キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

寒さが苦手な人必見!これからの季節は伊豆・小田原キャンプがアツイ

トレッサ横浜

秋も深まり、紅葉など自然を楽しみながらのキャンプが満喫できる季節となりました。しかし、野外生活は夏に比べてもちろん寒く、防寒対策が必要。特に、山や湖畔の朝晩は冷え込むので、街中よりかなり気温差があることを覚悟して臨まなければなりません。この時期に少しでも寒さを凌ぎたいという人は、温暖な伊豆・小田原エリアでのキャンプがおすすめ。軽めのハイキングが楽しめるスポットも合わせて紹介します!

寒さが苦手な人は、東京から南に向かうと過ごしやすい?

トレッサ横浜

出典:PIXTA

気温が日に日に低下するこの時期、油断するとキャンプ場で朝晩冷え込み眠れなかった、なんてことも。とくに山中や湖畔は都心に比べて気温が低く、準備していた装備では寒すぎた、といったことはよくあります。そこで、少しでも寒さから逃れたい人におすすめなのが、伊豆・小田原エリアのキャンプ場。南方面に位置するので、場所によっては都心よりも2〜3℃気温が高く、山中との差は5℃以上にもなり得ます。 今回は、静岡県内の中でも亜熱帯気候に近い南伊豆と、温暖な小田原エリアに注目。キャンプ場と周辺スポットを、地元のベテランキャンパーにナビゲートしてもらいました!

伊豆・小田原キャンプについて教えてくれるのは、この人!

icon

エルブレス トレッサ横浜店

一重(いちじゅう)さん

社歴19年。アウトドアの趣味は釣り、幼少期から登山、スノーボード・サーフィン。キャンプ歴約10年でソロキャンプメイン。小田原市の手前、二宮町在住。とキャンプ場まではほぼバイクで移動。

太平洋を一望!絶景が自慢の「南伊豆夕日が丘キャンプ場」

トレッサ横浜
伊豆半島の最南端、南伊豆町の高台にあるキャンプ場。名前の通り、夕日が海面の地平線に沈んでいく景色がすばらしく、夜は満天の星が眺められます。 キャンプ場全体が見下ろせ、海と空が近くプライベート空間が保たれる青色エリア、共有施設が近く、海が目の前で一番人気の黒色エリア、見通しがよく子ども連れでも安心な赤色エリア、さらには愛犬とのんびり過ごせるドッグフリーサイトまで、目的や気分によってぴったりなサイトを選べます。
「夕暮れどき、空の色が移り変わるのをぼーっと眺めるのが好き」だというkobocampさんは、黒色サイトをチョイス。サイトからは海が見渡せ、空と海の境目が曖昧になり、薄紫色にグラデーションしていく様子が神秘的です。
y_kobayashi_photographyさんは、曇り予報のお天気だったので期待していなかったものの、夜にはきれいな星空の下でキャンプができたそう。「ロケーションはもちろん、スタッフの皆様の行き届いたサービス。遠くても絶対また行きたいキャンプ場」だと絶賛しています。
person icon

一重さん

僕はキャンプ場までバイクで移動することが多いのですが、海沿いを走る国道135号を南伊豆までドライブするのが最高!「南伊豆夕日が丘キャンプ場」はとにかく眺めが素晴らしく、海沿の黒色エリアを選ぶことが多いです。ソロ専用サイトもあり、ひたすらのんびりできますよ。

透明度抜群!南伊豆の海をシーカヤックで探検

トレッサ横浜

出典:PIXTA

透明度の高さと神秘的な地形を誇る伊豆半島は、マリンアクティビティが盛ん。中でもシーカヤックは一年中楽しめ、ガイド付きの洞窟探検ツアーは、初心者や子どものいるファミリーにも人気のアクティビティです。
person icon

一重さん

南伊豆は、海の透明度が抜群に高く、夏は観光やマリンスポーツなどでたくさんの人が訪れます。秋〜春にかけてのオフシーズンは人も少なく、静かに過ごせるのでキャンパーにおすすめ。ユニークな地層や奇岩が見れる洞窟探検ツアーは、幻想的な体験ができる、イチオシのアクティビティです。

ライトなハイキングが楽しめる雲見浅間神社・烏帽子山

トレッサ横浜

出典:PIXTA

キャンプ場から車で10分弱の雲見温泉街にある、烏帽子山(えぼしやま)・雲見浅間神社は穴場のハイキングスポット。約450段の急勾配な石段を上り、およそ10分の山道をさらに進むと展望台に到達し、雲見集落と湾が織りなす絶景を眺められます。
person icon

一重さん

昭和のレトロな雰囲気の残る雲見温泉街は、富士山がきれいに見えるドラマのロケ地としても有名。静かで絶景が点在している穴場スポットなので、天気のいい日は散歩や、烏帽子山に軽めのハイキングにくると気持ちよく過ごせますよ。

穴場の中の穴場!小田原周辺のキャンプ場

1日1組限定で海の絶景を貸し切り!Natural Farm Akisawaキャンプ場

トレッサ横浜
みかん農園の海の見える場所を、1日1組限定でキャンプ場として開放。家族や仲間とのプライベートな時間を、オーシャンビューのキャンプ場で味わうことができます。希望者には、無農薬で育てられた野菜や、産みたての新鮮な卵も販売。

牛・馬・鶏がいて動物と触れ合える!オサダファーム

トレッサ横浜
専用の飼料で飼育している完全オリジナルの湘南しゃもや、小田原のブランド地鶏を育てる養鶏場が運営するキャンプ場。炊事場は給湯設備が、トイレは暖房便座が完備されているので、寒い時期でも快適に過ごせます。場内にいる馬をなでたり、エサやりができたりと、子どもたちにも好評。
person icon

一重さん

小田原周辺は都心からのアクセスが良く、ハイキングができたりと自然も多いので、ファミリーや軽めのアウトドアを楽しみたい人におすすめ。キャンプ場は少なめなので、このふたつは貴重です。ハイシーズンでなければそこまで混みませんし、小田原観光のベース地として利用するのにもってこいです。

360℃の大パノラマ!ファミリーや若者に人気の吾妻山公園

トレッサ横浜
JR小田原駅3つ手前の二宮駅から、公園入口まで徒歩5分。階段と山道を登り、山頂の展望台までは約20分と程よい距離感で、子ども連れでもハイキングが楽しめます。富士山が間近に感じられ、視界の良い晴れた日の眺めはまるで天空の公園にいるかのよう。四季折々の花や植物、迫力満点のローラーすべり台が迎えてくれます。
person icon

一重さん

小田原市の隣の二宮町は海が近く、湘南エリアの中でもとくにのんびりできる穴場。徒歩圏内にハイキングができる公園や、獲れたての魚が味わえるお店もあり、スローライフが満喫できます。小田原や伊豆に行く道中にでも、立ち寄る価値はありますよ!

キャンプの準備は、アウトドア専門店エルブレスへ

エルブレス トレッサ横浜店

トレッサ横浜
今回、南伊豆や小田原エリアのキャンプ情報について教えてくれたのは、アウトドア専門店「エルブレス トレッサ横浜店」のベテラン店員、一重さん。
トレッサ横浜
広々とした店内にはキャンプ用品はもちろん、ハイキングやトレッキングのアイテムが充実しており、シューズやウェアなどのアパレルラインも種類豊富に揃っています。
トレッサ横浜
都心部に所在しているものの無料の大型駐車場があり、大物やまとめ買いをする際は、ぜひ利用を! 【店舗情報】 エルブレス トレッサ横浜店 住所:神奈川県 横浜市 港北区 師岡町700番, トレッサ横浜 北棟2F 電話番号:045-533-5171 営業時間:10:00~21:00

キャンプはもちろんハイキング・トレッキング用品が充実!

エルブレス トレッサ横浜店を見る
 最終更新日: