hinata

>

キャンプ用品

>

キャンプ小物

>

マイボトルおすすめ5選!アウトドアのお供に最適

マイボトルおすすめ5選!アウトドアのお供に最適

キャンプ用品

ハイドロフラスクのステンレスボトルの画像

出典:楽天

アウトドア活動中、適度に水分補給を行う事は非常に大事な事です。いつでもどこでも水分補給できるよう、マイボトルは必需品。ここでは、アウトドア用途に最適なマイボトルの製品を紹介していきます。さまざまな容量のマイボトル製品があるため、自分に合ったマイボトルを見つけてみてください。

目 次

アウトドアに使いたいマイボトルとは?

ハイドロフラスクのステンレスボトルの画像

出典:楽天

「マイボトル」というと、最近は通勤通学の際にカバンに入れやすい小型ボトルがトレンド。しかし、アウトドア目的で商品を選ぶ場合のポイントは軽さと丈夫さ。軽さと丈夫さというと、昔ながらのシルバーの魔法瓶のようなイメージが強くなりますが、今はオシャレなものも増えています。

マイボトルのニーズが増えている理由

飲み物を手軽に持って行くことができて、軽いものであれば、ペットボトルで良いのではないかと思いがちですが、今は環境汚染が深刻な問題となっている時代。廃棄されたペットボトルなどが海に流れ着き、長い時間をかけて紫外線や波などで細かく砕かれた後、マイクロプラスチックとなって海洋生物などに多大な悪影響を与えているといわれています。

大手カフェチェーン店がプラスチックストローの使用中止を発表し、紙製や金属製にどんどん代替しているのは、記憶に新しいところ。アウトドア活動の中で自然を破壊することは許されないため、当然飲み干したペットボトルを捨てるわけにはいきません。そのため、マイボトルの需要は昔以上に増えているといえるでしょう。

ペットボトルのゴミも出さず、飲み物を買うお金も節約できるので良いかなあと思っています。マイ箸流行りましたが、マイボトルの方が良い気がします。

コンパクトライフ計画
エコと経済面の両方の観点から、マイボトルを持つ人が増えてきているようです。

携帯にピッタリ!マイボトル5選

いざ、アウトドアにマイボトルを持って行こうと思っても、あまりにも種類が多すぎて、どれにしようか迷ってしまいがち。そこで、小さな容量から大きな容量まで、さまざまなサイズのマイボトルを紹介します。

マイボトルを持ってアウトドアへ出かけよう!

今回はアウトドア用途に最適なマイボトルについて紹介しました。容量で選ぶのも良し、軽さで選ぶのも良し、そして自分好みのデザインで選ぶのも良いでしょう。自然に囲まれた環境では、簡単に飲み物を手に入れることが困難な中、特に夏場はこまめな水分補給が必要。自分のアウトドアライフに合ったマイボトルを見つけてみてください。

今回紹介したアイテム

商品画像 スノーピーク(snow peak) ステンレス真空ボトルタイプT350ホワイト TW-350WH 水筒 真空断熱 スクリュー式 マグ ボトル 0.45L アイボリー mosh! (モッシュ! ) DMMB450IV Hydro Flask(ハイドロフラスク) HYDRATION_ワイド_16oz 473ml 08オリーブ 5089022 08Olive 16oz サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ 【スクリュータイプ】 500ml ダークネイビー JNO-502 DNVY モンベル 水筒 すいとう アルパイン サーモボトル 0.9L 1124618 RD
商品名 スノーピーク ステンレス真空ボトルタイプ T350 mosh! DMMB450IV ハイドロフラスク HYDRATION ワイド 16oz サーモス JNO-502 モンベル サーモボトル
商品リンク 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事