キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

【情報解禁】「鎌倉天幕」がユーザーの要望に応える薪ストーブと焚き火台テーブルを発売!

鎌倉天幕

ニューテックジャパンが手掛けるアウトドアブランド「鎌倉天幕」の新商品、薪ストーブと焚き火台テーブルに関する情報が到着しました。ユーザーの「こういうのが欲しかった!」に応える、こだわりとアイデアの詰まったギア。2022年11月上旬に発売の予定です。

コンパクトで多機能な新発想の薪ストーブ

ブランド代表自身の不満から生まれた新発想

鎌倉天幕 薪ストーブ
鎌倉天幕の薪ストーブは、ニューテックジャパンの代表自身がさまざまな薪ストーブを使用した際に体感した「違和感」を解消すべく開発された薪ストーブです。 薪ストーブは確かに寒い季節のアウトドアには重宝しますが、サイズが大きかったり重かったりして使いづらいデメリットも。「薪ストーブに憧れてはいるけど結局使ったことがない」というユーザーも少なくないでしょう。 今回登場する鎌倉天幕の薪ストーブは、そういったデメリットを克服した新発想の薪ストーブとなっています。

焚き火台にもなりBBQも楽しめる多機能性

鎌倉天幕 薪ストーブ
鎌倉天幕の薪ストーブの最大の特徴は、多機能性です。従来の製品の多くは薪ストーブとしての機能を果たすのが主目的となっています。そのため例えば「調理機能がある」といっても、開口部から出てくる炎を利用する形式など、あくまで副次的なものが少なくありませんでした。 鎌倉天幕の薪ストーブの場合、本体そのものが「焚き火台」にトランスフォームできる画期的な構造。本格的な焚き火やバーベキューも、1台で楽しめるようになっています。 キャンプ場に着いたら焚き火台として美しい焚き火を堪能し、夕食時にはバーベキュースタイルでおいしい食事を楽しみ、夕食後の冷える時間帯は薪ストーブとして暖をとる…。こんな具合に、これ1台でさまざまなシーンにマッチした使い方ができます。もちろん、ストーブ本体のトップカバーには円形の開口部が備わっているので、薪ストーブ状態の時でも鍋やフライパンでの調理が可能。

コンパクトに収納可能で使いやすい

鎌倉天幕 薪ストーブ
さまざまなシーンで活躍する多機能を備える一方で、鎌倉天幕の薪ストーブはコンパクトに収納できる便利さも兼ね備えています。大きさや収納のしづらさが弱点となることが多い薪ストーブですが、これならかなり使いやすそう。 他にも、本来の奥行きが約40cmあるので標準的な35cmサイズの薪を燃やしやすい、ドアハンドルが付いているので手袋をしたままで開け閉めしやすいなど、ユーザーの使いやすさにこだわった工夫が施されています。

テーブルがそのまま焚き火台に!焚き火台テーブル

鎌倉天幕 焚火台
こちらも新登場の焚き火台テーブルは、鎌倉天幕の「GLテーブル800」に取り付け可能なオプションとして開発された新感覚のテーブルです。 通常、焚き火台とテーブルは別々で用意するのが当たり前ですが、鎌倉天幕の焚き火台テーブルはこれ1台で両方の機能を使えるのが特徴。薪ストーブと同様に、さまざまなシーンで使い分けができる利便性があります。
鎌倉天幕 焚火台テーブル
通常時は金属製のローテーブルとして活躍してくれます。GLテーブル800のパーツを組み合わせれば、2段テーブルとしての使用も可能。
鎌倉天幕 焚火台テーブル
テーブル中央の部分を取り外して焚き火台やバーベキューコンロなどを設置すれば、焚き火やバーベキューを楽しめる仕様に。地面との距離が確保されているので、地面へのダメージも軽減してくれます。 鎌倉天幕の焚きお火台「SOLOIST HOMURA」との組み合わせもばっちりですし、さまざまな楽しみ方ができるようにダッチオーブン台などのオプション品も展開予定。手持ちのギアとの組み合わせを試してみるのもおもしろそうです。

鎌倉天幕の新商品、発売は11月上旬頃を予定!

今回紹介した鎌倉天幕の新商品「薪ストーブ」と「焚き火台テーブル」は、2022年11月上旬頃に発売予定。気になった人はぜひ、引き続き鎌倉天幕の情報をチェックしてみましょう! 公式はこちら:鎌倉天幕
 最終更新日:

あわせて読みたい記事