キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

Orangeから家でも外でも使えるホーローダッチオーブンが新発売。洗剤で洗えてシーズニング不要!

ホーローダッチオーブン

「ダッチオーブンは欲しいけど、手入れが大変……」と思っている方に朗報です!アウトドアショップ「Orange(オレンジ)」(和歌山県かつらぎ町)から、手入れいらずの「MIKAN(ミカン)ホーローダッチオーブン」が新発売。ホーロー加工されているので、使い始めの面倒なシーズニング不要、使用後は洗剤で洗って自然乾燥でOKと、扱いが簡単。家でもキャンプでも使い勝手がよく、料理好きの強い味方となる最強のダッチオーブンです。

キャンプの定番調理器具といえばダッチオーブンだけど…

ダッチオーブンに入った肉料理
キャンプの定番調理器具といえばダッチオーブンを思い浮かべる人も多いでしょう。素材が持っている水分や油分だけで、煮る、焼く、炒める、茹でる、炊く、蒸す、揚げる…。何でもできる万能選手です。 そんな「魔法の鍋」ですが、鋳鉄製のものがほとんど。使い始めのシーズニング(油ならし)や使用後の手入れが必要で「扱いが大変」と購入に踏み切れない人も多くいます。 ▼おすすめのダッチオーブンを知りたい方はこちらの記事をチェック!

アウトドアショップ「オレンジ」が最強のダッチオーブンを開発!

アウトドアブランド「オレンジ」
ホーロー加工されたダッチオーブン
そんなユーザーの不安を解消するため、アウトドアショップ「オレンジ」がダッチオーブンをホーロー加工した「ミカン ホーローダッチオーブン」を開発。手軽に使えて、アウトドアでも自宅でも大活躍する最強の鍋が登場しました。

「最強の鍋」はここが違う!

ホーロー加工で手入れが簡単

水洗いできるダッチオーブン
鋳鉄製のダッチオーブンは、使い始める前にさび止めのワックスを取り除く「シーズニング」という作業が必要不可欠です。使用後も洗剤は使わずお湯のみで洗い、火にかけて乾かして仕上げに油を塗るなど、しっかりと手入れをしないとさびてしまいます。 ですが、「ミカン ホーローダッチオーブン」はこれらの手間を全てカット。使用後は洗剤で洗って自然乾燥でOK!料理を入れたまま置いておいても、簡単にはさびません。

アウトドアでもおうちでも使える

自宅でダッチオーブンを使う
ダッチオーブンに入った魚料理
IH(電磁調理器)にも対応しているので、家庭でも大活躍。厚みがしっかりある鍋は素材にゆっくりと熱が伝わるので、食材のうまみを存分に引き出せます。長時間の煮込み料理にもぴったり。
ダッチオーブンに炭を乗せて
ダッチオーブンでパンを焼く
もちろん、アウトドアでの活躍の幅は文句ナシ!鋳鉄製と同じように使用できるので、フタの上に炭を置いて上下から熱を加える事が可能。グラタンやピザなどの表面をカリカリに仕上げるのにも、オーブン感覚でパンを焼くのにも使えます。

キラリと光る細部へのこだわり

トライポッドに吊ったダッチオーブン
ダッチオーブンを運ぶ
付属の取っ手をつければ、トライポットにつるしながらの調理もできます。取っ手を持ってそのまま持ち運びもできるので、料理ができたら鍋ごとテーブルへ。食卓の主役になること間違いなし!
ダッチオーブンのフタ裏の細かい突起
フタのウラにある突起は、蒸気を上手く対流させるための細やかな気づかい。無水料理もグンとおいしくなります。アウトドアの定番料理であるカレーも、無水だとうまみやコクが段違いです。
ホーローダッチオーブンのカラー展開
カラー展開は、料理がさらにおいしく見える「レッド」、シックで手持ちの調理器具とも合わせやすい「ダークネイビー」「グレー」の3色。

クラウドファンディングサイトMakuakeで11/16(火)より販売スタート!

ダッチオーブンでショートパスタ
「ミカン ホーローダッチオーブン」は、クラウドファンディングサイトMakuakeで2021年11月16日(火)から販売開始。数量限定でお得な割引価格での販売も予定されています。少しでも気になるなら早めの購入申込みを!
ダッチオーブンで焼いたパンをいただく
おうちでもキャンプでも、料理のレベルを格段にアップさせてくれるダッチオーブン。お手入れの手間から解放されれば、棚で鍋を眠らせることなく毎日大活躍するはず!この機会に、今まで挑戦したことのないダッチオーブン料理、アウトドア料理で家族を驚かせてみてはいかがでしょうか? 【基本情報】 商品名:MIKAN(ミカン)ホーローダッチオーブン サイズ展開:内径25×深さ11.8cm カラー展開:レッド、ダークネイビー、グレー 重さ:約6kg 価格:17,800 円(Makuake超早割10%OFF価格) 購入はこちら:Makuake
 最終更新日:

あわせて読みたい記事