キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

富士河口湖エリアに行くなら道の駅でブルーベリーを買うべし!子どもも喜ぶ3レシピを紹介

ご当地ひなたごはん

キャンプからの帰り道、道の駅でおみやげを物色するのも楽しいですよね。お昼や休憩に寄ったついでに、ご当地スイーツやスナックを見かけ、ついつい長居してしまった、なんてこともあるのでは。道の駅には、その土地の特産品が揃っており、野菜や果物などの直売所が併設されていることも。今回、河口湖畔の道の駅で手に入れた新鮮なブルーベリーを使い、3品にアレンジ。自宅でもキャンプ場でも簡単にできるのでぜひお試しください!

河口湖周辺でキャンプするなら「道の駅かつやま」へ

河口湖畔に一面の芝生公園!穴場の休憩スポット

ご当地ひなたごはん
河口湖の南西、青木ヶ原船津線(県道710号)沿いにある「道の駅かつやま」。周辺の道の駅「富士吉田」や「なるさわ」より比較的空いており、併設のレストランは週末のランチタイムでもそこまで混みません。ややコンパクトな規模ながら、特産品販売所が独立してあり、富士山周辺の地場食材が豊富にそろっています。
ご当地ひなたごはん
目の前には広大な芝生広場の小梅公園と、奥に河口湖が眺められます。河口湖畔を散歩できる1.6kmの遊歩道があり、ここから河口湖に映える夕日の美しさは絶景。ランチを済ませたあと、子どもと鬼ごっこをしたり、夕方までくつろぎたいスポットです。

河口湖町勝山で採れたブルーベリーを自宅用のおみやげに!

ご当地ひなたごはん
パパと子どもたちが公園で腹ごなしをしている間、ママは特産品売り場をぶらぶら。この周辺で栽培されたトマトやキュウリなどの夏野菜や桃、アイスプラント、ヒマラヤヒラタケ、黒ニンニクといった少し変わったものもありました。 今回、スーパーだと外国産の冷凍ものしかなかったり、旬の国産品があっても高額になるブルーベリーを購入。「ザ・定番」のジャム以外のアレンジメニューを作ってみました!

甘酸っぱいブルーベリーをおいしく食べる。アレンジ3メニュー

ホットケーキミックスで本格派!ブルーベリーとクリームチーズのパンケーキ

ご当地ひなたごはん
赤紫とクリームのマーブル模様の断面が食欲をそそる、ジューシーなパンケーキ。一口かじると、甘酸っぱいブルーベリーと濃厚なクリームチーズが混ざり合い、目がパチっと覚めるおいしさ!甘さが足りない人はメープルシロップをかけてめしあがれ。
  • 【材料】
  • ホットケーキミックス 200g
  • ブルーベリー 100g
  • プレーンヨーグルト 3/4カップ
  • クリームチーズ(キューブ状にカット) 80g(キリ4個分)
  • 卵 2個
【作り方】 ①ボールに卵、プレーンヨーグルトを入れてフォークなどで混ぜあわせる。ホットケーキミックスを加えてさらに混ぜ、半量(50g)のブルーベリーとクリームチーズを加える
ご当地ひなたごはん
牛乳の代わりにプレーンヨーグルトを使うと、しっとり感が増します
②あたためたフライパンに生地を流し入れ、生地の上に残りのブルーベリーをのせる。弱火で約5分焼き、ぷつぷつと小さな泡が出たら裏返す。弱火で約5分焼く
ご当地ひなたごはん
ブルーベリーを半量ずつ分けて入れると片面によらず、より美しい断面に

鮮やかな色味で見栄えもアップ。ブルーベリーマスタードソース

ご当地ひなたごはん
温めると甘さが増すブルーベリーと粒マスタードを合わせ、甘酸っぱいソースに。お好きなお肉や魚のソテーに添えれば、ワインに合う本格フレンチのような一皿に格上げ。 【材料】
  • ブルーベリー 50g
  • 粒マスタード 大さじ2
  • メープルシロップ 大さじ2
  • 塩 適量
【作り方】 (下準備)肉や魚などをニンニク1片とオリーブオイルでソテーし、フライパンから取り出す ①ブフライパンに残った汁にブルーベリー、メープルシロップ、粒マスタード入れて中火で2~3分煮詰める。味を見て塩で調整
ご当地ひなたごはん
肉や魚の焼き汁を活用!ブルーベリーはフォークなどでつぶし粒マスタードと混ぜ合わせながら煮詰めます

真夏にサッパリ!ゴクゴク飲めるブルーベリーのラッシー

ご当地ひなたごはん
【材料】 ブルーベリー 50g プレーンヨーグルト 150g 牛乳 50cc はちみつ 大さじ1
【作り方】 ブルーベリーをフォークでつぶす。プレーンヨーグルト、牛乳、はちみつをいれてフォークでぐるぐると混ぜ合わせる
ご当地ひなたごはん
自宅で作るときはミキサーやハンドブレンダーなどで攪拌すると楽チン。キャンプ場ではフォークでつぶせばあっという間に混ざります

レシピを考えてくれたのは、この人!

icon

坂下真希子

アフタヌーンティー・ティールームのお菓子やジャムなどの開発を担当。週末は山の家での二拠点生活。ライター・一田憲子さんのウェブサイト「外の音、内の香」で日々のレシピを連載中。著者に「パンによく合うかんたんサラダ弁当」(立東舎)。 リンネル YouTube Vlog「【日々の食卓】坂下真希子さん秋食材のデリ風作り置き編」など、ライフスタイル系メディアに多数出演実績あり。13歳息子と8歳娘、ファッションデザイナーの夫と4人家族。

インスタグラムはこちら Instagram@donuts1010

ご当地みやげでキャンプの余韻を味わおう

ご当地ひなたごはん
ご当地みやげを持ち帰れば、自宅でキャンプの余韻に浸れ、家族との思い出話に花が咲くことも。道の駅などに立ち寄り、ぜひ地場食材を手に入れてみてください!
 最終更新日:

あわせて読みたい記事