIMMIC コット
  • バスケット:WHATNOT ワンタッチバケット
  • 石油ストーブ:PASECO ストーブ WHK-3100s
  • テーブル:NATURE TONES ワンハンドカフェテーブル
  • [テント外](手前から時計回りに)
    • チェア:ロゴス グランベーシックチェア
    • クーラーボックス:FIELDOOR ノーザンクーラーボックス
    • トランクカーゴ:GORDON MILLER トランクカーゴ50L
    • チェア:OneTigris Camping ハイバック囲炉裏チェア
    • 焚き火台:  san_kaku 焚き火台
    • ハンガーラック:ホームセンター(DIY塗装)
yoko_4039bさんのサイトは、愛車のトヨタ・ハイラックスをサイトの一部に組み込んだレイアウトが特徴。タープ(オーニング)の下をリビングスペースにすることで、幕内と幕外の両方を楽しめるように工夫しているのだそう。クルマは目隠しとしての役割も担ってくれるため、自分だけの空間をつくり出せるところも気に入っているポイント!
person icon

yoko_4039bさん

テントは落ち着いた色合いのザ・ノース・フェイス「エバカーゴ2」。主にソロやデイキャンプで使っています。ギアはほぼベージュとオリーブに統一して、サイト全体が整ってみえるよう心がけています。

テーブル回りがほっこりくつろげるお気に入りのスペース

エバカーゴ2
テントの中は、特にお気に入りの場所。コットに腰掛けると、目の前にメインテーブルとして使用している「ワンハンドカフェテーブル」、右側に「リトルブレイクスタンド」が設置してあり、座ったままコーヒーを飲んだりとくつろげる環境になっています。

「リトルブレイクスタンド」:コーヒーを楽しむための最強ツール!

間取り拝見
使用ギアリスト(左上から時計回りに)
  • ランタン:Goal Zero Lighthouse Micro Flash
  • シェード:h.w.n 22 OVERLAY-AG
  • コップ:DEVISE WORKS タンブラー
  • コーヒーミル:KINGrinder K6
  • サーバー:Kalita コーヒーサーバー
  • スケール:Oneon ドリップスケール
  • 洗剤:Green Motion エコキッチンクリーナー
  • コーヒードリッパー:Kalita ウェーブドリッパー WDS-155
  • シェラカップ:someday the 13th black sierra cup
  • ランタン:5050WORKSHOP MINIMALIGHT
  • ケトル:KEYUCA ドリップポット
リトルブレイクスタンド
大のコーヒー好きのyoko_4039bさんは、このスタンドを主にコーヒーをドリップするときの専用にしているのだそう。
person icon

yoko_4039bさん

コーヒーを飲みに、リトルブレイクスタンドとチェアだけ持って、デイキャンプを楽しむこともありますよ!
テーブルハンガーにランタンやシェラカップなど使用頻度が高いギアをぶら下げ、コーヒー周りのギアをスッキリと保管できます。また、ドリップスペースも確保できるので、一連の作業がこの空間で完結できてとても便利なのだとか。
person icon

yoko_4039bさん

天板部にはカップホルダーがついていて、コップが倒れにくくなっているところもお気に入り。テーブルやコット、焚き火など、さまざまなギアのそばで活躍してくれますよ!

「ワンハンドカフェテーブル」ソロのメインテーブルにぴったり

間取り拝見
使用ギアリスト(左上から時計回りに)
  • ランタンハンガー:NATURE TONES クリンキングハンガー
  • ランタン:デイツ78
  • 五徳:HIGHMOUNT アジャタブルグリル
  • バーナー:SOTO アミカスsod-320
  • 缶カバー:BALISTICS OD缶カバー
「ワンハンドカフェテーブル」はソロキャンプの調理にちょうどよいサイズ感。バーナーにクッカー、ランタンなどを配置しています。五徳の手前のスペースに完成した料理を並べ、手を伸ばせば何でも届く距離にあるので快適なのだとか。
person icon

yoko_4039bさん

こちらはメインテーブルとして使っています。暗くなったら、ランタンハンガーにつるしたライト1個で卓上全体が照らせるのがベスト!

同じデザインのテーブルは並べることで作業性アップ!

間取り拝見
今回紹介した、yoko_4039bさん愛用の「リトルブレイクスタンド」と「ワンハンドカフェテーブル」は、どちらも大樹の柄が特徴的。同じデザインなので、2つ並べて使用するとカッコよさが倍増するのだそう。セットで使うことで、コックピットのような空間がつくり出せ、動き回ることが少なく作業効率がアップしたと満足そうに語ってくれました。

お気に入りのギアをサイトレイアウトの主役に!

「リトルブレイクスタンド」をこだわりのコーヒードリップ専用にするというアイデア、参考になりますね。自分がキャンプでこだわりたいこととお気に入りのギアを掛け合わせれば、自ずとそこがレイアウトのポイントになりそうです。 「キャンプサイト間取り拝見!」は毎月更新予定。本記事でこだわりのレイアウトを紹介してほしいという人は、ぜひインスタグラムで「#サイト間取り拝見」のタグを付けて投稿してください。 イラスト/園内せな

NATURE TONES ワンハンドカフェテーブル ノーマル

19,910円(税込)


NATURE TONES リトルブレイクスタンド TAIJYU version

14,850円(税込)


今回紹介したアイテム

商品画像ザ・ノース・フェイス・エバカーゴ2ライノラック SUNSEEKER 2.5m AWNINGカリタ ウェーブドリッパー WDS-155KINGrinder K6ネイチャートーンズ クリンギングハンガーハイマウント アジャタブルグリル
商品名ザ・ノース・フェイス・エバカーゴ2ライノラック SUNSEEKER 2.5m AWNINGカリタ ウェーブドリッパー WDS-155KINGrinder K6ネイチャートーンズ クリンギングハンガーハイマウント アジャタブルグリル
商品リンク

キャンプサイト間取り拝見!

キャンプ場にいると、ほかのキャンパーがどんなギアをどんなふうに配置しているのか、ついつい気になってしまいませんか?「キャンプサイト間取り拝見!」は、毎回人気テントの「思わず真似したくなるサイトレイアウト」をピックアップ。インスタグラムで見つけたこだわりレイアウトやギアを、間取り図とあわせて紹介します!



あわせて読みたい記事