hinata

>

キャンプ用品

>

アウトドアブランド

>

【2021年度グッドデザイン賞】アウトドア界からの受賞アイテムは納得のアノ新作たち。ピックアップ

【2021年度グッドデザイン賞】アウトドア界からの受賞アイテムは納得のアノ新作たち。ピックアップ

キャンプ用品

グッドデザイン賞2021

優れたデザインの製品やサービスに贈られる「グッドデザイン賞」の2021年度の結果が発表されました。今回はスノーピークの「焚火台」が特別賞「グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」を受賞したほか、多数のアウトドアアイテムがグッドデザイン・ベスト100にランクイン。注目すべき受賞作を紹介していきます。

目 次

グッドデザイン・ロングライフデザイン賞:スノーピーク「焚火台」

スノーピーク 焚火台

出典: snow peak

「グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」は、長年にわたりスタンダードであり続けた力のあるデザインを称える賞。アウトドア分野では、スノーピークを代表するアイテム「焚火台」が受賞しました。

1996年に登場して以降、アウトドアに欠かせないアイテムとして、ファンから四半世紀にわたって愛され続けている「焚火台」。デザインの美しさはもちろん、世代を超えて使い続けられる頑丈さも魅力です。直火とは違う新たな文化として、焚き火台を使った焚き火スタイルを確立。焚き火をより身近にしたことも評価され、今回の受賞に至りました。

スノーピークは現在、本社と直営店・キャンプ場を併設した「ヘッドクォーターズ」(新潟県三条市)開業10周年を記念した特別バージョンの焚火台を発売中。こちらも合わせてチェックしてみてください。

HQ10周年記念焚火台の詳細はこちら:スノーピーク公式オンラインストア

グッドデザイン賞を受賞した、その他の注目のアイテムはこちら

2021年度のグッドデザイン賞は、5,835件のエントリーから1,608件が受賞。いずれも過去最多です。アウトドア界からも多数のアイテムが賞を獲得。デザインのみならず、機能性や使い勝手の良さ、製造工程、コストなど、多角的な視点で高い評価を得たアイテムばかりです。そんな受賞アイテムの中から、hinataの注目をピックアップして紹介します。

イワタニ「FORE WINDS(フォアウィンズ)シリーズ」

イワタニ FORE WINDS
「FORE WINDS(フォアウィンズ)」は、岩谷産業(イワタニ)が1995年から展開しているアウトドア用ガス器具シリーズ。2021年3月、「機能的で良質なデザイン」をコンセプトに掲げ、よりスマートで現代的なデザインに生まれ変わりました。

コンセプトに合わせた新ブランドロゴが映えるデザインはもちろん、ガス器具に求められる安全性や堅牢性を確保しながら、コンパクトさを実現し、多くの点でハイレベルなアイテムです。

詳細はこちら:FORE WINDS(イワタニ)

▼「フォアウィンズ」について紹介している記事はこちら

オルファワークスのアウトドアナイフ「SANGA(サンガ)」

オルファ アウトドアナイフ サンガ
カッターナイフメーカーのオルファが今年4月に発売したアウトドアナイフ 「SANGA)サンガ)」。刃物作りの技術やこだわりが凝縮した1本です。薪割りなど、アウトドアでのタフな使い方に耐えられるよう、刃と持ち手が1本でつながっているフルタング構造を採用しているほか、刃の厚みも3.2mmと厚めに設計。グリップ部分のつくりにはナイフメーカーとして培ってきた知識と経験が凝縮されており、日本人の手になじむ握りやすさとグリップ力、そして丈夫さが備わったアイテムです。

詳細はこちら:オルファワークス公式サイト

▼「アウトドアナイフ サンガ」についての記事はこちら

小沢製作所「MOSS FIRE(モスファイア)」

小沢製作所 MOSS FIRE
小沢製作所の「MOSS FIRE(モスファイア)」は、プレートをパズルのように組み立てるだけで完成する、利便性と手軽さ、携帯性に優れた焚き火台です。

最大の特徴は、使用するプレートの数により2通りの形状・サイズで使える点。プレート4枚を組み合わせれば高さのあるピラミッド型、5枚使えば低くて面積の広いフラワー型と、シーンによって使い分けできます。20~30秒で組み立てられる手軽さもポイント。プレートに空いている通気孔は、炎が美しく燃え上がるように配置され、細部までこだわりが詰まっています。

2021年11月オープン予定の小沢製作所の公式オンラインストア「OSS-STORE」で販売予定。

詳細はこちら:小沢製作所公式インスタグラム

あさひ「ログワゴン」

あさひ ログワゴン
自転車専門店を全国展開するあさひが2021年2月に発売した「ログワゴン」。たくさんのアウトドア用品を積載しながら快適に走行できる、キャンプ仕様の自転車です。フロントとリアのキャリアを広めに確保。フレームにも2カ所にホルダーを設置し、積載力を大幅に向上しています。

リアキャリアは、コンテナボックスを搭載できる大きさを確保。大量の荷物を積載しても安定して走行できるよう、重心が低めに設定されています。ブレーキはディスクブレーキ。タイヤもオフロード仕様で、制動性や快適性が高められています。

詳細はこちら:サイクルベースあさひ公式サイト

▼「ログワゴン」についてご紹介している記事はこちら

TSBBQ「TOJIRO×TSBBQ アウトドア包丁」

TOJIRO×TSBBQ アウトドア包丁
金属加工の街として有名な新潟県燕三条発のアウトドアブランド「TSBBQ」と、同じく燕三条を代表する包丁メーカー「藤次郎」の共同開発で生まれたのが「TOJIRO×TSBBQ アウトドア包丁」。熟練の職人による刃付けにより見事な切れ味が実現され、オールステンレスによる頑丈さも誇ります。

ハンドル部分の凹凸は燕三条の伝統的な工芸品である鎚起銅器(ついきどうき)がモチーフ。デザイン性の高さとグリップ力の向上が両方叶う設計です。「ユーティリティ包丁」「小出刃包丁」「パン切り包丁」の3本がリリースされ、料理スタイルに合わせて選べる楽しさもあります。

詳細はこちら:TSBBQ公式サイト

▼「TOJIRO×TSBBQ アウトドア包丁」について紹介している記事はこちら

そのほか多くのアウトドアアイテムがグッドデザイン賞を受賞!

テンマクデザイン「男前ファイアグリル」

 株式会社カンセキ 焚火台 男前ファイアグリル

出典: テンマクデザイン

焚き火だけでなく調理も簡単に行なえる、ソロキャンパー向けにデザインされた軽量な焚火台です。

詳細はこちら:テンマクデザイン公式サイト

テンマクデザイン「フラットスモーカー」

株式会社カンセキ フラットスモーカー

出典: テンマクデザイン

大きな食材から小さな食材まで、幅広く対応できる燻製器です。組み立てがワンタッチで簡単、収納がコンパクトなのもポイント。

詳細はこちら:テンマクデザイン公式サイト

スノーピーク「エクステンションIGT」

スノーピーク エクステンションIGT

出典: snow peak

オプションパーツを使ってカスタムが楽しめる、スノーピークのIGT(アイアングリルテーブル)シリーズ。こちらの「エクステンションIGT」は、天板を左右にスライドするとアイアンのフレームが出現し、IGTシリーズのユニット製品を設置できます。

詳細はこちら:スノーピーク公式オンランストア

スノーピーク「火焔ストーブ サカン」

スノーピーク 火焔ストーブ サカン

出典: snow peak

焚き火のように火をながめられ、調理もできるアルコールストーブ「火焔ストーブ サカン」。2021年に発売された新作ですが、定番品と並んでランクインしました。

詳細はこちら:スノーピーク公式オンラインストア

スノーピーク「グランベルク M/L」

スノーピーク シェルター  グランベルク M/L

出典: snow peak

グランピングのような広大な空間で過ごせる、大型のロッジ型ツールームシェルターです。

詳細はこちら:スノーピーク公式オンラインストア

Definitely「アルコールストーブ用五徳MEL」

来光工業 アルコールストーブ用五徳 MEL

出典: Definitely

工業用部品を製作する来光工業(愛知県春日井市)のオリジナルブランド「Definitely」の「MEL」。キャンプの際、アルコールストーブに装着することで、クッカーを安定的に設置できるようになる五徳です。トランギアやエスビットなど各社のアルコールストーブに対応。

詳細はこちら:Definitely公式ショップ

良質なデザインは機能性や使いやすさの証!

昨年度に続き、2021年も多くのアウトドアアイテムがグッドデザイン賞に選出されました。最近は大手ブランドだけではなく、新興ブランドも続々と良質なアイテムを生み出しており、既存のイメージを覆すデザインのアイテムが登場しています。良質なデザインは機能性や使いやすさの証。アウトドアアイテムを選ぶ際には、ぜひデザイン性にも着目してみてください。
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


関連するキーワード

アウトドアブランド

おすすめのキーワード