暖炉×こんろ「DAN+RO」がクラウドファンディングに登場。初回に大成功した実力を発揮!

 キャンプ用品

金属加工メーカーが手がけるキャンプ用品ブランド「+MANIA(プラスマニア)」。国内最大級のクラウドファンディングサービス「Makuake」で、アイテム第2弾となるポータブル暖炉「DAN+RO(ダンロ)」を発表しました。暖房器具、こんろとして活用できる万能アイテムに、今回も注目が集まっています。


 目次


目標金額500%以上を達成した「+MANIA」から待望の新作が登場!

「+MANIA(プラスマニア)」は2019年12月、キャンドルをコンロに変える「can+ro」(キャンロ)をMakuakeで発表。斬新なアイデアが話題を呼び、目標金額の500%超えを達成しました。さらに、2020年3月に第2弾となる「DAN+RO」のサポーター(購入者)の募集を開始。目標金額を超える応募が寄せられています。既に話題になっているDAN+ROとは、一体どのようなアイテムなのでしょうか。

簡単で快適!コストも手間もかからない優秀な暖炉

「暖炉のようなぬくもりある火をながめたい」。こんなあこがれを持っていても、暖炉を家に設置するコストと手間を考え、一歩を踏み出せない人が多いのも事実。そんな方におすすめしたいのが、「連れ出せる暖炉」をコンセプトにした「DAN+RO」です。

簡単!気になる使い方やお手入れの仕方は!?

使い方はいたって簡単。扉を開けて内部の格子部分に炭を置き、底部に固形燃料をセットして着火するだけです。手前と奥に耐熱の強化ガラスを使用しているため、窓から燃える炎を見て楽しめます。

「+MANIA(プラスマニア)」は、創業50年以上もの歴史を持つ金属加工メーカー「アイザワ」(愛知県岡崎市)が立ち上げたブランド。音響や医療の機器を製作するこのメーカーが手がけた製品なので、「DAN+RO」の安全性と強度は折り紙付き。さらに格子部分は取り外して簡単に洗浄でき、手入れも楽ちん。金属加工メーカーならではの、細かい工夫がたっぷりです。

暖炉だけどこんろ!?これひとつでキャンプがさらに豊かに

持ち運びができる暖炉として使うだけではなく、こんろとしても使用できます。炭火が十分に温まれば、上部は鉄板に早変わり。スキレットやシェラカップなどを置いて、調理できます。

オプションの鉄板や網を使えば、焼き鳥を焼いたり鉄板焼きを楽しんだりすることも。窯を使えば、ピザも焼けます。オプションは、プラスマニアの公式オンラインストアで販売しています。

プロジェクトは5月まで。チェックはお早めに!

気軽に外で暖炉を楽しめるだけでなく、キャンプでの料理のバリエーションを増やせるDAN+RO。これひとつで、キャンプがより豊かな体験になりそうです。「Makuake」でのプロジェクトは、5月中に終了を予定。一般販売予定価格の48,000円(税込)の10%オフで購入できるので、次の冬を前に、早めの購入をおすすめします。

支援(購入)はこちら:Makuake「DAN+RO」
公式HPはこちら:+MANIA
公式ストアはこちら:+MANIA STORE

▼第一弾「can+ro」はこちら!現在は公式ストアで販売中です!

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪