上津江フィッシングパークを解説!自然の中で釣りもキャンプも楽しめる!

 おでかけ

出典:大分県観光情報

大分県日田市にある「上津江フィッシングパーク」は、自然の川を利用した釣り堀が口コミで評判の遊び場です。夏休み限定で解放される渓流の滑り台「ウォーターシューター」は子ども達に大人気。周囲には天然温泉も多数あります。そんな人気スポットの魅力を紹介します。


 目次


アウトドアパーク「上津江フィッシングパーク」

   

出典:上津江フィッシングパーク / Facebook

大分県の北西部。大分自動車道の日田ICから車で約1時間の場所に、上津江フィッシングパークはあります。その名の通り、「渓流釣り」が楽しめるキャンプ場です。エリア内には自然の川を区切った天然の釣り堀があり、大人から子どもまでが放流されたニジマス釣りを楽しめます。

他にも夏休み限定で開放される渓流に作られた滑り台「ウォーターシューター」や、けやき原生林の散策など、自然豊かな環境を活かしたアクティビティが数多くあります。オートキャンプ仕様のテントサイトや、様々なタイプの貸切ログハウスなどの施設も充実しています。

上津江フィッシングパークでできること

①手ぶらで渓流釣りが楽しめる

   

出典:上津江フィッシングパーク

「上津江フィッシングパーク」では貸し竿で手ぶらで渓流釣りが楽しめます。もちろん持参もOK。餌はイクラなので、虫が苦手な人でも安心です。エリア内に複数の釣りのポイントがあり、場所を決めたらニジマスを1kg以上購入し、釣場に放流します。時間はたっぷり2時間。放流の魚なので、初心者でも釣れるチャンスがあります。

釣る匹数に上限はありません。釣った魚は受付でエラや内臓の処理をしてもらえます。施設内の茶屋で塩焼きにしてもらったり(1匹150円 )、バーベキューハウスやそれぞれのテント、コテージで焼いて楽しめます。

持ち帰る場合は、氷付きのクーラーボックスを購入できます。下処理済みなので、家では軽く洗うだけで済みます。キャンプ場の思い出を振り返りながら、子供と舌鼓というのがおすすめです。

[ニジマス放流] 2,720円 / 1kg
[貸し竿] 100円 / 本
[餌(イクラ)] 200円 / 1ケース
[クーラーボックス] 500円 / 個

魚はよく釣れる?釣れない?

   

出典:上津江フィッシングパーク / Facebook

日韓ワールドカップの時にカメルーンの合宿地として有名になった中津江村を通って、2時頃に『上津江フィッシングパーク』に着きました ログキャビンのチェックインは3時からなので、早速魚釣りを 川の側にくると半袖では寒い位 午前中の暑さが嘘のようです 気持ちイイ~ そして感動する程水が奇麗 空気も本当に美味しい

石で塞き止められた所を一つの釣り場とし、1kg(約8匹)¥2,000で買ったニジマスを放流して釣ります。 これなら絶対釣れますよね~ 皆無言で真剣 すぐに釣れそうでなかなか釣れない でも釣れた時はとっても嬉しくて、面白い~~~ ポツポツと雨が降り始めたので途中で止めましたが、主人は3匹、私と母は1匹づつ釣れました

四つの幸せ探しに行こ♪

標高約600メートルの上津江フィッシングパークは避暑に最適。清流の流れる釣場は夏でも肌寒いほどで、一枚羽織るものがあった方が良さそうですね。釣りは入れ食いとは行かないまでも、確実に魚を手にすることはできそうです。

ご存知の方は多いと思いますが、ここ上津江フィッシングパークは、天然のマス釣りが楽しめるわけではなく、いわば釣り堀です。場所台と併せて放流してもらうお魚を買って釣るスタイルです。なのでお値段はそこそこします。単純に魚を食べたいのであれば、買ってしまった方が安いんでしょうけど、チビ達のお楽しみの要素が強いので、、、。子供の笑顔のためにはハイ・プライス?釣り場はこんな感じで区画されていて、空いていれば好きな所を選ばせてもらえます。

で、成果はこちら。一人2匹が目標でしたが、5匹連れたのでまぁ良しとしました。無事にお昼ごはんが調達できてよかったです。

北京のダーシー九州福岡をゆく!ブログ

朝早くフィッシングパークに到着したのに30分の待ち時間があったとか。大分では人気のスポットなんですね。家族で5匹釣れたそうで、放流でも子供と釣りを楽しめるなら文句なしです。

②天然のウォーターシューター(ウォータースライダー)で川遊び

   

出典:上津江フィッシングパーク / Facebook

夏休み限定で開放される「ウォーターシューター」は、自然の川の中に作られた全長90mの滑り台です。エリア内の下流付近にあたり、やや水深のある場所に「ドボン!」と突っ込みます。水着着用で浮き輪使用がルール。浮き輪に座る形で滑ります。浮き輪は200円でレンタルもしています。

「上津江フィッシングパーク」内を流れる川は夏でも水温が低いので、体調や時間には気を付けて川遊びを楽しみましょう。

③整備された散策道で森林浴

   

出典:上津江フィッシングパーク

「上津江フィッシングパーク」のエリアの最奥、一番高い所にあるのが「けやき原生林」です。ここには2kmもの散策道が整備され、森林浴ができます。どこまでも続く深い緑。樹木の芳香「フィトンチッド」を浴びて身も心も癒されます。樹々に覆われて標高も高いので、夏でもとても涼しいです。秋には紅葉も楽しめます。

④バーベキューハウスでバーベキュー

   

出典:日田市上津江公民館

エリアの中腹にはバーベキューハウスがあります。雨風にも負けないしっかりとした作りで、3時間100円で誰でも使用OK。釣った魚を味わうほか、キャンプ客も雨のときにはここで盛り上がります。魚以外にも好みの食材を持ち込めるので、広めのテーブル付きバーベキュー炉で仲間とワイワイ楽しめます。

上津江フィッシングパークの宿泊施設

キャンプができるテントサイト

   

出典:上津江フィッシングパーク

テントサイトはエリア中腹の川のそばにあります。広さは2タイプあり、全部で10区画。全て車の横付けができるオートサイトです。地面は平坦で、テントの設置がしやすいのもうれしいポイントです。近くに屋根付きの炊事場があり、雨の時には利用するのもいいですね。

水洗のトイレやシャワールーム(冷水無料・温水100円)もあります。サイトの規模は小さい方ですが、全ての施設が使い勝手の良い場所にあります。

新ログやドームなどの貸切ログ

   

出典:上津江フィッシングパーク

様々な貸切のログハウスも建ち並んでいます。最大収容人数は6~16人。ペンションタイプ、キャビンタイプ、和室のあるタイプ、テラスのあるタイプ、ロフトのあるタイプなど、どれも魅力的で目移りしてしまいます。

どのタイプもトイレ、冷蔵庫を完備。お風呂ありやシャワーのみ、コンロと流し付き、キッチンタイプのような細かい違いがあります。公式HPなどを参考にじっくり選んでみましょう。料金は1泊1棟で計算されるので、人数が多ければそれだけ一人当たりの利用料は抑えられます。家族や仲間で、目的に合った1棟を見つけてください。

ブログで口コミ評判をチェック!

   

出典:上津江フィッシングパーク

毎年、ほぼこの「 角ログ 」に泊まっています。「 角ログ 」は、丸太の心材だけをを使った贅沢な四角の素材を使ったログハウスとのことです!利用料金は1棟1泊10人用で16,000円(10名利用時1,600円/人)とリーズナブルな価格設定 (^^♪そして目の前にはテニスコートが3面あります。(中略)ログハウス の前には バーベキュー 用のスペースがあります。ベンチ(3人掛け×4台)もあるので、10人ぐらいでもゆっくり バーベキュー を楽しめると思います。

部屋に入ると1階は15畳(1K)ほどのスペースがあります。キッチンとトイレとお風呂(シャワーのみ)が設置されています。設備はガスコンロ、冷蔵庫、扇風機、電気ポット、布団5組、テーブル1台です。ちなみにエアコンはありませんが、ひんやりとした川の冷気のおかげで扇風機だけで十分快適です。(夜は真夏でも寒いぐらいです)2階はロフトになっています。10畳ぐらいでしょうか。三角屋根のため天井も高く、しかも大きな窓があるので明るいです。子供には嬉しい空間ですよね!

CAMP LIFE

丸太の心材だけを使ったという「角ログ」。木材の重厚感と温かさが落ち着きます。入口の庭にはバーベキュースペースもあり、大人数で盛り上がるにはうってつけ。エアコン要らずの涼しさもうれしいポイントです。

マイナスイオンたっぷりのキャンプ場(中略)炊事場、トイレ(水洗)と手入れが行き届いてます 炊事棟横にはシャワー(コイン有料) とこじんまりしたキャンプ場で使いやすいとこです こちらが大きいほうのサイト(3000円) 広さは十分 こんな感じで収まります 涼しく、遊び場もあるので ファミリー、夏にはとてもおすすめなキャンプ場ですよ

373ファミリーOUTDOOR LIFE

上津江フィッシングパークの自然豊かな景観や、管理の行き届いた施設の良さが伝わってきます。マイナスイオンに癒され、家族仲も深まる素敵な場所です。

料金や天気など、予約前のチェック項目!

花火や直火は禁止

   

出典: Kat72 / ゲッティイメージズ

山火事の危険もあるため、直火の焚火はできません。花火も種類にかかわらず禁止です。手持ち花火ならOKという個人ブログの記述も見られますが、管理側は許可していません。しっかりとルールを理解した上でキャンプを楽しみましょう。

犬や猫などペット同伴はNG

ペットの同伴も禁止されています。自然豊かな環境で愛犬と過ごしたくなる気持ちもわかりますが、キャンプ場は他のキャンパーも大勢利用する公共の場です。皆が快適に楽しめるように気をつけましょう。

周辺の温泉情報

   

出典:菊池観光協会

車で約20分ほどの場所に、天然温泉「菊池温泉」があります。「菊池温泉」は施設の名前ではなく、温泉のある地域のことを指します。ホテルや旅館が日帰りの温泉を開放しているので、300~600円の入浴料で使用できます。透明でぬるぬるした「美肌の湯」が特徴です。

九州自動車の植木ICを利用する場合には「菊池温泉」がおすすめです。日田ICを利用する場合はフィッシングパークまでの道のりに「梅の香温泉なごりの湯」や「日田温泉」など、複数の温泉施設があります。キャンプや釣りで疲れた体を存分に癒してからゆっくり帰路につきましょう。

上津江フィッシングパーク周辺の天気をチェック!

「上津江フィッシングパーク」は標高約600mの場所にあるため、寒さ対策は必須。山の中なので天候も変わりやすく、注意が必要です。川も雨の影響を受けやすいので事前の確認をしっかりとしてください。天気の情報は常に気にとめておきましょう。

こちらをチェック:上津江フィッシングパークの天気

上津江フィッシングパークの基本情報

   

出典:上津江フィッシングパーク / Facebook

住所:大分県日田市上津江町川原1656-92
電話:0973-55-2003
営業期間:通年(7~8月を除く水曜日定休・年末年始休業)
料金:
[入場料] 100円 / 人(小学生以上)
[釣場] 2,720円 / ニジマス1kg(放流)
[テントサイト] 2,000円~ / 1張1泊
[貸切ログ] 13,000円~ / 1棟1泊
チェックイン / チェックアウト:
[テントサイト] 14:00 / 10:00
[貸切ログ] 15:00 / 10:00
公式はこちら:上津江フィッシングパーク

上津江フィッシングパークで自然を満喫!

   

出典:上津江フィッシングパーク / Facebook

天然の釣り堀が楽しい「上津江フィッシングパーク」。家族で、仲間たちで盛り上がれるキャンプ場でした。子供との避暑や気軽な釣り体験をしたくなったら、ぜひ「上津江フィッシングパーク」に出掛けてみてください。


あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪