なまはげオートキャンプ場を解説!多数の区画とコテージも魅力!

 キャンプ場

テントサイト

出典:なまはげオートキャンプ場

きれいな芝生が広がる秋田県男鹿市の「なまはげオートキャンプ場」。電源と水道が使えるキャンピングカーサイトや広々な区画のオートキャンプサイト、冬でも利用が可能なコテージなど、設備が整った魅力的なキャンプ場です。


 目次


秋田県男鹿市のなまはげオートキャンプ場

コテージ内装2

出典:なまはげオートキャンプ場

「なまはげオートキャンプ場」は、秋田県の西側、日本海に面した男鹿半島の男鹿市に位置します。広大な敷地を利用したキャンプ場で、テントサイトやキャンピングカーサイト、広場兼用テントサイト、コテージがあり、幅広いキャンプスタイルに対応。設備も充実し、シャワーやランドリーも完備しています。初心者にも優しいキャンプ用品のレンタルも行っており、安心してアウトドアを楽しめます。

テントサイトは春~秋の営業ですが、コテージは通年営業。雪景色のキレイなキャンプ場で、冬のアウトドアを楽しめます。

ブログで口コミをチェック!

ほどなく天気回復( ^ω^ )さっそくチェックインの設営開始٩( 'ω' )وサイトは本格営業の季節じゃないのかシャワー使えないとのコトでしたが歩いて行ける範囲に温泉あって不自由はなかったです(*´ω`*)炊事場、トイレもキレイでいい感じ(´∀`)
やっぱアスガルドキャンパーさんいますねー(*´ω`*)いいなぁー ウチはアスガルド諦めてタケノコテント狙うコトにしましたwいつ買えるのかは未定(ーー;)www

Day Out

利用する時期によっては、利用できない施設も。メンテナンスや改装などの情報も合わせてチェックしましょう。キャンプ場の横には温泉施設が併設され、たくさん遊んでいっぱい汗をかいても安心です!

キャンプ場はとても綺麗で広々としていました。
どっかのサイトでレビューを読んだら「しきりになるものが何もなく落ち着かない感じ」と書いてありましたが確かにその通りでしたが嫌な感じはありません。
サニタリーを中心にサイトがあって通路があってまたサイトがあってという円形の配置になっているのですが通路のアウトサイドとインサイドで1区画の広さが全然違います。

雰囲気だけ

しっかりと管理された芝生が広い敷地にキレイに広がっています。区画が広く設定されていますが、場所によっては差があります。トイレや炊事場の周りの環境をチェックしておいた方がよいです。

フリーサイトを予約無しで行きましたが、草刈りの都合でオートサイトを同じ料金で使っていいとの事でした。土曜で8グループほどの適度なガラガラ状態でサイト・水場は快適でしたが、トイレが汚い。梅雨時期にキャンプに来るぐらいの人はほぼ薪持参の完全装備でした。

ノーマルで低燃費を目指す

草刈りの時期は、予約していたにもかかわらず移動を余儀なくされる可能性があります。季節によって状況が変わりますが、それを楽しむのもアウトドアの醍醐味かもしれません。

なまはげオートキャンプ場の施設と設備

オートキャンプ区画サイト

キャンプイメージ

出典:Unsplash

このキャンプ場、実は昨日予約したのです。(笑)本当に行き当たりばったりの旅なんです。

そこでは、なんとかフリーサイトを予約できたのですが、もしオートサイトにキャンセルが出たら変更してもらうように管理人さんにお願いしていたら、キャンプ場に到着してオートサイトに泊まれるようになっていたのでラッキーでした。

おっさんソロキャンプ道

夏休みなどの繁忙期にはしっかりと予約をしておきましょう。広大な敷地で区画数も豊富ですが、数に限りがあるオートキャンプサイト、キャンピングカーサイト、コテージなど、あらかじめ予約しておさえておくことで当日のトラブルも防げます。

もう一つのオートキャンプサイトは車の横付けが可能なので、車が近くに欲しい人はこちらを利用するのがいいと思います。

Or-Somewhere

オートキャンプサイトの魅力はやはり車がすぐ近くに停められるという点。荷物を運ぶ手間が省けたり、欲しい物がすぐに取りに行ける利便性があります。

フリーサイトとして使える多目的広場

キャンプ場

出典:株式会社おが地域振興公社

サイトはオートではなく、広場兼用のフリーサイトを選択したようだ。値段でしり込みしたのもあるだろうが、炊事棟・トイレ棟が似たような造りでとてもキレイだったからだろう。広場の芝生もよく刈り払いされていて、多少傾斜がついているので水はけも良さそうだ。

ずっこけ山チャリらいだ~

フリーサイトの芝生はしっかりと管理されており、ふかふかで気持ちよさそう!少しの傾斜があるので、雨が降っても水がたまることもなく、安心してテントを設営できます。

しっかり管理されたオートキャンプ場ですが、
一応フリーサイトがありますし、バイクも結構いました。
フリーサイトの真横まで乗り入れ可なので楽チンです。

日々走快。なweblog.

フリーサイトで車を横に停めることはできませんが、バイクなら大丈夫。ツーリングの季節には多くのライダーがキャンプを楽しめます。

キャンピングカーサイト

オートキャンプイメージ

出典:Unsplash

キャンピングカーサイトは牽引式のトレーラーにも十分対応できる奥行きが確保されており,電源が100Vに加え海外仕様の200Vにも対応,水道及び下水道の設備も完備するなど,本当の高規格キャンプ場といえると思います。

アラモ君のキャンプ日記

キャンピングカーサイトは大型のキャンピングカーも対応できるほどの広さがあります。電源も2系統対応し、キャンピングカーでのアウトドアには頼もしい設備。水回りもきっちり整備されているので安心して利用できます。

冬でも利用可能!通年営業のコテージ

コテージ内装

出典:なまはげオートキャンプ場

中途半端なテキトウ図面です。大きな窓があり、テラスに出られます。
寝室と洗面所の上には、広いロフトがありました。
強力なヒーターが、即効で暖かかったです。
シンクの横は電気コンロがひとつ、冷蔵庫の上には電子レンジ。

つぐみのひげの王様

木造のコテージは大きな窓があり、開放感バツグンです。ひと通りの設備はそろっているので、安心して利用できます。テラスではバーベキューなど思いっきり楽しめます!寒暖差が激しい朝と夜には、強力なヒーターが備えてあります。

テーブルとイスが置かれたテラスも大きく作られていて、宿泊されていた皆さんは、そのテラスで食事をされていました。

アウトドア倶楽部

コテージのテラスは大人数もカバーできる広さがあるので、バーベキューで楽しむ際に困ることはありません。

受付や売店のあるセンターハウス

センターハウス内装

出典:なまはげオートキャンプ場

事務所がある管理棟です。簡単なキャンプ用品が売られていましたが、普通のお店で買うよりもちょっと高めの値段設定になっていました。食料品などは置いてありませんので、事前にしっかりと買い物をすませておく必要があります。

アウトドア倶楽部

木造のキレイな建物の管理棟センターハウスでは、受付や売店があります。売店ではキャンプ用品が販売されていますが、価格が少々高いとのこと。忘れてしまい緊急用に欲しい場合は利用できます。ただ食料品は販売していないようなので、事前にしっかりと準備しておきましょう。

炊事場やトイレのあるサニタリー

サニタリー

出典:なまはげオートキャンプ場

キャンプ場自体は広くサニタリー棟やトイレも綺麗で朝だけではなく午後も清掃の方が掃除にきていました。歩いて3分ほどのところには温泉施設もありここもファミキャンにはいいなと思いました。

Peaceful Life

キャンプ場の利用が使えるサニタリーはしっかりと管理され、とてもキレイ。家族でキャンプを楽しむ時は、炊事場やトイレはどうしても気になってしまいます。

キャンプ場で清潔感の有無が出るのが炊事場とトイレです。

なまはげオートキャンプ場は、炊事場トイレともに比較的きれいで、手入れが行き届いてるなと感じました。

炊事場はシンクになっていますが、サビ等はなく、洗い物や食材を置ける作業スペースもあるので、空いていればそこで調理の下準備等もできるかもしれません。

Or-Somewhere

「なまはげオートキャンプ場」は芝生や建物がとてもキレイ。炊事場やトイレは、外からでは清潔感は分かりませんが、手が行き届いており、キレイに保たれています。利用する際は安心して使えます。

なまはげオートキャンプ場周辺のスポット

キャンプ場隣接の温泉「温浴ランドおが」

温浴ランドおが

出典:株式会社おが地域振興公社

「なまはげオートキャンプ場」から徒歩5分ほどの場所にある温泉施設「温浴ランドおが」は、鉄分が豊富で濃厚な泉質の大浴場。他にも気泡浴、ジェット浴、寝浴、サウナとバラエティー豊富な浴槽があります。温泉以外ではリフレッシュルームでのんびり過ごせたり、カラオケで楽しんだり、大広間で食事を取ったりとアウトドアで遊んだ疲れた身体を癒やせます。

【基本情報】
営業時間:9:00~21:00
休館日:毎月第2、第4火曜日(祭日の場合は営業)
料金:
[入館料]:400円 / 大人・250円 / 小人
[入館回数券]:4,000円 / 大人・2,500円 / 小人
[大広間利用料]:200円 / 大人・100円 / 小人
[小部屋利用料]:1500円 / 時間
[タオルセットレンタル料]:200円

詳しくはこちら:温浴ランドおが

キャンプ場周辺の観光スポット

なまはげ

出典:なまはげ館

「なまはげオートキャンプ場」の周辺には温泉施設以外にも楽しめるスポットが多数あります。すべての予定をキャンプで楽しむほか、早めに切り上げて観光スポットを巡るのも良いです。ここでは「なまはげオートキャンプ場」の周辺で楽しめるスポットをいくつか紹介します。キャンプを楽しんだ後に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

【なまはげ館・男鹿真山伝承館】
住所:男鹿市北浦真山字水喰沢
電話:0185-22-5050
営業時間:8:30~17:00
定休日:年中無休
アクセス:なまはげオートキャンプ場から車で約5分

秋田と言えば「なまはげ」ですよね。今も多くの謎が残る民俗行事「なまはげ」についての歴史や「なまはげ」の語源など「なまはげ」まつわる多くの事を知ることができます。

【男鹿水族館GAO】
住所:秋田県男鹿市戸賀塩浜
電話:0185-32-2221
営業時間:9:00~17:00
定休日:年中無休
アクセス:なまはげオートキャンプ場から車で約17分

男鹿半島の海沿いに位置する「男鹿水族館GAO」は、キレイな海水を活かし、男鹿の海の生物を中心に世界の生き物を展示しています。全館バリアフリーとなっており、車椅子、ベビーカーの貸し出しや授乳室も完備しています。

【八望台・入道崎・寒風山】
アクセス:なまはげオートキャンプ場から車で約23分

秋田県を代表する絶景ポイントです。なまはげオートキャンプ場から北方面に入道先、東方面に寒風山、南方面に八望台があります。八望台からの景色は、奥羽山脈、青森県境まで眺望できる絶景ポイント。入道埼は「日本の灯台50選」に選ばれた登れる灯台があります。寒風山は、一面が芝生で覆われた山です。パラグライダーのメッカでもあり、空中散歩を楽しむこともできますよ。

【男鹿海鮮市場】
住所:男鹿市船川港船川字海岸通り2-9-10
電話:0185-22-0125
営業時間:11:00~15:00
定休日:年中無休
アクセス:なまはげオートキャンプ場から車で約22分

日本海の男鹿の魚介類や海草類、水産加工品が販売されています。市場内にある「海鮮屋」では、海鮮丼やうに丼、お刺身定食など戸賀湾の魅力たっぷりな海鮮料理を味わうことができます。

【戸賀海水浴場】
住所:秋田県男鹿市戸賀浜塩谷抜沢
アクセス:なまはげオートキャンプ場から車で約15分

噴火によってできた湾で、年中穏やかです。それにより海水浴場としても人気があり、周辺には民宿などの宿泊施設が並んでいます。

料金や天気など、予約前のチェック項目!

焚き火はできる?

焚き火イメージ

出典:Photo by McKayla Crump on Unsplash

「なまはげオートキャンプ場」は、基本的に焚き火はできますが、焚き火台の使用が必須。一面に広がるキレイな芝生を傷つけないようにしましょう。バーベキューコンロのレンタルもできるます。使い終わった炭はキャンプ場指定の場所に捨てるようにしましょう。

なまはげオートキャンプ場周辺の天気や気温をチェック!

秋田県男鹿市の気候は温暖で、平均温度は11.1℃、降水量は平均1637mmです。8月が最も暑く、1月が最も寒い時期になります。夏の平均温度は約24.6℃となっており、夏場としては過ごしやすい日が多いことが分かります。冬の平均温度は約-0.7℃となっており、寒い日が続きます。降水量がそこそこありますので、アウトドアを楽しむ日の天気はしっかりとチェックしておきましょう。

詳しくはこちら:なまはげオートキャンプ場の天気

なまはげオートキャンプ場の基本情報

【基本情報】
住所:男鹿市北浦北浦字平岱山地内
電話:0185-22-5030
営業期間:4月~11月(コテージは通年)
料金:
[入場料]:400円 / 一般・200円 / 小、中学生
[テントサイト]:1,530円~ / 区画
[キャンピングカーサイト]:2,140円~ / 区画
[広場兼用テントサイト]:1,020円~ / 区画
[コテージ]:4,180円~ / 棟
[シャワー]:200円 / 回
[ランドリー]:300円 / 回
チェックイン / :チェックアウト:
[宿泊]:14:00 / 10:00
[日帰り]:10:00 / 16:00
公式はこちら:なまはげオートキャンプ場

なまはげオートキャンプ場でアウトドアを満喫

「なまはげオートキャンプ場」はいかがだったでしょうか?広い敷地一面の芝生は一見の価値はあります。キャンプで遊んだ疲れた身体を温泉で癒し、帰りには周辺の観光スポットに立ち寄るプランもありです。近くに住んでいる方だけでなく、遠方でも連休を利用してぜひ一度訪れてみてください。

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪