キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

最高の思い出が作れる!奈良県のキャンプ場「春さくらコテージ」

キャンプ場と言えば、大自然の中で日常から切り離された時間をゆったりと楽しむイメージがあります。現に、今回ご紹介する春さくらコテージも大阪市から車で2時間、山と川に囲まれた場所にあります。しかし、春さくらコテージではそのような時間も楽しめるのはもちろん、普通のキャンプ場にはないものがあります。それでは春さくらコテージについて紹介しましょう。

春さくらコテージはこんなところ!

春さくらコテージは北欧をイメージしたつくりになっており、コテージやログハウスにはフィンランドの木が使用されているので、見ているだけでメルヘンな雰囲気に。そんな中でバーベキューをすれば、フィンランドにいる気分になれます。

ナイトプールやバーで大人の時間を!

しかし、春さくらコテージの人気の秘密はそれだけではなく、七色に光るナイトプールやお酒が楽しめるバーがあることなのです。バーでは映画が上映されることもあり、飽きずに何日でも滞在できそうです。春さくらコテージの周りも見どころいっぱいで、双門の滝や面不動鍾乳洞などの観光名所をぐるりと回れるのも魅力です。

綺麗な川を満喫!

川へはコテージからつり橋を渡り徒歩5分の距離です。小さなお子様には、コテージ横に谷があり、コテージの飲料水に使用されているほどキレイです。春さくらコテージの近隣には九尾谷があり、橋の下では、九尾谷と天ノ川が合流しており、直接川原に降りることができますので、谷でも川でも最大限に楽しめます。

天川地域のキャンプ場は観光がお手軽!

年間70万人が訪れる一大観光名所の天川村、春さくらコテージでめいっぱい遊んだら、人気の観光エリアに出かけてみてください。その他、天河大弁財天社は日本三大弁財天のひとつでアーティストが多数崇拝する芸能の神様。みたらい渓谷はエメラルドグリーンに輝く神秘的な淵です。 他にも、面不動鍾乳洞という、関西最大クラスの規模を誇り、県の文化財にも指定されている名所があり、ごろごろ水という日本の名水百選のスポットも訪れることができます。双門の滝は、日本の滝百選で、登山道からみえる高さ70mの巨大な滝は圧巻です。

キャンプ場の施設情報

春さくらコテージは予約が取りにくい超人気コテージ。その理由は、オーナーやスタッフの方のおもてなしの心づかいにあります。お部屋の清掃は行き届き、屋外にはカーポートがついていて、雨がふってもバーベキューが可能です。食器等の日用品は全て完備してあります。小コテージ・大コテージの横に車を駐車できます。荷物の持ち運びもらくちんで車でも安心です。 こだわりのフランス製のプールにはLEDライトがともり、夜は幻想的な雰囲気を演出します。夜は10時まで泳げるので、めいっぱい楽しめます。夜にはお好きなDVDを上映し、映画を見ながら家族やグループでゆったりとした時間を過ごせます。

お風呂・トイレ事情

各コテージに設置されているので、夜中にトイレに行きたくなっても安心です。 お風呂・トイレ情報: [シータ] シャワー・トイレ別 [ナウシカ] お風呂・トイレ別   [その他のコテージ] ユニットバス 

周辺の温泉施設

コテージから車で行ける近い場所に温泉施設が3つあります。天川温泉へは車で3分、洞川温泉へは車で30分・みずはの湯へは車で20分ですので、広いお風呂にゆったりと入りたい!という方は利用するとよいでしょう。

予約前のチェックポイント

奈良県吉野郡周辺の気候について

天川村周辺は暖温帯で年間雨量が非常に多く、冬など乾燥しやすい時期でも雨がよく降ります。コテージ周辺は標高600m、100mで1度変わるため6度ほど低いので夕方から涼しくなります。8月の平均気温は23度ですのでクーラーはいりません。 現地の天気はこちら:奈良県吉野郡天川村の天気

春さくらコテージの基本情報

住所:奈良県吉野郡天川村九尾469番地 電話:080-6219-0444 料金: [小コテージ] 14,450円(税込)~ [大コテージ] 33,750円(税込)~ チェックイン/アウト:13:00 / 10:00 アクセス:下市口駅から車で約60分 公式はこちら:春さくらコテージ

最後に

春さくらコテージは大自然の恵みを楽しく過ごせる工夫がいっぱいの施設です。大切な思い出作りに一度足を運んでみてはいかがでしょうか? ▼【全国版】キャンプ初心者にもおすすめの厳選コテージ特集!こちらもあわせてチェック!
 最終更新日:

あわせて読みたい記事