川遊びで大満足!和歌山県「細野渓流キャンプ場」の魅力3選

 キャンプ場

細野渓流キャンプ場

出典:細野渓流キャンプ場 / Twitter

「細野渓流キャンプ場」は和歌山県紀の川市にある渓流沿いのキャンプ場で、夏場には川遊びを楽しむことができます。大小のバンガローのほか、専用のオートサイトやグランド内オートサイトがあり、炊事場やトイレは複数設置されています。ビオトープなどもあり、豊かな自然に触れるのにぴったりのキャンプ場です。


 目次


「細野渓流キャンプ場」ってどんなところ?

和歌山県紀の川市の山深く、くねくねとした細い道をたどった先にある「細野渓流キャンプ場」は、豊かな自然に囲まれたキャンプ場です。子どもでも安心して川遊びができ、キャンプ場に作られたビオトープではホタルの幼虫やメダカなどの観察も。春の山菜採りやホタルまつり、カヌー教室なども不定期で開催されています。

【基本情報】
住所:和歌山県紀の川市桃山町垣内258-1
電話:0736-67-0070
利用料金:
[入場料(3歳以上)] 日帰り 400円 / 人、1泊2日 800円 / 人
[施設使用料] バンガロー(収容5名程度・流し台なしタイプ):日帰り2,090円 / 棟、1泊2日3,660円 / 棟
チェックイン / アウト:15:00~17:00 / 14:00
アクセス:
[車] 京奈和自動車道「紀の川IC」から約37分
公式はこちら:細野渓流キャンプ場

夏場の川遊びが大人気!「細野渓流キャンプ場」のおすすめポイント3選!

夏場のキャンプでは、暑さをやわらげることができるうえ、子どもも大喜びの川遊びがうれしいものです。和歌山県紀の川市には、清流・真国川で川遊びを楽しめるキャンプ場「細野渓流キャンプ場」があります。真国川は、小さな子どもでも安心して過ごせる深さ。小さな子どもから大人まで年齢を問わず川遊びに興じることができ、暑さを忘れて楽しめるのは、「細野渓流キャンプ場」のうれしいポイントです。キャンプ場の周囲には、豊かな自然が広がり、季節折々の花や昆虫の姿を目にできます。

キャンプ場内に作られたビオトープも、メダカを観察できるとっておきの場所。キャンプ場が主催する季節ごとのイベントなどもあります。ここでは、「細野渓流キャンプ場」のおすすめポイントを3つ紹介していきます。

清流・真国川での川遊びをめいっぱい楽しもう!

細野渓流キャンプ場

出典:細野渓流キャンプ場 / Twitter

「細野渓流キャンプ場」を訪れる際、緑豊かな環境と清流・真国川を楽しみにしている人は多いのではないでしょうか。キャンプ場は通年オープンしていますが、最も人でにぎわうのは夏場。川遊びを楽しめる季節です。キャンプ場のすぐ下に流れる真国川はさほど深さがなく、大人のひざ下程度です。季節や天候によっても異なりますが、小さな子どもから大人まで年齢を問わずに川遊びできるスポットと言えるでしょう。ただし、油断は厳禁。川遊びでは、ライフジャケットを着用のうえ、子どもから目を離さないという意識が大切です。

川辺は砂利から砂地へと変わっており、川辺にテントやタープを張ってのデイキャンプも人気です。バーベキューをしながら、自分の好きなタイミングで川遊びができることは最高のぜいたく。ただし日帰りでテントやタープを利用する際は、入場料のほかにテント・タープの持ち込み料として1張1,040円が必要です。

入場受付時間は、10:00~17:00。朝から夕方まで利用でき、1回約5分のシャワーなどが用意されています。「できるだけ川の近くで泊まりたい」「川のせせらぎを聞いて過ごしたい」という人は、川の目の前にテントを張れるオートサイトがおすすめです。

春の桜に夏のほたる…自然の豊かさを堪能できる!

細野渓流キャンプ場

出典:細野渓流キャンプ場 / Twitter

「細野渓流キャンプ場」の周辺には、緑豊かな自然が広がっています。春には、ショウジョウバカマが群生し、敷地内の桜が目を楽しませてくれるでしょう。キャンプ場内にある啓翁ざくらとソメイヨシノがライトアップされる姿は非常に美しく、ため息が出るほど。初夏にはねむの木の花やスイレンが、真夏にはオニユリが次々と花を咲かせます。花に誘われるようにやってくる虫たちやカエルの姿なども、子どもたちにとっては驚きと興奮の対象。次々に新たな発見があることでしょう。

こうした自然の豊かさを堪能できることは、「細野渓流キャンプ場」で過ごす大きな醍醐味です。四季折々の花が咲き誇り、キャンプ場内のビオトープにもさまざまな生き物の姿が。ビオトープとは、「生物が生きている場所」という意味です。その言葉のとおりキャンプ場内の桜のすぐ近くに作られた池では、ほたるの幼虫やメダカがその生命をつないでいます。

「細野渓流キャンプ場」では、「ほたる祭り」や「アユつかみ」のほかに、「ロケットストーブ製作体験会」などを経験することが可能。季節が移り変わるごとにキャンプ場を訪れて、「景色を見て季節を肌で感じる」「さまざまな体験会で思い出作りをする」というのもおすすめです。キャンプ場は通年営業していますが、11~3月までは事務員が常駐していません。冬場に利用する場合は、事前の連絡が必須のためご注意ください。

バンガローやオートサイトあり!自分好みのアウトドアライフを楽しめる

細野渓流キャンプ場

出典:細野渓流キャンプ場

「細野渓流キャンプ場」には、5人程度が泊まれるやや小さめのバンガローと、10人まで対応可能な大きめのバンガローとがあり、それぞれ「流し台付き」「流し台なし」を選択できます。バンガローのすぐ近くに車を停めることができ、タープなども張れるため、バーベキューをするのに最適。

バンガロー内部には、照明やコンセント、扇風機が用意されており、夏の暑さにもある程度対応できます。オートサイトは、オートキャンプ専用のサイトと、グランド内サイトの2つ。オートキャンプ専用のサイトは、テントを張るための砂地と芝の駐車スペースがあり、電源もついているのが便利です。グランド内サイトには、電源がついていません。このほかに、管理棟や炊事棟、トイレ、コインシャワーなどがあり、快適に過ごすことができます。

細野渓流キャンプ場でアウトドアを満喫!

今回は、清流・真国川で楽しく川遊びができるキャンプ場「細野渓流キャンプ場」をご紹介しました。日中の川遊びを目当てにキャンプ場を訪れる人も多いはず。キャンプ場内のバンガローとテントサイトでは、快適なアウトドアが楽しめます。「一家でアウトドアを楽しみたい」「自然を堪能したい」という人におすすめです。

お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

キャンプ場

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪