キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

キャンプで活躍!カセットボンベで使えるストーブ特集

出典:Pixabay

身近なカセットボンベで使えるストーブ。秋冬のキャンプでちょっと暖を取るのに最適です。コンパクトなので、車の積載も心配なし。カセットコンロでおなじみのイワタニのものや、おしゃれなデザインのアラジンなど。気になる燃焼時間や室内での利用可否など、詳しく解説します!

カセットボンベ(ガス)で使えるストーブとは?

出典:Amazon

カセットコンロで使われることが多い「カセットボンベ(ガス)」。どの家庭にもよくある燃料で、誰でも見慣れていますよね。そんなカセットボンベを燃料としたストーブがあります。使い方はカセットコンロと同じくカセットガスを装着するだけ。扱いに慣れている燃料なので、普段ストーブを使っていない人でも安心して利用できますよ。もちろん電源不要なので、アウトドアに持ち出すことだって可能です。

出典:Amazon

カセットボンベで使えるストーブは、コンパクトで軽量なものが多く、持ち運びがとても簡単です。石油ストーブを持ち運ぶのは少し大変ですよね。石油が漏れてしまう心配や臭いも気になります。カセットボンベで使えるストーブなら、そのような心配もなく、気軽にキャンプに持って行けます。また、燃料が足りなくなっても安心。カセットボンベならスーパーやコンビニで簡単に手に入れることができちゃいます!

カセットボンベストーブの気になるポイント

カセットボンベストーブに関する気になるポイントをまとめました。カセットボンベストーブのことをしっかり知っておくと、キャンプで安全かつ安心して利用できますよ。

燃焼時間はどれくらい?

出典:Amazon

カセットボンベストーブの燃焼時間は、利用時の気温やストーブの発熱量によって異なります。ただ、1本のカセットガスを燃料とした場合、その燃焼時間はおよそ1時間半から3時間程です。キャンプで利用するなら、カセットボンベ3本くらい持っていけば十分暖を取れますよ。

室内(屋内)利用はできる?

出典:Amazon

ストーブを室内で利用するには、3つの装置が備わっていることが法律で決まっています。まず、1つ目は「転倒防止装置」。ストーブが倒れたら自動的に消化する装置です。2つ目は「立ち消え安全装置」。風などで火が消えた時、自動的にガスを止める装置です。最後に、不完全燃焼する前にガスを遮断して消化する「不完全燃焼防止装置」。この3つの装置が無いカセットボンベストーブは室内で利用できないので、注意してください。

カセットガスはどれでも使える?

出典:photo AC

以前のカセットボンベは、サイズなどが定義されておらず、異なるメーカーのガスボンベを使いまわすことができませんでした。しかし、現在ではJIS規格(日本工業規格)により仕様が細かく定められ、全てのメーカーの互換性が確保されています。そのため、どのメーカーのカセットボンベでも利用できるようになっています。ただ、少し昔のカセットボンベを利用する際は、互換性がない場合もあるので、よく確認してから利用するようにしましょう。

カセットボンベストーブの選び方

大きさや形状

カセットボンベストーブは様々な形状のものが販売されています。足元を暖めるものからストーブと同じサイズで一定の範囲を暖めるものまであります。また、キャンプで利用する場合は持ち運びやすさも重要になります。そのため用途に合わせて最適なモデルを選びましょう。

発熱量と燃焼時間

製品によって発熱量(kcal/hもしくはkWの表記)が異なります。これはその製品の発熱量を示しているのですが、発熱量が大きいと暖房能力が高くなりますが、カセットガスの消費が激しくなり、燃焼時間が短くなります。逆に発熱量が小さいと暖房能力が低くなり燃焼時間は長くなります。 ストーブによっては発熱量を切り替えられるものがあるため、発熱量を切り替えられるモデルがおすすめです。

カセットボンベで使えるストーブはこれ!

カセットボンベストーブでキャンプ快適!

出典:Amazon

秋冬もキャンプしたいけど、いきなり石油ストーブや薪ストーブはハードルが高いですよね。カセットボンベストーブなら、リーズナブルな価格で手軽に暖かさを手に入れることができます。足元を暖めるだけでも、かなり快適に過ごすことができますよ!安全に扱えるカセットボンベストーブで、秋冬キャンプを楽しみましょう!

今回紹介したアイテム

商品画像ポータブルガスストーブマイ暖デカ暖アウトドアヒーターミスターヒートどこでも暖坊
商品名ポータブルガスストーブマイ暖デカ暖アウトドアヒーターミスターヒートどこでも暖坊
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事