キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

コロンビア新フットウェアは秋冬キャンプ向き!札幌との意外なかかわりとは?

コロンビアから2019年秋冬フットウェアの新シリーズ「サップランド」が登場!雪や雨でも快適に歩けるように開発され、秋冬のキャンプ用にシューズの購入を検討されている人にぴったりのアイテムです。札幌との意外な接点など、特徴をわかりやすく解説します。

新シリーズは札幌とポートランドが由来

コロンビア本社があるアメリカ・オレゴン州のポートランドは、札幌市と姉妹都市。コロンビアファン待望の新シリーズには、それぞれの名前の一部から「SAPLAND(サップランド)」と命名されました。ポートランドは雨が多く、札幌は積雪寒冷地。「どちらの都市でも快適な歩行性を約束したフットウェア」というコンセプトで企画。全部で4タイプで展開しています。

雨でも雪でも快適に歩けるようにというコンセプト

雪国での快適な歩行を重視した「アーク」と「アークチャッカ」の靴底には、コロンビア独自デザインのビブラムソールで、濡れた氷の上に強い「アークティックグリップ」を採用しています。写真の内側にある三つ葉のマークがアークティックグリップです。 外側には乾いた氷の上で威力を発揮する「アイストレック」を採用。ソールの機能を組み合わせることで、雪国の多様な雪や氷に対応できるようにしています。雪国の人通りの多い街中などでツルツルになったアイスバーン上でも活躍すること間違いなし。札幌由来の名前にふさわしく、雪国の住人だけでなく、雪道や凍った道の歩行に不慣れた観光客にもオススメです。

両国の先住民をモチーフにしたデザイン

靴の中敷とヒールテープには、北海道のアイヌ民族とポートランドに暮らす先住民が使う柄をモチーフにしたオリジナルグラフィックをデザイン。幾何学模様が他のフットウェアにはないオリジナル感を出しています。

新作4アイテムをご紹介!

本格的な雪国で活躍!「アークティックグリップ」採用の2タイプ

靴底以外にも工夫が施されています。4アイテム全てに防水機能の「ウォータープルーフ」が備わっているので、雨や湿った雪の日でも水の浸み込みを防いでくれます。また身体の熱を反射し高レベルの保温性を発揮する「オムニヒート」の機能もあり、快適性を保ちます。また「アーク」は内側にジッパーがあるので、脱ぎ履きしやすく、手袋をしたままでもホールドが調整しやすくなっています。

タウンでも使いたい方に!リーズナブルな「ラバーソール」の2タイプ!

「ラバーソール」タイプは、凍結した路面でも滑らない「アークティックグリップ」機能は搭載されていません。しかし凹凸が深いことから、雪国の積雪シーンでない限りは、ストレスなく歩くことができます。「アークティックグリップ」機能が搭載されていない分、アーク2種類と比較してリーズナブルな価格も魅力です!保温性を発揮するオムニヒート機能によって、寒さから足元を守ってくれます。

まとめ

タウンでも使いやすいデザインでありながら、雪国でもストレスなく歩けるサップランド。今年の秋冬キャンプ用にフットウェアをお探しの方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

今回紹介したアイテム

商品画像サップランド アーク ウォータープルーフ オムニヒートサップランド アーク チャッカ ウォータープルーフ オムニヒートサップランド チャッカ ウォータープルーフ オムニヒートサップランド モック ウォータープルーフ オムニヒート
商品名サップランド アーク ウォータープルーフ オムニヒートサップランド アーク チャッカ ウォータープルーフ オムニヒートサップランド チャッカ ウォータープルーフ オムニヒートサップランド モック ウォータープルーフ オムニヒート
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事