hinata

>

ライフスタイル

>

キャンプ初心者

>

犬連れキャンパーに聞いたデビューのコツ!愛犬と自然の時間を共有できるギア&キャンプ場を大公開!

犬連れキャンパーに聞いたデビューのコツ!愛犬と自然の時間を共有できるギア&キャンプ場を大公開!

ライフスタイル

PR

キャンプを楽しむ犬

出典:Instagram(@55_charo_tan)

愛犬がキャンプ場で感じる自然の音や匂いは、ずっと続く楽しい散歩の時間─。アウトドアメディアのhinataが、犬とのお出かけメディア「おでかけわんこ部」とコラボ。同メディアのサポートメンバーである犬連れキャンプの達人に、キャンプを楽しむコツやギア、実際に行ったことのあるおすすめのキャンプ場を聞きました!

目 次

おでかけわんこ部に「わんこ×キャンプ」のコツを取材

キャンプ場でくつろぐ犬
犬とのおでかけ情報に特化したメディア「おでかけわんこ部」。

「きみのワクワクはわたしのHappy」というコンセプトのもと、愛犬と一緒に行けるカフェや宿などのおでかけスポットを全国の飼い主さんからの情報を元にwebサイト及びInstagramで毎日発信しています。

同メディアには、わんこに関する特別な資格や体験を保有する「特別部員」というサポートメンバーがいます。愛犬チャロちゃんと一緒にキャンプを楽しんでいるマキコさんもその一人。

そこで、愛犬とのキャンプを始めたきっかけや魅力、おすすめのキャンプ場についてインタビュー。これから犬とのキャンプを始めたい飼い主さん向けての注意点やアドバイスもいただきました!
マキコさん

チワペキ、チャロちゃんの飼い主さん

マキコさん

おでかけわんこ部で、愛犬とキャンプに関する情報を担当!

メディアについてもっと知りたい!

おでかけわんこ部を見る

キャンプのきっかけはグランピング

キャンプのわんこ
おでかけわんこ部編集長

おでかけわんこ部編集長

キャンプ歴や好きになったきっかけを聞かせて欲しいです!
マキコさん

マキコさん

キャンプは2018年からです。私はメディカルライターで、取材のために全国を飛び回っています。時間があればその土地のおいしいものを食べたり、ちょっと観光したりして帰ってくることも。そんな生活を続けていたら、ホテルや普通の旅行に飽きてしまい…。そんなとき、友達と何気なく行ったグランピングで、アウトドアの楽しさに気づきました。
おでかけわんこ部編集長

おでかけわんこ部編集長

アウトドアのどんなところに魅力を感じられましたか?
マキコさん

マキコさん

自然と触れ合いながら、不便を楽しむ。なんて新しい体験なんだろう!と思いました。そこからは色々勉強しながら、自分の納得できるギアをそろえて、月に一度はキャンプに行っています。

「ずっと続く散歩の時間がキャンプ」

くつろぐ犬

出典:Instagram(@55_charo_tan)

マキコさん

マキコさん

何より嬉しいのが、愛犬を連れて行けるキャンプ場が多いことです。そしてホテル泊より全然安く済みます。我が家のテントは快適すぎて、移動できる別荘のようです。愛犬のチャロちゃんも赤ちゃんのときからキャンプに行っているので、もう立派なキャンパーですよ。
おでかけわんこ部編集長

おでかけわんこ部編集長

マキコさんのInstagramをみていると愛犬チャロちゃんと一緒にキャンプを楽しむ素敵な写真がいっぱい!!憧れます!

愛犬とのキャンプの醍醐味

焚き火を前にするチャロちゃん
おでかけわんこ部編集長

おでかけわんこ部編集長

これからデビューをしたいと考えている人に向けて、愛犬と一緒にキャンプをする醍醐味や魅力をお伝えください。
マキコさん

マキコさん

わんこにとっては、キャンプ中はずっとお散歩が続いているようなものです。好きな時に駆け回って、鳥の声や自然の音を聴いて、とても刺激的なんだと思います。

愛犬チャロちゃんにも変化が!

食事を前にするチャロちゃん
マキコさん

マキコさん

そのおかげか、チャロちゃんはカラダが小さいのに、多少のことでは驚かない、勇敢な子に育ちました。飼い主夫婦は仕事が忙しく、チャロちゃんは1人でお留守番していることが多いので、月一回のキャンプで思いっきり遊んで、おいしいお肉を食べて、ストレス発散もできるのかなと思います。

愛犬とのキャンプで気をつけること

愛犬とのキャンプで注意している点は?

寝るチャロちゃん
おでかけわんこ部編集長

おでかけわんこ部編集長

愛犬と一緒にキャンプをする際に注意している点はありますか?
マキコさん

マキコさん

ノミ、マダニ、フィラリア対策は必須です。お薬はもちろん、トリミングの際には地面に長い毛が付かないように、汚れても手入れしやすいようにしっかり刈ってもらいます。そして蚊取り線香を炊いたり、防蚊加工のウェアを着せたりしています。

ワクチン接種について

くつろぐチャロちゃん
マキコさん

マキコさん

屋外でのキャンプは楽しい反面、虫や感染症のリスクもつきものです。キャンプを安心して楽しみたいのであればワクチンも6種ではなく8種の混合ワクチンがおすすめです。
おでかけわんこ部編集長

おでかけわんこ部編集長

特に、レプトスピラ感染症は、主に山の野ネズミから感染しますが6種類以下のワクチンには入っていませんね。ただワクチンアレルギーをおこしやすいため、接種する際は獣医師さんに相談するようにしましょう。

寒さや暑さ対策は?

おでかけわんこ部編集長

おでかけわんこ部編集長

チャロちゃんは冬にもキャンプに行っていますが、寒さ対策はどうしているのでしょうか。
マキコさん

マキコさん

キャンプ場は山にあり、夜は凍えるほど寒いので、石油ストーブ+湯たんぽ、フリースやボアのウェアとブランケットでチャロちゃんを寒さから守っています。我が家はこの装備で真冬もキャンプしています。

夏はコテージ!

チャロちゃん
おでかけわんこ部編集長

おでかけわんこ部編集長

逆に、暑さ対策はどうしているのでしょうか。
マキコさん

マキコさん

寒さはどうにかなるのですが、猛暑はどうしようもないので、我が家は夏にテントでのキャンプはしません。冷房つきのコテージ一択です。チャロちゃんが熱中症になったら大変ですからね。

当たり前のマナーももちろん大切に

チャロちゃん
マキコさん

マキコさん

キャンプ中、リードは必ずつけておきましょう。山で迷子になったり、他のキャンパーさんのご迷惑になってしまいます。キャンプ場によっては「ドッグフリーサイト」という、わんこがノーリードで自由に遊べるように柵で囲まれたサイトを用意しているところもありますので、ぜひ探してみてください。
おでかけわんこ部編集長

おでかけわんこ部編集長

安全に、そして周りも一緒に快適に楽しむために、犬連れとしての当たり前のマナーは守りたいですね。リードのほかにも、無駄吠えや排泄物の処理も気をつけたいところです。

アウトドア向けの愛犬ギアも充実!

近年のアウトドア人気の高まりで、犬のギアも充実。マキコさんに、チャロちゃんが愛用しているアイテムも紹介してもらいました。

犬だってくつろぐ場所がほしい

ドックコットに寝る犬

▲コットでくつろぐチャロちゃん

安心のスノピ品質

アウトドアでは避けられない雨

テントの設営中の落ち着ける場所

ソフトゲージ

▲ソフトゲージで落ち着くおでかけわんこ部スタッフわんこのきなこちゃん

キャンプサイトがドッグランになる幻のアイテムとは!?

ドッグラン
スノーピークが簡易ドッグランになる柵を販売していたのですが、現在は販売されていないらしく、チャロちゃんの飼い主さんは「再販されたら買いたい!」とのことでした。

チャロちゃんが選ぶおすすめキャンプ場3選!

次に、マキコさんのお気に入りのキャンプ場を3カ所を聞きました。おすすめのポイントや実際の写真もたくさん。ドッグフリーサイト、ドッグランなど、わんこホスピタリティが高いキャンプ場を厳選しています。

DOGDEPT GARDEN CAMP 安房白浜【千葉県南房総市】

安房白浜
【おすすめポイント】
・景観が最高
 南房総の綺麗な海と砂浜が目の前でわんこと遊ぶのにうってつけ。夕陽の綺麗さは格別
・わんこファーストの設備
・管理人さんが常に犬連れキャンパーの意見を聞き、キャンプ場を進化させている
安房白浜
詳細はこちら:DOGDEPT GARDEN CAMP 安房白浜

つくば犬たちの森ドッグラン・キャンプ場【茨城県かすみがうら市】

つくば犬たちの森
【おすすめポイント】
・広いドッグフリーサイトで、電源、水道あり
・関東でも最大級と言っていいほど広大な芝生フカフカのドッグランがあり、わんこを思いっきり遊ばせることができる
・わんこ愛にあふれたオーナーさんファミリーに癒される
・カフェ併設で軽食やケーキも食べられる
つくば犬たちの森
つくばの森
詳細はこちら:つくば犬たちの森ドッグラン・キャンプ場

白馬森のわさび農園オートキャンプ場【長野県白馬村】

わさび農園オートキャンプ場
【おすすめポイント】
・関東でわんこを連れての夏キャンプは熱中症の危険があるが、白馬は夏も平均気温が22度!快適に過ごせる
・広いドッグフリーサイトでフカフカのウッドチップが敷いてあり、わんこもテントも汚れにくい
・場内で栽培している陸わさびが絶品。キャンプ飯に使える(我が家は信州牛のローストビーフをわさび醤油で食べました)
白馬森のわさび農園オートキャンプ場
詳細はこちら:白馬森のわさび農園オートキャンプ場

愛犬とキャンプを始めたい方にメッセージ

最後に、マキコさんから「これから愛犬とキャンプを始めたい!」という飼い主さんに向けてメッセージをいただきました!

マキコさん

マキコさん

キャンプでいつもと違う環境に行くことで、わんこの新たな一面に出会え、お互いの信頼関係をさらに深められます。草原や山道を気の向くままに思いっ切り走り回る姿は、普段のお散歩では見られない貴重なシーン。安全面の知識やマナーを身につけておけば、わんことのキャンプはかけがえのない思い出になります。ぜひ、チャレンジしてみてください!

おでかけわんこ部では愛犬とのキャンプ情報も発信中!

おでかけワンコ部
おでかけわんこ部ではカフェや宿の情報に加えて、愛犬と一緒に行けるキャンプ情やアウトドア情報もウェブサイトやInstagramで発信していきます。

愛犬と一緒に行けるキャンプ場が探せるサービスを開始

おでかけわんこ部の詳細
おでかけわんこ部のウェブサイトの中にある「おでかけレポート」。これは全国の飼い主さまから情報提供されたカフェ・宿へのおでかけ写真や感想を、都道府県ごとに探せるサービスです。ここに2021年6月から「キャンプ場」が追加されました。

ドッグランはあるのか?ペットの足洗い場はあるのか?地面は?などの情報がわかるようにして、キャンプ場の「わんこホスピタリティ」度合いがわかるようにしています。
おでかけワンコ部編集長

おでかけワンコ部編集長

「愛犬とキャンプに行きたいけれど情報が少ない」という声を受けてキャンプ場のおでかけレポートも追加しました。6月にリリースされたばかりで、情報を募集中。ぜひ愛犬と一緒に行ったキャンプ場の情報をご提供ください!愛犬の写真がウェブサイトやInstagramで紹介されるかも!?

犬とのおでかけについて知りたい

おでかけわんこ部を見る

Instagramはこちら!

公式アカウントはこちら

キャンプは最上級のワクワク

新しい景色やにおいに出会うと、目をキラキラさせている愛犬の顔をみているだけで飼い主は幸せになるもの。自然の中でのキャンプはわんこにとって最上級のワクワクです。鳥の声を聞いたり、草木の香りを嗅いだり。本能を呼び覚ます体験は犬にとっても、刺激的な非日常の体験になるはずです。自然の時間を一緒に共有することで、家族として信頼関係をより強くしてみてはいかがでしょうか。
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

関連するキーワード

キャンプ場 キャンプ初心者

おすすめのキーワード