焚き火に身も心もゆだねる2日間。キャンプフェス「焚キ火ノ音」がキャンパーにはたまらないと話題に!

 おでかけ

焚き火好きのためのキャンプフェス「焚キ火ノ音 -TAKIBI MUSIC FESTIVAL-」が2019年10月26、27の両日、東京・江東区の若洲公園キャンプ場で開催されます。焚き火を囲んで食事や音楽を楽しんだり、話題の焚き火台や関連のグッズを買ったりと、思う存分「焚き火」を楽しめるフェスです♪


 目次


「焚キ火ノ音 -TAKIBI MUSIC FESTIVAL-」が10月26日、27日に開催!

   

出典:Instagram (@takibinooto)

昨年まで開催されていた「TAKIBI CLUB 〜Bonfire & Music Festival〜」がさらにパワーアップ。今年は『焚キ火ノ音 -TAKIBI MUSIC FESTIVAL-』として、10月26、27の両日に東京・江東区の若洲公園キャンプ場で開催されます!

「火」「音」「木」「食」の4つをキーワードに、焚き火やそれに関連したコンテンツが数多く用意されています。都心の自然の中で、焚き火も音楽もアクティビティもすべて満喫できるイベントです♪

焚き火を存分に楽しめる「焚キ火ノ音」の魅力

後泊が無料!2泊3日で楽しめる♪

   

出典:Instagram (@takibinooto)

焚キ火ノ音は、日帰りでもキャンプ泊でも楽しめます。せっかくならキャンプがおすすめ!焚き火が最も楽しい時間帯が夜であるのはもちろん、なんと今年の焚キ火ノ音ではイベント終了後の後泊が無料!2日分のチケットで2泊3日分を楽しむことができ、とってもお得です。

キャンプフェスが好きな人はもちろん、今までフェスにあまり行ったことがないけど、キャンプや焚き火は大好き!という方にぜひおすすめしたいフェス!土曜日から月曜の朝まで、週末を好きなだけアウトドアで遊びつくせます♪

使ってみたかった焚き火台をレンタルできる!

   

出典:Instagram (@takibinooto)

「TAKIBI LOUNGE」では、使ってみたかった焚き火台や新しい焚き火台をレンタルして試用ができます♪音楽やお酒、食事を楽しみながら、初めての焚き火台を体験できるのは魅力的ですね☆現時点では、尾上製作所やパーゴワークス、TRIPATH PRODUCTS(トリパスプロダクツ)などの焚き火台がラインナップされています。

焚き火にまつわるストアやワークショップも!

   

出典:Instagram (@takibinooto)

「TAKIBI MARKET&WORKSHOP」では、アウトドア用品の展示販売を行うマーケットや、体験型のワークショップなどが用意されています。サンゾクマウンテンやオンウェーなど、今注目のブランドも出展しているので要注目です!

焚き火とともに楽しむ”音楽”や”食”も充実☆

豪華アーティストが出演!「TAKIBI LIVE」

   

出典:Instagram (@takibinooto)

今年は音楽にも力を入れている焚キ火ノ音。「TAKIBI LIVE」には豪華アーティストが出演。フェスを盛り上げてくれます☆

サマソニをはじめ多くの野外フェスに出演してきたCalmeraや、生演奏スタイルで日本のhiphopシーンを牽引してきた韻シスト、ジャズ界で数多くの賞を受賞しているfox capture planなど、個性的な実力派がラインナップ。焚き火との相性は抜群であることは間違いなしです!

まるごとグリルを楽しめる「TAKIBI MARCHÉ」

   

出典:Instagram (@takibinooto)

もちろん食も充実しています。「TAKIBI MARCHÉ」では、茨城県の那珂川沿いに位置する農園、晴れ晴れファームの旬の野菜を手に入れることができます。焚き火を使って、美味しい野菜をまるごと食べてみてはいかがでしょうか。

チケット絶賛発売中!気になるイベント情報はこちら▼

   

出典:Instagram (@takibinooto)

【基本情報】
日程:2019年10月26日(土)、27日(日)
会場:江東区立 若洲公園キャンプ場
オープン:
[26日(土)] 11:00〜23:00
[27日(日)] 10:00〜21:30
公式HPはこちら:焚キ火ノ音

【チケット料金】
・入場券:
[1日入場券] 5,000円
[2日通し入場券] 9,000円 *テント泊の場合にはサイト利用券が別途必要
・キャンプサイト券:10,000円(駐車場券付) *別途入場券が必要
・レンタルテントセット券:
[2名用] 10,000円
[3名用] 15,000円
[4名用] 20,000円
*セット内容はテント、インナーシート、寝袋、ランタン
*別途キャンプサイト券+2日通し入場券が必要

まとめ|秋の涼しさと「焚キ火ノ音」の相性が抜群!

   

出典:Instagram (@takibinooto)

いかがでしたか?秋の涼しさを感じる10月こそ、焚き火が楽しくなるシーズン。会場の若洲公園は都心からのアクセスも良く、手軽に焚き火の楽しさを満喫できます。普段はフェスに参加することが少ないキャンパーさんこそ、2泊3日で思う存分キャンプで焚き火を楽しめる「焚キ火ノ音」に参加し、フェスや音楽の良さも体験してみてほしいです♪


あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

イベント 焚き火台 キャンプ場

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪