焚き火も料理も本格的に楽しめる?焚き火台をスタイル別に徹底紹介!【みんなの焚き火台100選】

 キャンプ用品

本格調理も楽しめる多機能焚き火台

キャンプの醍醐味は、なんといっても焚き火。焚き火台も種類が増え続け、選ぶのに迷ってしまいがちです。そこで、インスタグラムのストーリーでユーザーにおすすめしてもらった焚き火台を100台分集めました。第3回は「本格調理も楽しめる多機能焚き火台編」。焚き火台ひとつで料理も楽しみたい方必読です!


 目次


焚き火台で調理もできる!?

大手アウトドアブランドから新たに立ち上がったばかりのガレージブランドまで、新作が連日のようにリリースされている焚き火台。特徴や機能もさまざまで、選ぶのについつい迷ってしまいます。そこで、hinataのインスタグラム公式アカウントでhinataユーザーが実際に使用している焚き火台を調査。集まった回答をもとに、焚き火台100台をスタイル別に紹介!3回目は「本格調理も楽しめる多機能焚き火台」です。近年は、焚き火台ひとつでさまざまな料理を楽しめるものが増えています。キャンプ料理をより楽しみたい方、ぜひ参考にしてください!

料理も焚き火もこれひとつ!多機能焚き火台を紹介!

【48】キャプテンスタッグ ヘキサグリル

キャプテンスタッグのヘキサグリルでバーベキューをする様子

出典:Amazon

安定感があって丈夫だと話題のヘキサグリルは、ダッチオーブンを入れて調理を楽しめます!10インチのサイズが余裕ですっぽりと収まります。付属の網もついているので、もちろんバーベキューも楽しめます。一台3役。コスパの良さが魅力の焚き火台です。

【ここがポイント!】
・ダッチオーブンがすっぽり収まるサイズ
・一台3役、コスパ最強!


大人数でも囲みやすい六角形の焚き火台。グループキャンプで活躍します!

【49】キャプテンスタッグ カマドスマートグリル

カマドスマートグリルで調理をしている様子

出典:Instagram(@toradoshi_onnna)

コンパクトにバーベキューを楽しめるカマドスマートグリルは、充実したオプションで、料理好きのソロキャンパーに大人気。網やグリルプレートを使用してバーベキューを楽しめることはもちろん、「オーブン」「煮る」「蒸す」「焼く」が可能なココットや、カマドスマートグリルの形に合わせたダッチオーブンがオプションとして販売しています。ソロキャンプでも、コンパクトに本格的な料理が楽しめる多機能アイテムです!

【ここがポイント!】
・専用のオプショングッズが充実!
・コンパクトなサイズなのに本格料理


リーズナブルさも人気のひとつ。たくさんオプションをそろえて、自分好みの調理を楽しみましょう!

【50】ユニフレーム ファイアグリル

ユニフレームファイヤグリル

出典:Amazon

長年焚き火好きに愛され続けるユニフレームのファイアグリル。平らな形をしているため、火力の調節がしやすく、調理に使用することにも向いています。さらに、ファイアグリルの耐荷重は約20kg!12インチのダッチオーブンを乗せても安心です。フッ素加工プレートや鉄板など、ファイアグリル専用に作られたオプションもあるので、さまざまな種類の料理を楽しめます。

ここがポイント!
・火力調節がしやすい!
・12インチのダッチオーブンを乗せても大丈夫


収納性や組み立てやすさにも優れているファイアグリル。長く愛されているだけあって、信頼感のある焚き火台です。

【51】ペトロマックス アタゴ

アタゴでお湯を沸かしている様子

出典:Instagram(@m.k.s.r3405)

三層構造になっていることで、使い方が何通りもある焚き火台。ダッチオーブンを乗せることも可能ですし、直火に近い感覚での焚き火やストーブとしても十分な機能を発揮します。他の焚き火台と圧倒的に違う点は、換気口の調節で火力を自在に調節できること!高火力で調理することもできれば、弱火で料理の保温を行うこともできます。

【ここがポイント!】
・使い方の幅が広がる三層構造
・自在に火力を調節!


価格は決して安くはありませんが、一台で何通りもの使い方ができるので、ぜひ手に入れたいアイテムです!

【52】ユニフレーム 薪グリルラージ

薪グリルラージで焚き火をしているところ

出典:Instagram(@assy_1204)

暖炉を思わせる形が特徴的な薪グリルラージ。見た目の通りとても暖かいので暖をとることに適しています。また、大きな鍋もすっぽりと乗っかる安定感ばっちりの設計なので、もちろん調理をするのにもぴったり。五徳の高さを三段階に調節できるので、最適な火力で調理ができます。

【ここがポイント!】
・鍋がすっぽりと乗っかる安定感
・暖炉のようなかっこいい見た目


焚き火の炎が映えるかっこいいデザインも魅力ポイントです!

【53】スノーピーク焚き火台L

スノーピーク焚き火台で焚き火をしているところ

出典:Instagram(@yutsu_saho_camp)

定番大人気のスノーピークの焚き火台。Lサイズは5.3kgと少々重いですが、大きいだけあって丈夫で料理の幅も広がります。オプションで販売されている焼き網を使用すれば、バーベキューも、上にダッチオーブンを乗せての調理も可能です。さらにオプションのグリルブリッジを使えば、三段階に火力を調整してバーベキューを楽しめます。

【ここがポイント!】
・大人数で焚き火&バーベキューが楽しめる
・丈夫で安定感のあるオプションパーツあり


Lサイズは5.6人向け。大人数で焚き火を囲みたい人にぴったりです。

【54】笑’s B6君

b6君で焼き鳥を焼いている

出典:Instagram(@tkc8686)

ソロキャンプで焚き火&バーベキューが手軽に楽しめると人気のB6君。付属の網と鉄板でバーベキューを楽しむのもいいですが、くぼみに串を置いて、写真のような焼き鳥を楽しむのもすてきです!B6君には、他にはない楽しいオプションパーツがあります。その名も「燗グリル」。日本酒などのお酒を温めて、熱燗にして飲むためのパーツです。お肉を焼いて食べながら熱燗を飲むソロキャンプ…酒好きキャンパーにはたまりません!

【ここがポイント!】
・ソロキャンプで幅広く料理を楽しみたい人向け
・他にはないわくわくするオプションパーツ


他にも便利で使いやすいと人気のオプションがいくつもあるので、要チェックです!

【55】プロノドアズ Fire Starter

プロノドアズの焚き火台で焚き火をしているところ

出典:Instagram(@potetoouzi)

スタイリッシュなデザインが特徴的なプロノドアズの焚き火台。風が上に通る構造で燃焼効率が高く、本格的な調理も可能なほど高い火力を発揮します。耐荷量は15kgと、鍋やダッチオーブンでの調理ももちろん可能。それだけでなく、V字型をしたロストルにより、大きな鍋と小さなクッカーなどを同時に調理しても、安定感があります。

【ここがポイント!】
・燃焼効率抜群の構造
・V字型のロストルで安定感ばっちり


かなり大きく見える本体ですが、コンパクトにまとめて収納バックで持ち運べるのもポイントです!

【56】ベルモント TOKOBI

軽量で丈夫な焚き火台・TOKOBI。付属の焼き網と鉄板は焚き火台の半分のサイズなので、両方同時に置いてバーベキューができます。また、オプションを使って鉄板を本体の下に装着すれば、オーブンのような役目を果たしてくれるという優れもの。軽量なのにダッチオーブンを乗せることもできますし、火床の高さを変えることもできるので、さまざまな調理に対応してくれます!

【ここがポイント!】
・軽量なのに丈夫
・オーブンとしての役目も!


パーツごとに別売りもしているので、長く愛用できます!

【57】モンベル フォールディングファイヤーピット

焚き火台で串揚げをしている様子

出典:Instagram(@104aragas)

モンベルが販売している焚き火・フォールディングファイヤーピット。二次燃焼を可能にした二重構造で、燃焼効率が良いのに、軽くて薄いところがポイントです。バーベキューはもちろん、耐荷量20kgもの五徳がついており、ダッチオーブンを乗せての調理も可能です。

【ここがポイント!】
・二次燃焼で効率よく薪を燃やす
・20kgまで耐える丈夫さ


コンパクトに収納して使えるので、ソロキャンプにもぴったりです!

【58】MAAGZ ラプカ

ラプカで肉を焼いているところ

出典:Instagram(@campom_hinata)

炎が良く見える構造で、直火でのキャンプファイヤーを感じさせるデザインが魅力的なラプカ。五徳の一を三段階に自由に置けるので、調理スペースを広く確保できます。オプションも充実しており、中でも特におすすめなのが「ラプカスティック」。お肉を串刺しにして焚き火台にセットすれば、肉の丸焼きが楽しめます!ぐるぐると回しながらお肉を焼けるなんて、ゲームの世界に着た気分です…

【ここがポイント!】
・広い調理スペース
・憧れのマンガ肉が作れる!?


風の通りがよく、苦労せずともすぐに火がつきます。初心者にもおすすめです!

【59】笑’s A4君

A4君の商品写真

出典:Amazon

先ほど紹介したB6君の大きめサイズ・A4君。鉄製のグリルプレートやハードロストル、油を落とさずに焼けるプレートに、専用五徳など、さまざまなパーツが別売りになっているため、自由にカスタマイズしながら自分のお気に入りのバーベキュースタイル・焚き火スタイルを作ることができます!

【ここがポイント!】
・自由にカスタマイズして楽しい!
 自分だけの焚き火スタイルに


笑’sのロゴがくりぬかれていて、そこから炎が見えるのがとてもおしゃれです!

【60】アシモクラフツ takibinoasi

アシモクラフツで焚き火をする様子

出典:Instagram(@kouheicamp)

5枚の板から構成される焚き火台。5枚を組み合わせれば五角形の焚き火台に、4枚を組み合わせれば四角形の焚き火台になります。さらに、鉄板の素材を自分で選べたり、オプションのasi_ciecleを組み合わせて五徳を乗せたり、とにかく自分ですべてをカスタマイズして組み合わせられる新感覚の焚き火台なのです!

【ここがポイント!】
・板を自分でカスタマイズして組み立てる
 自分だけの焚き火台


シンプルで無駄のないデザインもおしゃれだと人気を集めています!

【61】尾上製作所 フォールディングファイヤーグリル

フォールディングファイヤーグリルで調理している様子

出典:Instagram(@campom_hinata)

尾上製作所の焚き火台は、とにかくオプションパーツや焚き火・なーねキューに関するグッズが充実していると話題。フォールディングファイヤーグリルは単体でも高火力でバーベキューをするのに適していますが、ダッチオーブンを乗せて本格調理を楽しめるグリルや、肉をおいしく焼ける鉄のグリル、さらにはピザも焼けるオーブンなど、さまざまなオプションパーツがあります!

【ここがポイント!】
・焚き火台なのに、ピザや鍋もできる!
・充実した焚き火アイテムを自分でカスタマイズ


焚き火テーブルやハンガーもあるので、尾上製作所のアイテムは要チェックです!

【62】ダイレクトデザイン リボルバー

部屋のインテリアとしてリボルバーを使用している様子

出典:Amazon

庭などで焚き火やバーベキューをするのに適したアイテム。付属の焼き網を乗せてバーベキューグリルはもちろん、ファイヤーピットとして使えます。さらに、付属品にはバンブーテーブルがついており、焚き火やバーベキューをしないときはテーブルとして使えます。スタイリッシュで今どきなデザインは、お部屋のインテリアともなじみます。

【ここがポイント!】
・お庭でのバーベキューにぴったり
・使わないときはインテリアに


サビにくく耐久性もあるので、長く使えます。

【63】ロゴス ピラミッドTAKIBI XL

ロゴスの焚き火台で焚き火をしている様子

出典:Instagram(@d0317h)

丈夫で使い勝手のよいロゴスの焚き火台。高さのある耐熱ラックやハーフサイズの網があるため、同時にさまざまな料理をすることができます。また「串焼きプレート」では串を固定して焼くことができるため、魚の丸焼きを楽しむのもおすすめ。

ここがポイント!
・同時に複数の調理が可能
・魚の串焼きがおすすめ!


灰受け皿や収納袋などが付属しているため、安全に便利に使用できます。

【64】BioLite ベースキャンプ

ベースキャンプで焚き火をする様子

出典:Amazon

庭やベランダなどで使用するのにぴったりな本格大型焚き火台。焚き火の熱で電気をためることができ、たまった電気で電子機器の充電もできるという優れものです!もちろん、本格的な調理が可能で、収納袋を使えば持ち運びもできます。

ここがポイント!
・焚き火の熱で充電!
・家でも本格的にバーベキューをしたい人向け


貯めた電気でつくLEDライトもついています!災害時にも役立ちますね。

気になる焚き火台は見つかった?

焚き火台もどんどんと進化し、本格的に料理を楽しめるものもたくさん登場しています。今回紹介した焚き火台のほかにも、まだまだ高機能の焚き火台がたくさんあるので、ぜひ自分に合った焚き火台を見つけてみてください!次回は、サイトのデザインにこだわりたい人にぴったりなデザイン性に優れた焚き火台を紹介します。お楽しみに!

お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪