【取材】アウトドアショップ「デバイスワークス」は、大人の男心をくすぐる秘密基地だった<後編>

 キャンプ用品

DEVISE WORKS PRODUCTS(以下、デバイスワークス)は、エッジの効いたデザインで注目を集めている、横浜にお店を構えるアウトドアブランド。後編では、デバイスワークスのギミックがたくさん詰まったデザインやギアのあれこれをお届けしていきます!


 目次


前編のおさらい

デザイナーが立ち上げたアウトドアブランド

   

デバイスワークスは、キャンプ好きなデザイナー秋山さんが立ち上げたアウトドアブランド。本業はデザイン会社だからこその、エッジの効いたデザインがインスタグラムを中心に人気を集めています。さらに、他にはないデザインを求めて、国内外の名だたるガレージブランドとコラボギアも展開中!後編では、魅力の尽きないデバイスワークスのギアにフォーカスしました!

デザイナー&キャンプ好きとしてのこだわり

店頭に並べるのは、自分が良いと思うものだけ

   

━━━前編までのお話でもたくさんのこだわりを感じているのですが、改めて、お店に並んでいるギアたちへのこだわりを教えて下さい!

秋山:全部、自分で使っているもの、心底おすすめできるものを揃えています。仕入れ品ももちろんありますが、心からいいと思えるものをお届けしたいので、売れるから置く、というスタイルはとっていません。

━━━お店で買い物をしていただくうえで、気にしてもらいたいことなどはありますか?

秋山:かっこいいと思ってくれたら使って欲しい、ただそれだけです。素材はなんですか?なんて聞かれることもありますが、それは重要なことではなくて、直感でいいと感じたら、それが答えなんじゃないかと思っています。

「うわ、かっこいい!」が、すんごい嬉しい

   

━━━デバイスワークスを立ち上げてから、どのような時に楽しさや嬉しさを感じましたか?

秋山:結構インスタグラムで反応を得られていたりするのですが、それを見聞きして、全国から、中には海外からもお客さんが来てくれて、「うわ、かっこいい!」と直感でお持ち帰りしてくれる時ですかね。その反応が、すんごい嬉しい。BtoC最高です(笑)。

━━━すごい、日本だけでなく海外からも!ファンの方の熱意を感じます…!お店を訪れてもらえることで、お客さんと直に会えて、双方お話が聞けるというのも素敵ですね。

秋山:他にも、インスタグラムを見ていてくれた方が、キャンプ場で話しかけに来てくれたりして。そこで輪が広がっていったというか、大人になっても友達って作れるんだ、これは楽しい!なんてこともあったりしました。

━━━それも楽しそう!いくつになっても、共通の趣味で輪が広がっていくのは嬉しいですね。

作ってからは話さなかった「ロゴ」の秘密

作り手のエゴだけど、想いは詰まっています

   

━━━デバイスワークスという名は、どこから由来しているのでしょう?

秋山:CのDEVICEではなく、SのDEVISEと書くのですが、よく間違えられます(笑)。「工夫して作る」というニュアンスを持つ、動詞のデバイスに由来していて「クリエイティブなことで物事を解決する」ことを生業にしているので、社名にもブランド名にも採用しました。

━━━確かに間違えられやすそうです…。でも、お聞きすることで納得しました!独特なロゴデザインの意味や意図についても教えてください!

秋山:このロゴは、ブランドとショップを立ち上げるときに作りました。Dの部分には、木材などを固定するの時に使う「バイス」を、デバイスワークスのバイスとかけて配置しています。中心の目は、よく見ると小文字のEになっていて、周りをよく見渡して欲しい、固定概念をなくして欲しい、という想いを込めています。

━━━本当だ!DもEもいますね!これは、直接説明してもらわないと理解できなかったです…!

秋山:でも、こういう話は作ったり考えているときにはたくさん話すけれど、世に出してからは話すことはないかな。見た人がただ単純に「かっこいい」と思ってくれたら、それが嬉しいので。作り手のエゴだからこそ、話す必要もないですしね。ただ、想いが詰まっていることには間違いありません。

━━━なるほど…。(語らないことの強かさ・かっこよさ、というものを体感したhinata編集部)

いいものに、デバイスワークスのギミックを

シェラカップ

   

デザイン会社だからこそ、グラフィックにこだわって作られたシェラカップ。エッジを効かせながら、幅広いデザインがラインナップされています。生産も社内で行う徹底したこだわりぶりで、特殊なアナログ製法につき全てハンドメイド。焚き火で使っても、ガシガシ洗っても消えにくいのが特徴です。

【New!】LOWER CHAIR

   

BALLISTICSとコラボをした新製品。座面高をカーミットチェアと同様の高さに抑え、背面を少し高く、ヘッドレストにクッションを入れることで、座りやすくなっています。

DEVISE WORKS別注のLOWER CHAIRは焚き火サイドでも使えるよう、生地を変更。コットンナイロンという生地で、コットンとナイロンのいいとこ取りをしたものです。肌触りもよく、座りやすい仕上がりになっています。ブラック生地には、ブラックプリントをシンプルに。カーキには、ミリタリーテイストなダメージプリントが施されています。

SANDANBARA

   

PINO WORKSとのコラボ製品。腰痛持ちの秋山さんが、究極のカーミットを作ろうとデザインしたカーミットチェア専用ジャケットです。座面背面全てにクッションを入れ、長時間座っていても疲れないソファーのような座り心地。キャンプや自宅で使って欲しいという思いからシンプルなデザインにしています。どんなリビングやキャンプサイトにも馴染んで、主役になれるアイテムに仕上がっています。

HARE TABLE

   

台湾のBLACK DESIGNというブランドの「ハレテーブル」。日本では、DEVISE WORKSが初めて取扱いを開始しました。ツートンの木目が特徴で、両サイドにセットされたアイアンプレートでテーブルがさらに拡張可能です。熱いものもそのままおけるので、まさにキャンプのためのテーブルと言えます。計算された奥行きで、テントの中に入れても邪魔にならない絶妙なサイズ感です。作りもさることながら、コスパに優れたスタッフさんイチオシギア!

   

━━━最後に、一つだけ。今後の展望、意気込みを教えてください!

秋山:まだウチは駆け出しなので、色んな人に知ってもらいたいですね。ガレージブランドが好きな人や、ガレージブランドを知らない人たちに、こんなスタイルもある、ってことを知ってもらえるように頑張ります。

━━━素敵な意気込みに、貴重なお話ばかりうかがえてホクホクです。今回はありがとうございました!

【基本情報】
名称:DEVISE WORKS PRODUCTS
住所:神奈川県横浜市西区藤棚町1-52-7 横山ビル
電話:045-325-9046
営業時間:11:00〜19:00
instagram:@deviseworks

かっこいいキャンプギアが盛りだくさん!

「DEVISE WORKS PRODUCTS」を見る →

まとめ

後編では、秋山さんのこだわりや素敵ギアをご紹介しました。思わずお店まで足を運んでみたくなる、ギアも心意気もエッジの効いたデバイスワークス。気になる方はお店へ、ぜひ一度訪れてみてください。


あわせて読みたい記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪