小型でも明るい!おすすめのフラッシュライトをメーカ別にご紹介!

 キャンプ用品

フラッシュライト

出典: joachimbago / ゲッティーイメージズ

アウトドアだけでなく緊急時の備えとしても活用できるフラッシュライト。ひと昔前までは、オンとオフを切り替えるだけのシンプルな設計がほとんどでしたが、現在では多数の機能を搭載した製品も登場しています。この記事では、おすすめのフラッシュライトを7つご紹介します。


 目次


フラッシュライトとは

フラッシュライトと聞くと仰々しいイメージがありますが、簡単に行ってしまうと懐中電灯のことです。最近ではLEDライトが標準となっており、耐久年数が大幅に上がっています。災害時や急な停電にあった際に一つ持っておくと便利ですね!機種によってはバッテリーが異なりますが、一番メジャーなタイプは単三電池2本入れる構成です。

この場合、今ではエネループに代表されるように充電式の単三電池がありますので、一度購入しておけばそこからは電池を買い足す手間もいりません。

フラッシュライトの多彩な機能

フラッシュライト

出典:amazon

今日のフラッシュライトは、電源のオンとオフだけでなく製品によってさまざまな機能を搭載しています。例えば、スイッチを押すだけで調光を切り替えられる機能では、明るさの調整だけでなくSOS信号を発信できるものがあります。

さらに、照射範囲をコントロールできるタイプでは、本体のヘッド部分を伸縮させることで、広範囲もしくは遠くまで照射可能です。また、防水機能を搭載している製品も多く、アウトドアや雨天時でも問題なく使用できることも特徴の一つです。

機能が増えても使い方が複雑になる心配はありません。実際に年配の方でも簡単に操作できるよう設計されており、直感的に使うことが可能です。また、サイズに関しても、小さいものだとペンとさほど変わらない大きさの製品もあるので、カバンに入れておいても邪魔になりません。

フラッシュライトは非常時や防犯用、護身用としても活用される

アウトドア キャンプ フラッシュライト

出典: Wako Megumi / iStock / Getty Images Plus / ゲッティーイメージズ

フラッシュライトがあれば、災害で明かりがなくなったときにも、周囲を照らせます。その他にも、ヘッド部分がロータス形で設計されたライトなら、ガラスに打ち付けることで、少ない力で簡単に粉砕できます。地震が起きると窓を開けられず、「家の中から出られない」というケースが起こる可能性があります。そのため、フラッシュライトは防災面でも大活躍します。

女性は、夜道や人通りの少ない場所を利用すると、襲われる可能性もあります。そんなとき、防犯用としても使えるフラッシュライトを持ち歩いていれば、自分の身を守ることができるかもしれませんね。災害や非常時に備えて、自宅や車、普段から使っているカバンなどそれぞれにライトを入れておけば、万が一の事態でも安心です。

シュアファイアのフラッシュライト

シュアファイア G2X Pro-YE

シュアファイア E2T-MV

ジェントスのフラッシュライト

GENTOS LED懐中電灯 GP-6BK

GENTOS AP-100SV

レッドレンザーのフラッシュライト

Ledlenser P4X

アーミーテックのフラッシュライト

Armytek Wizard PRO XM-L2

Wsiiroonのフラッシュライト

Wsiiroon懐中電灯

LUMINTOPのフラッシュライト

LUMINTOP Tool AA 2.0

Heliusのフラッシュライト

Helius x18

CREEのフラッシュライト

CREE社 XM-L2 5

AUKELLYのフラッシュライト

AUKELLY フラッシュライトLED

まとめ

フラッシュライトは、夜道を歩く際やアウトドアのシーンで活用できるほか、非常時にも活躍する便利なアイテムです。多機能な製品が多く登場しており、スタイリッシュなデザインのものなどバラエティー豊かな商品が盛りだくさんです。使用するシーンに合わせてフラッシュライトを選びましょう。

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

キャンプ小物

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪