豊かな自然が息づく長尾根丘陵のキャンプリゾート「PICA秩父」

 キャンプ場

PICA秩父

出典:PICA秩父

埼玉県秩父市の「PICA秩父」へは東京から車で約1時間40分、秩父長尾根丘陵にあり、豊かな自然に囲まれた、たくさんのコテージやグランデなどがあるキャンプスポットです。手ぶらでもキャンプが楽しめるグランピングリゾート「PICA秩父」の魅力をご紹介します。


 目次


PICA秩父が人気の秘密

PICA秩父は、自然と音楽、スポーツが楽しめる「秩父ミューズパーク」内にある宿泊エリア。新しいキャンプスタイル”グランピング”が楽しめるキャンプ場です。食材の準備やテントの設営が不要で、手ぶらで訪れてもOK。初めての人からベテランキャンパーまで満足できる設備が整っています。

PICA秩父の魅力5選

タイプが色々ある98棟のコテージ

PICA秩父    

出典:PICA秩父

リゾートコテージエリアにある木の温もりを感じるコテージの数は全部で98棟。タイプは6種類あります。天体望遠鏡があるコテージやデンマーク王室御用達のアウトドアオーブンがあるコテージ、愛犬と泊まれるコテージなど、こだわりのコテージぞろいです。

リゾートコテージエリアには、車を乗り入れることができないところも魅力の1つ。自然との一体感に包まれ、この上ないくつろぎが満喫できます。コテージには、シャワーやトイレはもちろんのこと、テレビや冷蔵庫なども備えてあります。

冷暖房完備で、床暖房も完備されているので冬のキャンプも大丈夫です。寝具やタオル、洗面用具などもあり、ホテル並みの設備。テントやバーベキューのセットなどのキャン用品の準備をすることなく、訪れてください。

【基本情報】
住所:埼玉県秩父市久那637-2 秩父ミューズパーク 内
電話:0494-22-8111
宿泊施設:
[スタンダード4] 定員4名・50棟
[スタンダード 6] 定員6名・25棟
[コテージ・星ぞらキャンプスタイル] 定員6名・10棟
[ドギーコテージ]定員4名・5棟
[アウトドア・オーベルジュコテージ] 定員4名・5棟
[グラン・オーベルジュコテージ] 定員4名・3棟
料金:1泊2食付き 13,000円~(シーズン、コテージによって違います)チェックイン / アウト:15:00 / 10:00
アクセス:
[車] 関越自動車道・花園ICから国道140号線で37km(約40分)、熊谷から国道140号線で51km(約100分)、飯能・日高方面から国道299号線で45km(約70分)、八王子・所沢方面から国道16号線~299号線、中央自動車道・勝沼ICより国道20号~411号~140号 雁坂トンネル出口より約60km
    
[電車] 池袋から西武池袋線で西武秩父駅下車(特急78分)、秩父鉄道熊谷駅からお花畑駅下車(53分)(西武秩父駅まで徒歩5分)、西武秩父駅からは「秩父ミューズパークスポーツの森」行き「ミューズパーク循環バス・ぐるりん号」を利用(約20分)
公式はこちら:PICA秩父

食欲が増す森の中でのバーベキュー

   

出典:PICA秩父

リゾートコテージエリアの中央に位置する「バーベキューヴィラ」。テントを張ったサイトが用意されていて、炭火を使った本格的なバーベキューが提供されています。秩父で育まれた地元の食材なども使用され、食からも秩父が堪能できるバーベキューです。

バーベキューヴィラは、日帰りでの利用も可能。予約が必要なのでお忘れなく。宿泊者はコテージ内のテラスでバーベキューが楽しめるプランもあるので、利用してみてはいかがしょうか。

【基本情報】
[スタンダードBBQコース] 3,900円 (1人前)
[秩父味噌豚BBQコース] 5,400円 (1人前)
[秩父味噌豚BBQコース] 5,400円 (1人前)
定休日:木曜※12月1日~3月22日までクローズ

くつろげる広々としたお風呂「樹音の湯」

pica秩父    

出典:PICA秩父

ログ調の建物を活かしたつくりの「樹音の湯」。ガラスの向こうには森が見え、自然を感じながらお風呂に入れます。大浴場の他にサウナも用意されている入浴施設です。コテージにはシャワーがついていますが、広々としたお風呂でくつろぐのもいいですね。宿泊しなくても、日帰りの利用も可能なので、「秩父ミューズパーク」で遊んだ後、「樹音の湯」で汗を流しませんか。

【基本情報】
営業時間:
[4月~11月]
平日 15:00~20:30(最終入場20:00)金土日祝日・繁忙期(7/19~9/30) 15:00~22:00(最終入場21:30)
[12~3月] 15:00~20:30(最終入場20:00)
※宿泊者は通年15時から22時まで利用可能(最終入場21:30)
料金:
[大人] 520円(中学生以上)
その他:タオル 200円(販売) バスタオル 200円(レンタル)
※宿泊者は無料
定休日:木曜日(コテージ営業日は除く)

ナチュラルな雰囲気のレストラン「森のカフェ&ダイニング」

pica秩父    

出典:PICA秩父

フロントがあるセンターコテージ内には「森のカフェ&ダイニング」があるので、キャンプのための食材を用意する必要はありません。文字通り森に囲まれたナチュラル感たっぷりのレストランでお食事が楽しめます。提供されているのは、洋食を中心にした多彩なメニュー。一面の窓からの見える自然もごちそうの1つですね。

【基本情報】
営業時間:
[ランチ] 11:00~15:00 (オーダーストップ 14:30)
[ディナー] 17:00~21:00(オーダーストップ 20:30)※ディナーは冬季お休み
[喫茶] 10:00~11:00、15:00~17:00
定休日:木曜日(コテージ営業日は除く)

大人も子どもも遊べる施設が充実

pica秩父    

出典:PICA秩父

PICA秩父がある「秩父ミューズパーク」には、アスレチックスやプール、テニスコートなどアクティブに過ごせる施設がいっぱい。自然を感じながら体を思う存分動かせる、アウトドアならではの休日が過ごせます。連泊しても楽しめる、充実した施設が整うPICA秩父です。

【基本情報】
・スポーツの森
住所:埼玉県秩父市久那637-2 秩父ミューズパーク 内
電話:0494-22-8111
料金:利用施設によって異なる
公式はこちら:秩父ミューズパーク スポーツの森

・フォレストアドベンチャー・秩父
住所:埼玉県秩父市久那637-2 秩父ミューズパーク・スポーツの森
電話:070-5567-3335
料金:3,600円 / 人
公式はこちら:フォレストアドベンチャー

まとめ

キャンプ用品を用意することなく、優雅にキャンプを楽しめるPICA秩父。宿泊は2食付となっており、食材やバーベキューセットなどの持ち込みはできません。売店があるので、お菓子や飲み物は購入することができます。PICA秩父を訪れ、大自然に身を任せて過ごしませんか。


あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

キャンプ場

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪