軽い!簡単!エアライズテントの魅力とおすすめ商品7選

 キャンプ用品

夜のキャンプ場

出典:Sebastian Werner/flickr

野営をするのに欠かせないテント。荷物を持って歩くことを考えるとできるだけ軽いものがあると便利です。この記事では、アライテントの『エアライズ』について、その商品の魅力やおすすめ商品についてご紹介します。どんなテントを選べば良いか知りたい方は参考にしてください。


 目次


アライテントのエアライズの豆知識

国内ハンドメイドで高品質!アライテントのエアライズとは?

アライテントのエアライズ    

出典:Amazon

『エアライズ』はアライテントのブランドであるRIPENのシリーズです、RIPENとは「熟練」を意味する英語です。創業から半世紀以上経ちますが、RIPENの意味の通り『エアライズ』は「熟練」した職人による国内での手作り。初心者から上級者までが使いやすい高品質な登山用品などが一つひとつ大切に作られています。エアライズでは、オプションパーツも使用することによりオールシーズン対応することができます。

余分なものをそぎ落としたデザイン

エアライズのアライテント    

出典:Amazon

テントによっては内部にランタンをつるす場所があったり、小物入れがあったりと便利機能がついています。しかし、『エアライズ』にはそのような機能は一切なく、シェルターとして眠る場所に特化しています。

とにかく軽さを重視するならジャストサイズのテント、荷物を置いたりテント内で活動したりする予定であれば大きめサイズが選べます。

オプションパーツが豊富

『エアライズ』は、出入り口を広げる前室や防寒用の外張、夏の虫から身を守る蚊帳などさまざまなオプションがあります。

エアライズは、テントの短辺側に入口があるタイプ。狭い場所(細長い場所)でも張りやすく、耐風性も高いです。稜線上のテント場ではベストでしょう。

オプションで冬季用の外張りもあるので、積雪期でも使用可能です

山旅GOGO

季節ごとに最適なテントを使い分けても良いですが、まずしっかりしたテントを1つ手に入れて必要に応じたカスタマイズがしたいという方におすすめです。グラウンドシートと組み合わせれば、地面からの結露や冷えなどから体を守ってくれるでしょう。

アライテントのエアライズが人気の秘密

アライテントの様子    

出典:Amazon

コンパクト

アライテントは登山・アウトドア用品専門店で多く取り扱われています。利用する人数やスペース、重さなどを考慮して1~3人用が選べますが、収納時は長さ30~40cmのバッグと40cm弱のフレームとに分かれて非常にコンパクトになります。持ち運ぶときはもちろん、家で保管している場合にも負担になりにくいです。

軽量

車で出かけるキャンプであればそれほど気にならないかもしれませんが、自分で荷物を運ぶ登山等の場合、どの位の重さなのかというのは非常に重要です。『エアライズ』の場合、フレームやフライシートなどをあわせても1人用が1,360g、3人用が2,070gと非常に軽量。持ち歩きの負担を軽減します。

設営が簡単

『エアライズ』のテントはロープを張って、ペグで固定して、といった手間がかかりません。サッと広げて休めるので、ソロキャンプで疲れてしまい一刻も早く休みたい場合や、雨が降ってきそうでとりあえず休める場を早く作りたいという場合に困りません。

このテントは初心者でも家で練習すれば15分も経たずに設営を終えられるようになります。設営は非常に簡単です。

のぼるひと

ポールの先が行き止まりになっているため、「一人で組み立てていて折角フレームを通したのに反対側から抜けてしまった」などという苦い思いをする必要もありません。

大きさもオプションもいろいろ!エアライズのテント6選

エアライズテントの評価・口コミは?

コンパクトで空調もよかったです。
値段分の価値ありです。
やっぱりいいですね

Amazon

このテントで数年間にわたり何十回も寝泊りしていますが、特に大きなトラブルもなく、生地が薄め以外の大きな不満点もなく、主に夏~秋の期間、現役で使っています。

のぼるひと

エアライズテントは使っている人が多いので、ネット上でも多くのレビューを見ることができます。その中でも、全体的に、良い印象が多く、多くのキャンパーさんが満足しているようです。中には15年以上も同じテントを使っている人もいます。それだけ、アライテントは耐久性に優れているということですね☆

まとめ

『エアライズ』は、アライテントのドーム型テントのことで1~3人用があるほか、オプションパーツも複数ありキャンプシーンに役立ちます。コンパクトで軽量なのでキャンプやツーリングにも便利。もしアウトドアの予定がある方は、ぜひ候補に検討してみてはいかがでしょうか?

▼こちらの記事も人気です!


あわせて読みたい記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪