キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

シェラカップでラーメンを作れる?おすすめ10選紹介!

シェラカップにラーメンが盛られている様子

出典:PIXITA

登山やキャンプで活躍するシェラカップ。アウトドアでラーメンを作るのにも向いています!直火にかけられるので、クッカーとしてラーメンを作って、そのまま食器としても使えます。シェラカップを一つ持っておけば計量カップや食器、クッカーなどを用意しなくても大丈夫。今回はラーメンを作るのにおすすめのシェラカップ10選を紹介します!

ラーメンを作ってそのまま食べられるシェラカップの選び方

シェラカップにラーメンが盛られている様子

出典:PIXTA

ラーメンを作りたい方は以下の4点を基準にシェラカップを選んでみてください!
  • 大きめのサイズのものを選ぶ
  • 深底のものを選ぶ
  • メモリ付きのものを選ぶ
  • 直火OKのものを選ぶ
それぞれ解説していきます!

大きめのものを選ぶ

ラーメンは具材にプラスして、スープとなる水も必要になるので大きめのサイズを選ぶようにしましょう!目安としては容量400ml以上がおすすめ!400ml以上であればラーメンを作る際に具材やスープがこぼれにくく快適にラーメンを作れます。

深底のものを選ぶ

ラーメンを作る際は深底のシェラカップを選びましょう!浅底だと汁が沸騰した際にすぐこぼれてしまったり、ラーメンを食べる際にお箸でつかみにくくなります。なのでラーメンの作りやすさと食べやすさを考慮した深底のシェラカップがおすすめです!

メモリ付きのものを選ぶ

シェラカップに水を入れる際、メモリがあれば便利です。メモリがあれば水の量を間違いなく入れられ、おいしいラーメンを作れます。ラーメンをおいしく作るためにもシェラカップの内側にメモリが付いたものを選びましょう1

直火OKのものを選ぶ

シェラカップには直火にかけられるものと、かけられないものがあります。基本的にアウトドアブランドから販売されているシェラカップは直火にかけられます。ただし100均で販売されているものは素材が薄いので火にかけると変形したり亀裂が入ってしまうので直火では使えません。購入する時はパッケージ裏の直火についての注意事項を確認しましょう!

ラーメンも入る!丼ぶりとして使えるシェラカップ【600〜1,000ml】

ラーメンを入れるのに適したサイズが600〜1,000mlのシェラカップです。ここでは600〜1,000ml容量のおすすめシェラカップを紹介していきます!

コンパクトにラーメンを作れるシェラカップ【400〜600ml】

400〜600ml容量のシェラカップは600ml以上のシェラカップに比べてコンパクトなので、持ち運びに便利。「ソロキャンプや登山でラーメンを作りたい」方は400〜600mlのシェラカップがおすすめです!

キャンプにおすすめのインスタントラーメン

シェラカップでの調理と相性が良いのがリフィルタイプのラーメン。パッケージの中に空洞がないためコンパクトです。ここではそんなリフィルタイプのラーメンを紹介!

シェラカップでラーメンを作ってみよう!

今回はラーメンを作れるシェラカップを紹介しました!キャンプや登山シーンで食べるラーメンは格別です。ぜひシェラカップを使ってアウトドアでラーメンを作ってみてください! ▼もっとシェラカップについて詳しく知りたい方はこちらをチェック

今回紹介したアイテム

商品画像ユニフレーム UFシェラカップ 900キャプテンスタッグ ステンレス ビッグシェラカップ 1.0Lチャムス ブービーシェラカップ 630mlエバニュー チタンシェラカップ680mlタラスブルバ ステンレスビッグシェラカップ 1,000mlユニフレーム UFシェラカップ420 チタンロゴス シェラカップベルモント フカガタ480フォールド テンマクデザイン ステンレスシェラカップ深型500ファイヤーサイド コッパーシェラカップカップヌードル リフィルカップヌードルリフィル シーフードチキンラーメンリフィル
商品名ユニフレーム UFシェラカップ 900キャプテンスタッグ ステンレス ビッグシェラカップ 1.0Lチャムス ブービーシェラカップ 630mlエバニュー チタンシェラカップ680mlタラスブルバ ステンレスビッグシェラカップ 1,000mlユニフレーム UFシェラカップ420 チタンロゴス シェラカップベルモント フカガタ480フォールド テンマクデザイン ステンレスシェラカップ深型500ファイヤーサイド コッパーシェラカップカップヌードル リフィルカップヌードルリフィル シーフードチキンラーメンリフィル
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事