キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

【3,000円以内】ワークマンの子ども用レインジャケットの魅力に迫る!

ワークマンJUNIORのレインジャケット

ワークマンの子ども服ライン「ワークマンJUNIOR」から販売されているレインジャケットが高コスパで人気!今回は、リュックを背負ったまま着用できるバッグインスタイルジャケットと、汚れも落としやすいはっ水加工ジャケットをピックアップして紹介します。

バッグインジュニアレインジャケットの魅力を紹介

「バッグイン」という名前からして、使いやすそうなレインジャケット。バッグイン以外にも魅力がたくさんあります。まずは基本情報から紹介します。
【基本情報】
  • サイズ:120〜150cm
  • 素材:ポリエステル
  • 耐水圧:10,000mm
  • 透湿度:5,000g
  • カラー展開:5色
詳しくはこちら:ワークマン BAG in(バッグ イン)ジュニアレインジャケット

魅力(1)リュックを背負ったままでOK

こちらのレインジャケットの最大の魅力は、リュックやランドセルを背負ったまま着用できること。背面のファスナーを開けることで背面のマチが広がり、リュックをカバーできるほど大きさになります。ファスナーを閉じれば、通常のジャケットとしてもちろん使用可能。着脱も簡単で、リュックも濡れないので一石二鳥です。

魅力(2)機能性が抜群

機能性が高いため、普段使いからアウトドアまで幅広く使えます。ストレッチが効いた生地が使われているので、動きやすさが抜群。また、背面の裾部分はサイクルカットされ、フードには形状を維持するツバがついており、濡れにくい作りになっています。前と後ろの反射プリントは、暗い場所でも子どもたちの視認性を高めてくれるので安心です。

魅力(3)カラー展開が豊富

雨の日が楽しくなるような、カラフルな色使いも魅力の一つ。相性の良い2色のツートンカラー仕様なので、タウンユースにもおすすめです。また、大人用のバッグインレインジャケットも同様のデザインなので、おそろいコーデとして親子で楽しめます。 詳しくはこちら:ワークマン Bag in(バッグイン) レインジャケット

耐久はっ水ジュニアシェルジャケットの魅力を紹介

天気が変わりやすいこれからの季節に、濡れても汚れても大丈夫なアウターが一つあると便利です。子どもたちのアウトドアを充実させてくれるようなジャケットを紹介します。
【基本情報】
  • サイズ:120〜150cm
  • 素材:ポリエステル
  • カラー展開:5色
詳しくはこちら:ワークマン 耐久はっ水ジュニアシェルジャケット

魅力(1)濡れても汚れても大丈夫

三菱商事ファッション(株)が手がける、ディアマジックダイレクトという耐久はっ水機能に優れた生地を使用。はっ水機能があるので急に雨に降られても中の服がびしょ濡れになることを防いでくれます。また、汚れも落ちやすい加工なので、汚れを気にせずアウトドアを満喫しましょう!

魅力(2)軽く着心地が良い

軽量で柔らかい生地なので着心地も快適です。さらっと着用できるので、学校などの普段使いから、週末のキャンプやお出かけまで幅広く使えるのも魅力。普段から体を動かすことが好きな方には、特におすすめです!

魅力(3)うれしい便利な機能付き

こちらのジャケットは、UVカット加工されているので紫外線が強い外遊びにもおすすめ。また、抗菌防臭仕様なので、雨で濡れたり汗をかいても雑菌が繁殖しにくいです。洗濯機で洗えるのでお手入れも簡単。写真にもある左右についているポケットは、中の物を落としにくいファスナー付きです。

子ども用レインジャケットを買うならワークマン

ワークマンの子ども用のレインジャケットは、大人用レインジャケットにも遜色ないほど高機能。品質が高いにもかかわらず、リーズナブルな価格で購入できるのも大変魅力的です。親子でおそろいコーデもできるので、アウトドアの家族の時間もさらに充実するでしょう。子ども用のレインジャケットを買うならワークマンがおすすめです。
 最終更新日:

あわせて読みたい記事