hinata

>

キャンプ用品

>

収納・持ち運びグッズ

>

一石二鳥どころじゃない!テーブル一体型の大容量収納ボックス「ジェイソンボックス」が気になる

一石二鳥どころじゃない!テーブル一体型の大容量収納ボックス「ジェイソンボックス」が気になる

キャンプ用品

展開した収納ボックス&テーブル「JASON BOX」

出典:Makuake

ツールボックスとテーブルが一体になった「JASON BOX(ジェイソンボックス)」がクラウドファンディングサイトMakuakeに登場。細々としたギアをひとまとめにできる55Lの大容量のボックスが、わずか1分でテーブルに早変わり。タイヤとハンドルがついているので、持ち運び時はキャリーケースのように転がせるスグレモノです。食卓にもキッチン台にもなる多機能ボックスの魅力を探ります。

目 次

アウトドアのあらゆるシーンに寄り添うマルチボックス

JASON BOXの上のコンロ

出典:Makuake

決して目立つ存在ではありませんが、「ちょうどいい」収納ボックスとテーブルは、キャンプサイトの充実のために欠かせないアイテムです。

キッチングッズやランタンなどの細々したギアをボックスに収納しておけば、設営、撤収の際の荷物の積み下ろしが格段に楽になります。さらに、用途ごとに道具を整理してしまっておけるので、いざ使おうと思った時に目当てのギアが見つからず「もしかして忘れ物…!?」と慌てる心配もありません。しかし、便利だからと中身をあれこれ詰め込みすぎると、重くて運べないといったデメリットも。

一方、テーブルは、食卓となるメインテーブルのほか、キッチンの作業台や小物を載せるサイドテーブルもあると、快適さが段違い。キャンプには何種類か持っていくのが安心ですが、積載で場所をとったり、アイテム数が増えるぶん、設営に時間がかかってしまう懸念もあります。

「テーブル付きの収納」にも「収納付きのテーブル」にも

あっという間に快適スペースが完成

JASON BOXの展開図

出典:Makuake

クラウドファンディングサイトMakuakeで注目が集まっているのは、容量55Lの収納ボックスとテーブルが一体になった「ジェイソンボックス」。ラインナップのなかで最も多機能な「ジェイソンボックス プロ プラス」は、ボックスのふたを開けて脚を取り付け、天板を広げるだけで、段違いのテーブルが完成します。

もちろんボックスの中身は入れたままでOK。ボックスとテーブルをそれぞれ持っていくより、積載スペースも設営時間も節約できる便利なアイテムです。

ハンドル付きで移動が楽ちん!

キャリーで運べる収納ボックス

出典:Makuake

そしてなによりうれしいのが、キャリーボックスのように転がして運べる機能。たとえば、なにかと増えがちなキッチンまわりのグッズ。かさばるうえに、調理器具などは意外と重量があるので、全てをひとまとめにしようとすると、重くて運ぶのに苦労します。

しかし、「ジェイソンボックス プロ プラス」ならそんな心配も無用。引き出し式のハンドルとホイールが付いているので、キャリーケースと同じ要領でゴロゴロと転がして運べます。力ずくで持ち上げなくていいので、特に女性にうれしい仕様です。
車に積んだ収納ボックス

出典:Makuake

コンパクトかつ大容量、積載と移動を楽にする「ジェイソンボックス」。ファミリーキャンプのキッチンスペースとして、ソロ・デュオキャンプではメインテーブル&キッチン台として、あらゆるシーンで大活躍しそうです。

「キッチンまわりはこれから」そんな初心者キャンパーにおすすめ

ラックに調理台…。あれこれ買いそろえなくて済む

収納ボックスを展開してテーブルに

出典:Makuake

キャンプ初心者にとって、ついつい後回しになりがちなのがキッチンまわりの装備です。「テントなど最低限必要なギアはそろえたものの、キッチンまわりはこれから整える」という人にこそおすすめ。「ジェイソンボックス プラス プロ」の天板は、竹とアルミ、2種類の素材が使われています。食材や飲み物を置く時は水に強い竹部分に、コンロやバーナーはアルミ部分に置くなど、用途によって使い分けるのも便利です。

設営時間が短縮できる!

JASON BOXのウリ

出典:Makuake

設営時間の短縮は、ファミリーキャンパーにとっては必須項目。テントやタープを張り、テーブルやチェアを組み立て、一息ついたら次はキッチンスペースと準備しているうちに、子どもが飽きてしまうことはよくあること。

「ジェイソンボックス プラス プロ」は、ふたをあけて組み立てるだけなので、設営時間が大幅に減ります。

サイト内を行ったり来たりしなくていい

ターフの下の収納ボックス

出典:Makuake

キャンプサイトは快適に動ける導線作りが大切です。でも配置が難しくて、何か小物が必要になるたびに、テーブルと収納ラックを行ったり来たり…というのはよくあるパターン。一体型ボックスであればそんな心配も不要です。

テーブルと収納を別々に配置するより省スペースで済むので、コンパクトに済ませたい雨キャンプの際にも活躍。

ロースタイルにちょうどいい高さ

ロースタイルに合ったテーブル

出典:Makuake

地面から天板までは53cmと、ロースタイルのチェアにぴったりの高さ。メインテーブルの近くに置けば、調理をする際に「自分だけ離れたキッチンに立ちっぱなし」という悲しい状況も回避できます。家族や仲間と談笑しながら作業するのにも最適なアイテムです。

応援購入はクラウドファンディングサイト「Makuake」から

JASON BOXの商品展開

出典:Makuake

Makuakeでは、天板がそのままふたになる「標準タイプ」と、折り畳みテーブルがついた「プラスタイプ」、それぞれハンドルとホイールあり、なしの計4種類がラインナップ。応援購入は2021年11月29日まで。配送予定は2022年の2月中旬〜3月末を予定しています。
JASON BOX仕様

出典:Makuake

【基本情報】
収納サイズ:
標準タイプ 54.5×36.5×54.5cm
標準タイプ プロ 54.5×36.5×55cm
プラスタイプ 54.5×36.5×41.5cm
プラスタイプ プロ 54.5×36.5×42cm

価格:標準タイプ26,250円(税込)〜

「ジェイソンボックス」があれば、設営や積載が格段に楽になります。少し凝った料理に挑戦してみたり、コーヒーやお茶にこだわったりと、キャンプやアウトドアでの楽しみの幅が一気に広がるはず。

ジェイソンボックスの詳細はこちら:Makuakeを見る
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事



おすすめのキーワード