hinata

>

キャンプ用品

>

hinataストア

>

「飲みながら調理する」のが一番楽しい。酒好きキャンパーの必携ギア3種をこっそり教えます!!

「飲みながら調理する」のが一番楽しい。酒好きキャンパーの必携ギア3種をこっそり教えます!!

キャンプ用品

木の上に置いたメスティン専用ストーブ

キャンプでの一番の楽しみに「お酒」を挙げる人は多いはず。設営を終え、缶ビールを片手にひと休み…。そして飲みながら食事の準備を始め、料理ができあがるのをゆるゆる待つのも、キャンプならではの非日常感があって楽しいものです。しかし、やれ「冷めたから温めなおし」だ「土台が不安定で鍋から目が離せない」だと、調理にバタついてしまっては落ち着けません。まったりお酒を楽しみながら調理ができるおすすめアイテムを紹介します!

目 次

涼しい風を感じながら、お酒を片手に焚き火と料理を楽しむ10月

手作りソーセージとスキレット

出典: PIXTA

「外で飲むお酒」「外で食べるごはん」がおいしいというのは、全キャンパーの共通認識。暑すぎず寒すぎず、全国的に過ごしやすい気候の10月は外飲みが特にはかどります。カラッと晴れた空の下で、アツアツのつまみを冷えたビールで流し込むあの爽快感は、秋キャンプの醍醐味のひとつです。

今回はキャンプでの「お酒を飲みながらのごはん作り」にフォーカス。片手が缶ビールでふさがっていても(!?)調理が楽々できる、お酒好きが「ちょっと助かる」ギアを3点おすすめします。

「メスティン専用ストーブ」でメスティン調理の悩みを解決!

手軽さで人気のメスティンだけど、思わぬ欠点が…

M8ストーブ
今や100均でも販売されるほど、キャンプ・登山の万能調理器具として人気の高いアルミ製飯ごう「メスティン」。米と水を入れ、固形燃料に火をつければ、後は放置するだけでご飯が炊けるという手軽さが魅力です。炊飯以外にも、炒めものや蒸し料理、揚げものなど、さまざまな料理に使えるスグレモノ。おつまみ作りに活用するキャンパーも多くいます。
固形燃料とメスティン

出典: PIXTA

バーナーがなくても、固形燃料で手軽に加熱調理ができるメスティン。しかし、一般的な固形燃料用のストーブにのせるだけでは「安定感に欠ける」という欠点があります。

手が少しあたっただけでずれてしまったり、ストーブの上から落ちたりして、せっかくの料理が途中で台無しになってしまう…というトラブルが頻出。「手があたらないように注意していても、地面が平面でない河原などでは、メスティンが気づかないうちにずり落ちてしまう」という不満の声も、野山でメスティンを使う人を中心によくあがるものです。

固形燃料を使った時の不安定さを解消する「M8ストーブ」

M8ストーブ

OZOPS M8 ストーブ 3,300円(税込)

M8ストーブの分解図
そんな不満を解消するのが、アウトドアギアブランド「OZOPS(オズオプス)」から販売されている「M8ストーブ」。東京・八王子にある金属加工業者「小沢製作所」が手がけた、メスティン専用の折りたたみ式固形燃料用ストーブです。
M8ストーブ
従来の固形燃料用ストーブは単純にメスティンを上にのせるだけのものが主流でしたが、M8ストーブは3つの爪でメスティンを挟み込むようにロックする構造。それぞれにつながっている脚は可動式のため、凹凸のある地面の上でも水平を保てます。
メスティン調理の様子
メスティンの自重があるほうがロックの安定感が増すので、テーブルにお酒の缶を置く際、うっかり手が触れてしまっても、メスティンとその中身が簡単にひっくりかえることはありません。ちまちまといろいろなものをつまみたい晩酌時間は、食卓がごちゃつきがち。しかしM8ストーブがあれば、メスティンの様子をハラハラと気にすることなく、ゆったりとお酒を楽しむことが可能。

【基本情報】
商品名:M8 ストーブ
使用サイズ:約170×160×90mm
収納サイズ:約140×50×10mm
対応商品:
トランギア
メスティンスモール (ラージメスティンは非対応)、Milicamp
メスティン(Mr-250)、MilicampメスティンPro(Mr-250Pro)、Neelac
メスティン、Crystalmx
メスティン、山善キャンパーズコレクション
メスティン(Mess-1)、Sundry
アルミ飯ごう(86173)、Kvass
メスティン、キザキ 野営道具
メスティン-飯盒-(Ko-G006)
重さ:140g
価格:3,300円(税込)

落ち着いて「ほったらかし調理」ができる優秀ストーブ

hinataストアで見る

焚き火調理も温めなおしも自由自在!どんなギアにもフィットする万能五徳

サイズの合わない五徳を使っていると、ぐらぐらハラハラ落ち着かない

焚火台
せっかくキャンプに行くなら、スキレットやダッチオーブンを使って焚き火調理も楽しみたいところ。焚き火台に調理スペースを作るには五徳や焼き網が必要ですが、サイズの合わないものを適当にのせると安定せず、調理器具が落ちてしまう恐れがあります。

火のついた薪や高熱の鉄板が落ちると火傷の危険があるだけでなく、芝や木に引火して重大な火事につながる可能性も。

焚き火台・テーブルに合わせて伸縮できる「スライドゴトク」は縁の下の力持ち

ノリノリライフのスライドゴトク
「日常生活をラクに楽しく」をコンセプトに生まれたブランド「ノリノリライフ」。同ブランドはキャンプをワクワクさせるようなスチールギアを多数販売していますが、そのなかのひとつ「スライドゴトク」は、つねに熱々のおつまみを楽しみたいキャンパーにぜひ使ってもらいたい一品。

その名のとおり、本体をスライドさせることで横幅を調整できるので、あらゆるサイズの焚き火台にフィットします。
スキレット
焚き火台だけでなく、ガスバーナーと組み合わせて使うのもおすすめ。一般的なシングルバーナーでは耐荷重やロストルのサイズの関係で、鍋やスキレットなどの大きく重い調理器具は使えません。しかし、脚の付いたスライドゴトクを使えばバーナーでも調理が可能。

チェアに座ったままおつまみを作り、飲んでいいるうちに冷めてしまっても、その場でサッと温め直せます。調理台と食卓を行ったり来たりしなくていいので楽ちんです。
スライドゴトク

[手前]ノリノリライフ スライドゴトク 15フット 10,980円(税込)、[奥]ノリノリライフ スライドゴトク 20フット 11,250円(税込)

脚の長さは15cmと20cmの2タイプで展開。自分のスタイルに合わせて、よりフィットするほうを選べます。

【基本情報】
商品名:ノリノリライフ スライドゴトク
使用サイズ(最大スライド時):
[15フット]580×150×160mm
[20フット]580×150×210mm
収納サイズ:30×15×3cm
耐荷重:15kg
材質:本体・脚部:ステンレス(SUS304)
重さ:
[15フット]1.5kg
[20フット]1.6kg
価格:
[15フット]10,980円(税込)
[20フット]11,250円(税込)

テーブルの上で使っても作業しやすい「15フット」

hinataストアで見る

高さのあるバーナーで使うなら「20フット」

hinataストアで見る

「飲んでた缶、どこに置いたっけ?」をなくすカンクージー

作業のたびに、どこかに置いたお酒をキョロキョロ

キャンプ料理とビール

出典: PIXTA

当たり前ですが、調理中、つねにお酒の缶を手に持っているわけにはいきません。何か作業をする際は調理台やラックなどに置くわけですが、いざ作業が終わってドリンクを飲もうとしたら「あれ、自分の缶どこに置いたっけ…」と見失ってしまった経験はありませんか?

大体の場合はすぐに見つかりますが、グループキャンプの場合は他の人の飲み物と区別がつかなくて困ってしまうケースもあります。

フェスやキャンプで大人気。コブマスターの「カンクージー コインケース」

コブマスター
イギリス生まれで現在は日本を拠点にするアウトドアブランド「コブマスター」が販売しているのは、手のひらサイズの小さなポーチ「カンクージー コインケース」。缶ビールを入れて首にかけておけるので、キャンプ中に自分の飲み物を見失わずに済みます。
コブマスター
350ml缶の頭がちょっと出るぐらいのサイズ感で、着用するとこんな感じ。缶を胸元に固定しておけるので中身がこぼれません。こうして身に着けておけば、ドリンクを持ったまま調理ができてスムーズです。
コブマスター

コブマスター カンクージー コインケース 各3,080円(税込)

コブマスター
「カンクージー コインケース」の名前のとおり、お酒の缶を入れる以外にコインケースとしても使えます。これはデザイナーの斉藤正彦さんが大のフェス好きだったことから生まれたアイデア。「飲み終わったカップを戻しがてら、コインケースのお金で2杯目を購入できるので、フェスでの使い勝手が良いんです」(斉藤さん)。

キャンプ場でちょっと売店に行く際、ポケットのないスカートなどを着ているといちいち財布を持っていくのが面倒。しかし、カンクージー コインケースを持っておくと手ぶらで歩けるので便利です。

【基本情報】
商品名:コブマスター カンクージー コインケース
サイズ:135×90mm
カラー展開:ブラック、ネイビー、ベージュ
素材:ナイロン100%
価格:3,080円(税込)

フェスにキャンプに大活躍のカンクージー

hinataストアで見る

道具をうまく使って、自分のペースでキャンプを楽しもう

hinataの公式オンラインショップ「hinataストア」では、アウトドア好きなスタッフがセレクトしたおしゃれで実用的なアウトドアギアを販売中。ここで紹介した以外にもたくさんのアイテムがそろっているので、ぜひチェックしてみてください!

詳細はこちら:hinataストア
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事