hinata

>

キャンプ用品

>

テンマクデザイン

>

テンマクデザインの焚き火台を用途別に解説!

テンマクデザインの焚き火台を用途別に解説!

キャンプ用品

テンマクデザインのフラット焚き火台

出典:楽天

野営に力を入れているテンマクデザインは、さまざまな用途向けに焚き火台を販売しています。種類が多いと選ぶのが大変なため、今回は用途別にテンマクデザインの焚き火台を紹介します。あなたにぴったりな焚き火台を見つけてください。

目 次

テンマクデザインの焚き火台は種類が豊富

焚き火を楽しむカップル

出典:PIXTA

テンマクデザインから発売されている焚き火台は種類が豊富です。利用シーンによって、選ぶ焚き火台も変わってくるため、ここでは焚き火台の大まかな種類を解説していきます。

シンプルな焚き火台

シンプルに焚き火を行う目的で利用する焚き火台で、簡単な調理なら可能です。焚き火はアウトドアの定番。キャンプと言えば焚き火がメインという方もいらっしゃいます。特にソロキャンプで夜にしっぽりと焚き火を楽しみたい方はシンプルな焚き火台を選ぶことをおすすめします。

料理向けの焚き火台

料理に使うことを前提とした焚き火台です。シンプルな焚き火台と比べるとサイズは大きめで、焚き火の炎を料理に利用するというものです。焚き火も楽しみたいし、野外でガッツリ調理をしたい方、またグループでキャンプに行く方にはこのタイプの焚き火台がおすすめです。

地面に座って楽しむ焚き火台

焚き火台は一般的に椅子に座って楽しむ方や、立って楽しむ方が多いです。しかし、テンマクデザインのいろり炉「Bon火」という商品は地面に座って利用するために設計されています。座敷スタイルで利用したい方はこちらの焚き火台を選びましょう。

多機能な焚き火台

テンマクデザインの焚き火台には1台で5役こなせる5WAYチャコールスターターという焚き火台があります。とにかく機能面の充実した焚き火台を探している方におすすめです!

ブログで実際の使用感をチェック!

ここでは実際の使用感をチェックしていきましょう。人それぞれ感想は違いますが、やはり購入するとなると実際の使用感を知っておくことは大変重要です。

何度か使ってみての感想としては、薄く畳めて収納や移動時に嵩張らないので、キャンプギアのスリム化という当初の目的は果たせました。今のところ歪みもなく耐久性も高そうで長く楽しめそうです。はい、買って満足。

変なコダワリの品々
耐久性も高く、収納時にかさばらないというのがうれしいポイントです!

32.5cmのスクエア型なので、大きな薪もそのままのせることができます。組み立ては脚部・燃焼部ともに広げて重ねるだけの2ステップで、とても簡単。ヒンジの部分などに細かい小さな穴が多数あるので、地面を守るため難燃シートとの併用が良さそうです。

CAMPLab
こちら2つとも「フラット焚き火台」のレビューです。実際に使用された感想としては持ち運びやすく、組み立ても簡単と機能面に優れていることが伺えます。

テンマクデザインの焚き火台5種を紹介

5WAYチャコールスターター

こちらはバーベキューの達人であるたけだバーベキューさんとのコラボ商品です。5WAYということでこれ1台で5役こなせます。それぞれ解説していきます。

①火起こし
5WAYチャコールスターターをセットし、炭を入れ、小窓から火を投入すれば簡単に火起こしができます。後はその炭を使って調理ができるというものです。

②スモーカー
付属の網をチャコールスターターの中程に設置し、その上に食材を置いてスモークウッドを小窓から投入し、ふたをすれば燻製機になります。

③ゴトク調理
付属のステンレス素材をクロスして上部に設置すればフライパン調理ができます!動画ではたけだバーベキューさんが分厚い肉を焼いていて、火力は十分です。

④BBQグリル
別売の専用の網をセットすればBBQグリルとしても使えます。

⑤焚き火
チャコールスターターに薪や枝を投入すれば焚き火台として使えます。

【基本情報】
素材:ステンレス304
収納サイズ:27.5×22.5×9cm
組立サイズ:20×20×31cm
重量:2.83kg
付属品:収納ケース

購入はこちら

あると便利な別売のアクセサリーを紹介!

焚火ツールケース

焚き火用の小物を収納できるケースで、用途に応じて3種類のサイズが用意してあります。Sサイズではライターなどの小物をまとめるのに便利。Mサイズになるとグリルプレートなども収納できます。

【各種サイズ】
焚火ツールケースS:縦24×横22cm
焚火ツールケースM:縦32×横27cm
焚火ツールケースL;縦57×横36cm

購入はこちら

テンマクデザインの焚き火台でキャンプに彩を

テンマクデザインの焚き火台はどれも用途に合わせた設計となっています。ソロで焚き火を楽しみたい方はフラット焚き火台のSサイズやコンパクト焚き火台ORUを。家族で調理もするという方には焚き火スクウェアを。多機能で便利な焚き火台が欲しい方には5WAYチャコールスターターという選択肢もあります。それぞれ目的に合わせた焚き火台を選択して、キャンプをより楽しみましょう!

▼こちらの記事も読まれています。

今回紹介したアイテム

商品画像 tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)フラット焚火台 M テンマクデザイン たき火グリルとん火 tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)コンパクト焚火台 ORU テンマクデザイン 焚き火スクエア tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)チタン焼き網 テンマクデザイン とん火3mmロストル
商品名 フラット焚火台(Mサイズ) たき火グリルとん火 コンパクト焚火台 ORU 焚き火スクエア チタン焼き網 とん火3mmロストル
商品リンク 楽天市場 で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事



おすすめのキーワード