キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

アプトいちしろキャンプ場のおすすめポイント4選

アプトいちしろキャンプ場のキャンプサイトの画像

「アプトいちしろキャンプ場」は目前に南アルプス、さらにSLで有名な大井川鐡道を望む、川辺に立地しています。自然の中で身体を動かしたり、ミニ列車南アルプスあぷとラインに乗って奥大井の温泉まで足を伸ばしたりすることもできます。盛りだくさんな休日を楽しみたい人に、おすすめのキャンプ場です。

アプトいちしろキャンプ場の人気の秘密とは?

「アプトいちしろキャンプ場」の魅力は、何といっても他にはない景色の多彩さです。目の前には、鉄道マニア垂涎の「大井川鐡道」、雄大なアルプスの山々、またたっぷりと水をたたえる「長島ダム」がすぐ近くにあります。自然に囲まれたキャンプ場ながら、洗浄器付のトイレを完備しているのも人気のポイントです。

アプトいちしろキャンプ場の魅力4選

「アプトいちしろキャンプ場」は、風景と同じくらい楽しみ方も多彩です。してみたいことがたくさんあり過ぎて、つい連泊したくなるかもしれません。「アプトいちしろキャンプ場」の、おすすめポイントを4つ紹介します。

キャンプ場周辺で遊び尽くそう!お楽しみ満載

子どもたちにとって自然の河川は、どんなテーマパークよりも魅力があるはずです。キャンプ場の目前で川遊びもできるので、思う存分に楽しめるでしょう。大井川のエメラルドグリーンに輝く水面に糸をたらせば、思いがけない釣果が期待できるかもしれません。 ただし、釣道具のレンタルはないので、持参が必要です。釣エサや替え糸は現地で販売しています。さらに、怖いもの好きにはたまらない、ミステリートンネルも外せないスポットの一つです。 【基本情報】 住所:静岡県榛原郡川根本町梅地3-19 電話:080-2636-6128 料金:300円 / 大人 [テントサイト] 3,000円~ / 7名 チェックイン / アウト:12:00 / 11:00 利用期間:3月20日~11月末日 アクセス: [電車] 南アルプスアプトライン:アプトいちしろ駅から徒歩約21分 [車] 新東名高速道路:金谷・島田ICから約1時間20分、新東名高速道路:静岡SAから約1時間10分 公式はこちら:アプトいちしろキャンプ場

休日、夏休み、ゴールデンウイークにはSL乗車が可能

大井川鐡道のSL走行は、年間300日以上運行しているため、乗車のチャンスにはかなり恵まれているといえるでしょう。力強く蒸気を吐く姿や郷愁を誘う汽笛には、鉄道ファンでなくとも魅了されます。レトロな内装でタイムトラベラー気分を味わった後、昔ながらの駅弁を手にキャンプ場に向かうのも良いかもしれません。

「若返りの湯」接岨(せっそ)峡温泉会館

「アプトいちしろキャンプ場」から車で約8分、切り立つ渓谷に湧き出る良質な「接岨(せっそ)狭温泉」は、古くから「若返りの湯」として知られています。泉質は、重炭酸ナトリウム泉です。効能は、胃腸疾患や神経痛に加え、肌の分泌を促して身体の内外をリフレッシュしてくれます。 地元食材をふんだんに使ったメニューが提供されている、レストラン・カフェが併設されているのもうれしいポイントです。毎週木曜日が定休となっているため、訪れる際にはご注意を。 【基本情報】 住所:静岡県榛原郡川根本町梅地175-2 電話:0547-59-3764 料金:500円 / 大人 営業時間:10:00~20:00 アクセス: [車] アプトいちしろキャンプ場から車で約8分 [電車] 大井川鐵道接岨峡温泉駅から徒歩約8分 公式はこちら:接岨峡温泉会館

寸又峡温泉美女づくりの湯

「アプトいちしろキャンプ場」から車で約20分の川根元町にあるのが、町営露天風呂「寸又峡温泉美女づくりの湯」です。その名称を聞けば、女性なら一度は入ってみたいと感じるのではないでしょうか。源泉は、南アルプスの麓から湧き出しており、泉質は硫化水素系・単純硫黄泉です。 一度入れば肌が、しっとりつるつるのを感じられます。華やかさはありませんが、落ち着いた風情漂う昔ながらの湯治場の雰囲気が味わえます。 【基本情報】 住所:静岡県榛原郡川根本町千頭368-3 電話:0547-59-3985 料金:400円 / 大人 営業時間:10:00~18:00 アクセス: [電車] 大井川鐵道千頭駅から車で約40分 公式はこちら:奥大井の旅なび

まとめ

周囲を風光明媚な山々が取り巻く「アプトいちしろキャンプ場」では、大井川鐡道の雄姿を楽しみながら、川遊びを満喫できます。美しい水と緑に癒されながら、魚釣りやバーベキューを楽しんだり、近隣の温泉で上質なひと時を過ごしたりと満ち足りた思い出づくりができそうです。SLを間近にできる唯一のキャンプ場。ぜひSLの運行日を確認してから、訪れてみてはいかがでしょうか。
 最終更新日:

あわせて読みたい記事