僕らはこうしてジャック・ウルフスキンにハマった。キャンプでも街中でも「アガる」ウェアの着こなし術

 ファッション

PR

ジャックウルフスキンをきるまゆみさん夫婦

最近、アウトドア業界で密かに盛り上がりを見せるブランド「ジャック・ウルフスキン」。その人気の理由とは?冬ウェアに迷うキャンプインスタグラマーのまゆみさんが、同じくインスタグラマーのBOCCAさんに調査を依頼!実際に聞いて、着て、その良さを探りました。


 目次


冬のキャンプで何を着よう?

澄んだ空気にゆらめく焚き火。冬のキャンプを楽しむキャンパーが昨今急増しています。寒い時期にキャンプを楽しむ際、欠かせないのは最適なウェア。暖かさ、動きやすさ、持ち運びやすさなど、さまざまな機能を備えていなくてはなりません。今年もたくさんのアウトドアブランドから冬ウェアが登場していますが、結局どれが冬キャンプにぴったりなのでしょうか。

最近よく聞く「ジャック・ウルフスキン」が気になる

まゆみさん一家

キャンプインスタグラマーのまゆみさん(@mym__h)も、冬のキャンプウェアに悩む一人。まゆみさんには今、気になっているブランドがありました。それは「ジャック・ウルフスキン」。近頃、スタイリッシュでキャンプにぴったりな機能ウェアを次々作っているとキャンパーの間で話題になっています。

ですが直営店があるのは関東圏内だけ。広島在住のまゆみさんにはブランドの世界観を体感したり、たくさんのラインナップを一度に見ることができません。

ウェアを選ぶBOCCAさん

そこで考えたまゆみさん。「そうだ、BOCCAが関東に住んでいたはず!」。東京に住むインスタグラム仲間・BOCCAさん(@bocca_solocamping)に連絡。「本当にいいものなのか」「実際にトレンドになっているのか」の2点について、調査を依頼しました。

この冬熱い!?ジャック・ウルフスキンを調査

直営店「ジャック・ウルフスキン MARK IS みなとみらい店」へ

ジャックウルフスキンみなとみらい店

ジャック・ウルフスキン自体は知っていたものの、キャンプ界でトレンドになっていたのは初耳だったBOCCAさん。さっそく直営店であるジャック・ウルフスキン MARK ISみなとみらい店を訪れました。

ウェアを購入するBOCCAさん

結果、BOCCAさんは大満足!「今年の冬キャンプウェアが決まりました!」と笑顔で購入していました。

店長から説明を受けるBOCCAさん

BOCCAさんはどんな点に惹かれたのでしょうか?きっかけは、ジャック・ウルフスキン MARK IS みなとみらい店の店長・高橋さんとの会話の中にありました。

BOCCAさん

BOCCAさん

ジャック・ウルフスキンはバックパックのイメージでしたが、こんなにスタイリッシュなウェアもあるんですね。

高橋さん

高橋さん

実はテントなどのギアも展開しているんですよ。今までは十分に伝えられていませんでしたが、店内にギアを展示したり、工夫を凝らすことで少しずつ総合アウトドアブランドとして認識され始めてきています。最近はキャンパーのお客さんも増えていますよ。

BOCCAさん

BOCCAさん

そうだったんですね!でも、多くのアウトドアブランドが日本で展開する今、なぜこの業界へ…?ジャック・ウルフスキンならではの強みがあるのでしょうか?

高橋さん

高橋さん

そうですね。ジャック・ウルフスキンでは創業当時から、アウトドアとしての機能性を備えながらも、環境に優しいサスティナブルなアイテムを作っている点が大きな特徴でしょうか。

BOCCAさん

BOCCAさん

そうだったんですね!環境に配慮した商品づくりに関しては、初めて知りました。

高橋さん

高橋さん

環境先進国・ドイツ発だからこそ、ブランドの意識も自然環境へと向かっているんです。

私としても、まずは日本にあったデザインと高い機能性で興味を持ってもらい、ジャック・ウルフスキンをきっかけに環境について考えるようになってもらえればと考えています。

BOCCAさん

BOCCAさん

なるほど。ジャック・ウルフスキンのアイテムは単に見た目が良かったり、使いやすい機能を備えているだけではないんですね。自然の中で遊ぶキャンパーなら、環境のことまで考えてあるアイテムはうれしいです。

「この冬トレンド」は本当?キャンプの達人が語るリアルな冬物事情

エルブレスの看板

「すぐにでもまゆみさんにおすすめしたい!」と思ったBOCCAさん。ですが、ちょっと立ち止まります。「本当に良いもの」とは分かったものの、「実際にトレンドになっているのか」はまだ分かっていません。

そこで、キャンプ界でのリアルな意見や売れ行きを聞きに、今度はキャンプ用品専門店「エルブレス」を訪れました。

達人にズバリ切り込む!ジャック・ウルフスキンの本当のところ

キャンプの達人・矢澤さん

答えてくれたのは、エルブレスビバモールさいたま新都心店にいるキャンプの達人・矢澤豊さん。今季のトレンドウェアを聞くと、ジャック・ウルフスキンのコーナーに迷わず案内してくれました。

矢澤さん

矢澤さん

これからのキャンプウェアに求められるのは汎用性。その点でジャック・ウルフスキンは今かなり注目されています。キャンプで使える機能性の高さはもちろん、普段使いしたくなるデザインが人気の秘密ですね。

注目度アイテムは、使い勝手の良さが一段高いアウター

アノラックを持つ矢澤さん

中でも一番人気のアイテムは、JP DOWNPOUR ANORAKだと語る矢澤さん。

ジャック・ウルフスキンのアノラック
矢澤さん

矢澤さん

まずは軽さが最高ですね。腕から脇下にかけてしっかりストレッチが効いていて、動きやすさは抜群。生地も柔らかいため、外でストレスなく活動できます。ペグダウンのときなんかに便利。

ジャックウルフスキンのアノラック
矢澤さん

矢澤さん

生地にはブランドオリジナルのテキサポールが採用されており、防水性・防風性・透湿性を備えています。内側には、縫い目から雨の侵入を防ぐようシーム加工も施されているため、雨風にさらされる心配もありません。

ジャック・ウルフスキンのアノラック
矢澤さん

矢澤さん

フードを左右と後頭部の3点で調節できるのが、実は結構レアな仕様。ここまで至れり尽くせりなウェアはなかなかありませんよ!

【ウェア詳細】
JP DOWNPOUR ANORAK / 20,000円(税抜)

【店舗詳細】
店舗:エルブレス ビバモールさいたま新都心店
住所:埼玉県さいたま市浦和区上木崎1丁目13番1号ビバモールさいたま新都心4階
電話番号:048-815-8029
営業時間:10:00-20:00
公式はこちら:エルブレス ビバモールさいたま新都心店

エルブレスでアイテムをチェックしよう!

ジャック・ウルフスキンのアイテムを見る→

街でもキャンプでも着たい。最高の着こなしを考えてみた!

エルブレスでの評判もしっかり聞いた上で、まゆみさんにジャック・ウルフスキンをおすすめしたBOCCAさん。二人はそれぞれ気に入ったアイテムを手に入れて、冬のスタイリングが完成しました!

イエローの差し色で秋らしく【BOCCAさんの場合①】

ジャックウルフスキン

シンプルに黒で統一しつつ、イエローの差し色で明るいコーデにまとまっています。BOCCAさんのお気に入りは700フィルパワーと保温性の高いダウンの使われているコート。使用されている軽量でソフトな独自素材「ストームロック・ソフトタッチ」は、防風性・撥水性を兼ね備えています。雨や風など悪天候にもしっかり対応してくれる優れもの。雪のキャンプや通勤シーンでも活躍してくれます。

【アイテム一覧】
アウター:JP CRYSTAL PALACE COAT(BLACK) / 35,000円(税抜)
インナー:FRASER ISLAND SHIRT(GOLDEN AMBER CHECKS) / 7,900円(税抜)
パンツ: ASIA JWP WINTER PANT M(BLACK) / 11,000円(税抜)
キャップ:JP STL CORDUROY BUCKET HAT(SAND DUNE) / 3,800円(税抜)
バッグ: BROOKLYN 18(BLACK) / 12,000円(税抜)
ボトル:KOLE 0.5(BLACK) / 4,000円(税抜)
スカーフ:VERTIGO SCARF(BLACK) / 2,000円(税抜)
シューズ:VOJO HIKE 2 TEXAPORE LOW M(PHANTOM) / 18,000円(税抜)

寒い海辺でもクールに決める【BOCCAさんの場合②】

BOCCAさんのジャックコーデ

着るとついかっこつけたくなるジャックのウェア。海辺で遠くを見つめるBOCCAさんが一押しするのは、目に鮮やかなグリーンとネイビーのジャケット。表地には防風・撥水・通気性を兼ね備えた耐久性の高い独自素材「ストームロック」が使用され、暖かさはバッチリ。ストームロックは100%リサイクルの素材かつ、中綿には独自開発の100%リサイクル繊維「マイクロガード・エコスフィア」が使用されたサステナブルな一枚。

【アイテム一覧】
アウター:365 FLASH DOWN JACKET M(NIGHT BLUE) / 29,000円(税抜)
インナー:JP ANAGRAM LS T(WHITE RUSH) / 5,500円(税抜)
パンツ:JP URBAN CLIMB PANTS(BLACK) / 13,000円(税抜)
キャップ:JP BXL WOOL 6PNL CAP(DARK SILVER GREY HEATHER) / 4,000円(税抜)
バッグ:EXPEDITION TRUNK 65(BLACK) / 18,900円(税抜)
グローブ:STORMLOCK KNIT GLOVE(PHANTOM) / 5,400円(税抜)
シューズ:VOJO HIKE 2 TEXAPORE LOW M(PHANTOM) / 18,000円(税抜)

秋の山でスタイリッシュに【まゆみさん夫婦の場合①】

ジャックをきるまゆみさん夫婦

夫婦でキャンプに来ている二人。紅葉に映えるコーデです。まゆみさんの一押しは、旦那さんが着用しているJP COLD BAY COAT。表地には、防水透湿性に優れたテキサポール・エコスフィアを使用。内側には、700フィルパワーの暖かなダウンが使用されており、高い防寒性と、快適性を兼ね備えた高機能アイテムです。首元のフードが着脱式できるため、スタイルに合わせてコーデを楽しめます。

【アイテム一覧】
[MEN]
アウター:JP COLD BAY COAT(GRANITE) / 48,000円(税抜)
インナー:JP CLASSIC 1981 SWEATSHIRT(DARK SILVER GREY HEATHER) / 9,000円(税抜)
パンツ:JP URBAN CLIMB PANTS(BLACK) / 13,000円(税抜)
キャップ:AP JP PAW CORDUROY 6PNL CAP(SAND DUNE) / 4,000円(税抜)
バッグ:BONDI BLEND(BLACK) / 8,800円(税抜)

[WOMEN]
ジャケット:JP HERRITAGE COACH JACKET(SAND DUNE) / 16,000円(税抜)
キャップ:AP JP PAW LW GAUGE KNIT CUFF(DARK GREY HEATHER) / 3,800円(税抜)

キャンプで映える&使える【まゆみさん夫婦の場合②】

まゆみさん夫婦のコーデ

秋キャンプを楽しむ二人。リラックス時のアウターとして、旦那さんはクラシカルなデザインのLAKOTA VEST Mをチョイス。表には「ストームロック」を採用し、悪天候にも耐え抜きます。中綿には「マイクロガード・エコスフィア」を用いることで、軽量かつ高い保温力を実現。さらに環境にも優しいのが特徴です!寒いキャンプでも活躍まちがいなしの一枚。

【アイテム一覧】
ベスト:LAKOTA VEST M(NIGHT BLUE) / 15,000円(税抜)
キャップ:AP JP PAW LW GAUGE KNIT CUFF(DARK SILVER GRAY HEATHER) / 3,800円(税抜)
フーディ:JP BOX LOGO HOODIE(DARK SILVER GRAY HEATHER) / 10,000円(税抜)
パンツ:JP URBAN CLIMB PANTS(PEBBLE GREY) / 13,000円(税抜)
バッグ: HOKUS POKUS(DARK MOSS) / 2,900円(税抜)
シューズ:SCRAMBLER LOW M(BLUE / BLACK) / 18,000円(税抜)

[WOMEN]
ジャケット:JP COLD BAY COAT(GRANITE) / 48,000円(税抜)
キャップ:AP JP PAW CORDUROY 6PNL CAP(SAND DUNE) / 4,000円(税抜)

【結論】この冬、ジャック・ウルフスキンは「買い」!

ジャックウルフスキンをきるBOCCAさん

まゆみさんもBOCCAさんも大満足だったジャック・ウルフスキンのウェア。キャンパーならきっと誰でも虜になってしまうはずです!ぜひチェックして、今年の冬はジャックでスタイリッシュ&快適に過ごしましょう!

トレンドウェアで冬支度をしよう

ジャック・ウルフスキンのアイテムを見る→

お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪