【春一番の新作シューズ特集】スッキリ軽量派?ゴツめ派?タイプ別新作カタログ!

ファッション

シューズの集合写真

この春も注目のアウトドアシューズが続々登場しています。丈夫さに優れたマウンテンブーツのようなごつめのデザインから、トレイルランニング向きの軽量シューズまで、それぞれ長所も違えば風貌も様々。タイプ別に新作シューズを紹介するので、好みの一足を見つけ出してみてください!


 目次


超軽量シューズvsタフなどっしりシューズ、同じブランドでもこんなに違う!

【Teva(テバ)】リッジビュー ミッド/ゲートウェイ スウィフト

てばのシューズ
【写真左】リッジビュー ミッド
防水メンブレン素材と防水レザーを使用した本格トレッキングシューズ。雨などどんな天候でも対応できるので、天候の変わりやすい山の中でも安心して使えます。フッドベッドには反発性の高いポリウレタン素材が使われ、足への衝撃を緩和。抗菌加工が施されているので、いやなニオイも抑えてくれます。
【基本情報】
サイズ:
[ウィメンズ]22.0〜26.0cm
[メンズ]25.0〜30.0cm
価格:19,800円(税別)

【写真右】ゲートウェイ スウィフト
アッパーに軽量で通気性の高いメッシュ素材を採用。クッション性の高い安定した履き心地を確保しながら、長時間履いても疲れにくい軽量モデルです。シューレースはワンタッチでロックが外せ、着脱が簡単な点も魅力。こちらのモデルも「リッジビュー」と同様、抗菌加工が施されています。
【基本情報】
サイズ:
[ウィメンズ]22.0〜26.0cm
[メンズ]25.0〜30.0cm
価格:11,800円(税別)

【Teva(テバ)】グランドビューGTX

てばのハイクシューズ
「グランドビューGTX」は見た目のゴツさに反して、履いてみると思った以上に軽量なのが魅力です。耐久性に優れた防水レザーと、ゴアテックスを使用した防水メンブレンが悪天候でも足をドライなままキープ。テバ史上最も頑丈な一足です。トウ部分の幅が広めに設計されているので、シューズの中でつま先が圧迫されず、まるでサンダルを履いているかのようなストレスフリーな履き心地がやみつきになります。

【基本情報】
サイズ:25.0〜30.0cm
価格:23,000円(税別)

公式サイトはこちら:Teva/デッカーズジャパン

【Salomon(サロモン)】アウトライン プリズム ゴアテックス/エックス ウルトラ 4 ゴアテックス

サロモンの新作シューズ2点
【写真左】アウトライン プリズム ゴアテックス
アッパーに縫い目のない「シームレス構造」を採用しており、スッキリしたデザインとフィット感が抜群です。極限まで無駄を省いたミニマルな作りにしたことで、27cmサイズで片足310gという驚きの軽さを実現。粘着力をつけたソールが濡れた地面でも優れたグリップ力を発揮します。
【基本情報】
サイズ:
[ウィメンズ]22.0〜25.0cm
[メンズ]25.0〜28.5cm
価格:13,000円(税別)

【写真右】エックス ウルトラ 4 ゴアテックス
ハイキングで起こるケガは約8割が足首の捻挫とされています。「エックス ウルトラ 4 ゴアテックス」は独自の構造で足首の関節をしっかり支え、履いているだけでケガの可能性を抑えてくれます。足全体の可動性は損ねないよう設計されているので、歩きづらさとも無縁。特殊なスリッポン形状で、足場の不安定なトレイルでも軽快に動くことができます。
【基本情報】
サイズ:
[ウィメンズ]22.0〜25.0cm
[メンズ]25.0〜28.5cm
価格:17,000円(税別)

公式サイトはこちら:サロモン/アメア スポーツ ジャパン

【Hi-TEC(ハイテック)】アマクロ 3レイヤー オックス/イーストエンド イージー WP

ハイテックのシューズ2足
【写真左】アマクロ 3レイヤー オックス
コットンライクな見た目のナイロン生地と、特殊ポリウレタンフィルム「サイトス」をラミネートした3層素材をアッパーに採用。水は通さず足の湿気を放出する、雨の日にうれしい高スペックレインシューズです。泥水が染みないので、ホワイトでも汚れにくいのも魅力のひとつ。
【基本情報】
サイズ:22.5〜28.0cm、29.0cm
価格:8,500円(税別)

【写真右】イーストエンド イージー WP
オフロードからストリートまで、幅広い路面に対応できるハイキングスニーカー。ワンタッチでシューレースを緩められるので着脱が簡単です。ブランド独自の透湿防水メンブレン「ドライハイストーム」を採用した高機能な一足。90年代風のボリュームソールはファッションシーンでも注目のデザインです。
【基本情報】
サイズ:23.0〜28.0、29.0cm
価格:7,900円(税別)

公式サイトはこちら:Hi-TEC

【KEEN(キーン)】リッジ フレックス ミッド ウォータープルーフ

キーンのシューズ
ミリタリーブーツとキーンの技術を組み合わせた、ハイスペックなトレッキングブーツ。ブランド内でも指折りの頑丈さを持ちながら、甲の屈曲性も抜群で、足の動きに合わせて柔らかくフィットしてくれます。アッパーには特殊加工の防水レザーと軽量で通気性に優れたパフォーマンスメッシュを採用。長い時間履いてもシューズ内の蒸れを防ぎます。
【基本情報】
サイズ:
[ウィメンズ]22.0〜25.0cm
[メンズ]25.0〜29.0、30.0cm
価格:20,000円(税別)

【KEEN(キーン)】テンポ フレックス ミッド ウォータープルーフ

キーンのシューズ
防水性はもちろん、丈夫さと通気性のバランスがとれた、パフォーマンス リップストップメッシュアッパーを採用。軽量で女性でも疲れにくいのがうれしいです。履き口の足当たりを和らげるパッド入りのシュータンと、クッション性・サポート性に優れたフッドベッドが、一日中快適な履き心地を実現。アクセントになるカラーもかわいいです。

【基本情報】
サイズ:
[ウィメンズ]22.5〜26.0cm
[メンズ]25.0〜29.0、30.0cm
価格:15,500円(税別)

公式サイトはこちら:キーン・ジャパン

アウトドアシューズの第3勢力?「ボリュームソール」が気になる

ボリュームソールスニーカー
【写真左】AIGLE(エーグル) グイノ W メッシュ
ビビッドな配色が目を引くボリュームタイプのスニーカー。アウトソールにはヴィブラムソールを採用し、悪路でも安定したグリップ力です。ヒールを囲むようなシューレースなど、アッパーのデザインは補強を兼ねた機能的なディテールが光ります。ゴアテックスを使用しており、防水性にも優れた一足。
【基本情報】
サイズ:23.0〜24.5cm
価格:25,000円
公式サイトはこちら:エーグル

【写真中央】asics(アシックス) ゲルナンディ
2000年に登場した傑作トレイルシューズを、今のファッションシーンに合うデザイン・カラーで復刻した大人気の「GELーNANDI(ゲルナンディ)」。3月発売の新色は、ユニセックスで使いやすいオールベージュです。復刻とは言え、トレイルシューズとしての機能性はオリジナルに負けません。多層構造のアッパーは耐久性に優れ、アウトドアで酷使してもへたりません。
【基本情報】
サイズ:23.5〜31.0cm
価格:5,000円(税別)
公式サイトはこちら:アシックスジャパン

【写真右】HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ) ボンダイ7
ボリューミーな野暮ったいシルエットの通称「ダッドシューズ」人気に火をつけた、ホカ オネオネの定番モデル新色。クッション性が高く、かかとの狭い人をはじめ様々な足型にフィット。足首を包み込むような履き心地は、一度履いたらやみつきになります。
【基本情報】
サイズ:
[ウィメンズ]22.0〜25.0cm
[メンズ]25.0〜30.0cm
価格:21,000円(税別)
公式サイトはこちら:ホカ オネオネ/デッカーズジャパン

その他注目の2021年新作シューズはこちら!

【Jack Wolfskin(ジャック・ウルフスキン)】ワイルダーネス ライト テキサポール ミッド

ジャック・ウルフスキンのシューズ
防水透湿素材「テキサポール O2+」を使用したオールウェザートレッキングシューズ。ミッドカットが足首をしっかり支え、指先は広めの作りで安定感も抜群です。生地の合わせ目部分にはシーリング加工を施し、シーム(縫い目)からの水分の侵入を防ぎます。軽量なので歩きやすさもひとしお。

【基本情報】
サイズ:25.0〜28.0cm
価格:28,000円(税別)
公式サイトはこちら:ジャック・ウルフスキン

【On(オン)】クラウドウルトラ

Onの新作シューズ
ソールに使われているのは、オンが独自開発した、耐久性に優れた素材「Helion スーパーフォーム」。長距離・長時間のトレイルランニングに適した抜群のクッション性と、快適性を実現しました。シューズの履き口は伸縮性のあるシュータンとアッパーが一体となったソックス構造に。ランニング中にシュータンがずれないよう配慮されています。シューレースには新機能「フリップリリース」を搭載。シューレースに付随しているつまみを反転させると、過酷なランニング下で足がむくんでも、瞬時に圧迫感・不快感を和らげることができます。

【基本情報】
サイズ:
[ウィメンズ]22.0〜28.0cm
[メンズ]25.0〜32.0cm
価格:18,800円(税別)
公式サイトはこちら:オン・ジャパン

機能も見た目も気に入るベストな一足で外に出よう

本格的なトレッキングやランニングは当然のこと、キャンプなどライトなアウトドアにおいてもシューズの機能性は重視したいですよね。今年の新作は特にデザインも優れたものが多いので、納得いくまで吟味して「これだ!」という一足を見つけてみてください!
この記事の感想を教えてください
ご回答ありがとうございました!
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

おすすめのコンテンツ

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪