スノーピークから初☆和のグランピングが開業!おしゃれなキャンプライフに釘付け♪

 キャンプ場

150年の歴史を誇る豪農の屋敷と日本庭園が特徴的な、五十嵐邸ガーデンに開業された「スノーピークグランピング スワンレイク五十嵐邸ガーデン」。ここは、スノーピークの常設グランピング施設2か所目となる宿泊施設で、天朝閣グループ運営のもと、 2019年5月18日(土)にオープンしました。新たにできたこの施設は、一体どんな場所なのでしょうか。夏のレジャーに向けて素敵なグランピング施設をご紹介します。


 目次


スノーピークのグランピング施設について

   

スノーピークは2017年以降、グランピング事業を展開しており、2017年6月に神奈川県横須賀市に「snow peak glamping 京急観音崎」を開業しています。さらに2019年夏には、長野県白馬村にスノーピーク監修グランピングフィールド「Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGEN」も開業予定。今から気になるグランピング施設の一つです。

今回の「スノーピークグランピング スワンレイク五十嵐邸ガーデン」では、クラフトビールの製造販売をはじめ飲食、温泉宿泊旅館、阿賀野市の豪農の屋敷「五十嵐邸ガーデン」を利用したブライダルなど多岐に渡る事業を展開する天朝閣グループと提携することとなり、オープンしました。大自然の中で非日常の体験ができる施設になっています。

このグランピング施設のポイント

和のグランピングを「住箱-JYUBAKO-」で体験!

   

ここでは、世界的建築家、隈研吾氏とスノーピークが共同開発したモバイルハウス「住箱-JYUBAKO-」に宿泊することができます。5棟の宿泊棟として利用されており、予約争奪戦になりそうなので、早めの予約がおすすめです。住箱のデザインは和を基調とし、豪農の歴史を感じられる重厚感溢れる施設になっています。そのため、外装には黒塗装を施し、木目や節をあえて残し、木の持つ温かみが感じられる佇まいに仕上げられています。

スノーピーク製品の世界観が味わえる

   

外装の住箱はもちろんですが、内装も気になるところ。タープや家具、食器に至るまで、スノーピークの製品が使われています。今まで「このアイテム使ってみたい」「レイアウトするとどんな雰囲気なんだろう」と、気になっていたアイテムも実際に使ってみることができるので、購入後のイメージが湧きやすいですね♪スノーピークの世界観が感じられる、ナチュラルでおしゃれな内装で、最高のグランピングができそうです!

新潟を満喫!地元食材に舌鼓

   

実はこちらの「スノーピークグランピング スワンレイク五十嵐邸ガーデン」ではお料理も凄いんです!地元新潟の食材を生かした料理や、国際審査会で数々の受賞歴をもつ新潟を代表するクラフトビールも堪能できます。自然の中で過ごす、特別なひとときに美味しいビール、美味しいご飯で思い出に残る旅行になること間違いなしですね♪

施設についての基本情報

【施設概要】
所在地:新潟県阿賀野市金屋340-5
客室数:5室(モバイルハウス)
利用料金:基本プラン 1泊2食付 (夕・朝食)
[日曜・平日] 15,000円~
[土曜・休前日] 20,000円~
※ 2019年7月まで全日オープニング価格15,000円~
予約開始日:2019年5月16日(木)10:00~
公式はこちら:スノーピークグランピングスワンレイク五十嵐邸ガーデン

まとめ

いかがでしたか?歴史あるロケーションで、和と自然を感じ、美味しいものも堪能できるなんて、とっても贅沢ですね♪黒塗り塗装された「住箱」や、内装にもこだわったグランピング施設は、スノーピークの世界観が表現されていて圧巻。夏休みの予約を考えるほど、ワクワクしちゃいますね♪ぜひ、素敵なグランピングを体験してみてください。


あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪