アウディQ4

アウディ「Audi Q4 e-tron」はキャンプに使える?初のコンパクト電動SUVのサイズをチェック!

Audi(アウディ)の新型車「Q4 e-tron」が、2022年秋に国内で正式発売されました。これまで日本ではe-tronシリーズとして6タイプのEVがラインナップされていましたが、Q4 e-tronは同社初のコンパクト電動SUVとしてより広い層のクルマ好きに注目となっています。そこで今回は、Q4 e-tronとキャンプの相性をチェック。キャンパーにも重要な積載性などを中心にお届けします。

アウディ「Q4 e-tron」とは?

日本でも付き合いやすい「コンパクト電動SUV」

「Q4 e-tron」は、アウディのEV(電気自動車)シリーズに新たに加わることになった新型車です。全高4,590mm・全幅1,865mm・全高1,630mmと、日本の道路事情にもマッチしやすいサイズの同車初のコンパクト電動SUVとされているのもポイントです。 純電気自動車のプラットフォームに大容量82kWhのバッテリーを搭載し、リアアクスルに備えた1機のモーターが最高出力150kW・最大トルク310Nmのダイナミックな走行を実現。回生レベルを3段階から選択でき、Bモードではワンペダル的な感覚で運転を楽しめます。

「アウディらしさ」と「新しさ」を融合した1台

アウディ Q4
アウディらしいクリーンで優雅なエクステリアが踏襲されているのも見逃せないところです。 それを踏まえつつ、同社のアイコンとも言えるグリルも開口部のないデザインとし、一直線に繋がったLEDリヤコンビネーションライトの採用や、エキゾーストパイプが廃されたリヤビューとともに先進的な雰囲気を醸成。電気自動車らしく広く快適な室内空間が確保されているのも特徴です。
アウディ Q4
ゼロエミッション・サステナビリティを追求するアウディの思想はQ4 e-toronにも反映されています。ペットボトルを再生した素材のパルスクロス・アーティフィシャルレザーを採用したフロントシートをはじめ、さまざまな部分にリサイクル素材が使われているのも特徴です。 【基本情報】 車名:Audi Q4 40 e-toron サイズ: [全長]4,590mm [全幅]1,865mm [全高]1,630mm 乗車定員:5名 最高出力:150kW 最大トルク:310Nm 駆動方式:RWD ラゲッジ容量:520L ステアリング:右 一充電走行距離(WLTCモード):576km

キャンプでの使い勝手はどうだ?

ここからは、ファミリーキャンプでの使用を想定して、キャンパーが気になる積載力をチェックしてみましょう。
アウディQ4
今回はデュオキャンプを想定して、ティピーテント(3〜4人用)、テーブル、チェア、ウッドラック、寝袋などのキャンプギアを用意しました。
  • ウッドラック
  • チェア
  • ツーバーナー・CB缶
  • コンテナボックス
  • ケア用品など
  • ランタン
  • 寝袋
  • クッカーセット
  • カトラリー
  • クーラーボックス
  • テーブル
  • チェア
  • ローテーブル
  • テント
アウディQ4
Q4 e-tronは容量520L(Q4 Sportback e-tronは535L)と、十分なラゲッジスペースが設けられているのも魅力です。リヤシートを倒せば1,490Lのフラットスペースが確保できるので、さらに充実したキャンプが楽しめるはず。 リヤシートの一部(中央部分)のみを倒すこともできるので、居住空間を確保しつつ長尺の荷物を積載することも可能です。

これいい!編集部の感動ポイント

Q4 e-tronの魅力がわかったところで、ここからは、hinata編集部が感動したポイントを紹介していきます。

先進的なコックピット感が楽しい!

アウディ Q4
高解像度10.25インチカラー液晶フルデジタルディスプレイや11.6インチ高解像度タッチディスプレイに加えて、スイッチ式の空調パネルも備え直感的に操作できるのがうれしいところ。オプションで前方の風景に重ねてルート案内などが表示されるARヘッドアップディスプレイも用意されているので、初めてのキャンプ場へも快適にドライブが楽しめるはず! 中に浮かぶようにレイアウトされているセンターコンソールや、タッチパネルを装備し天地がフラットな形状とされたステアリングホイールもアウディで新採用された仕様です。

キャンプもイケるコンパクト電動SUV

アウディQ4
フォルクスワーゲン グループ ジャパン 代表取締役社長 兼 アウディ ジャパン ブランドディレクター  マティアス シェーパースさん
今回は、2022年秋に日本で正式発売されたアウディ「Q4 e-tron」の魅力に迫りました。 アウディは、プレミアムブランドとて1,000万円台の電気自動車を展開しつつ、比較的手にしやすい価格(600万円〜)のQ4 e-tronも導入することで電気自動車の積極的な普及を進めています。 「日本にはまだ急速充電のネットワークが不足しているが、これをチャンスと捉えて戦略を立てている」と言い、日本で最も早いチャージングスピードを叶える急速充電器の設置も日本各地で進めています。今後は、電気自動車に覚えがちな充電問題もよりクリアになるので、Q4 e-tronもキャンプやアウトドアの強い味方になってくれるはずです。
撮影/渡辺昌彦

特集・連載


あわせて読みたい記事