hinata

>

キャンプ場

>

スタイル

>

ファミリーキャンプ

>

三世代で行く!旅行より快適で楽しい親孝行キャンプのススメ

三世代で行く!旅行より快適で楽しい親孝行キャンプのススメ

 キャンプ場

森を散歩するおじいちゃんと孫の後ろ姿

出典:Pixabay

たまには親孝行で旅行でも行こうかな、と考えているアナタ。ちょっと待って!実は旅行よりもキャンプのほうが快適で楽しく、三世代でキャンプするにはもってこいなんです。


 目次


旅行より快適!?親孝行でキャンプへ行くのがオススメな理由

枝の刺したマシュマロを火にかざす姉妹    

出典:U.S. Department of Agriculture/flickr

リーズナブルなのに移動と人混みナシで快適!

ご両親とお子さん、どちらも連れて旅行に行くとなると気になるのは費用面ですよね。できるだけ出費を抑えたいところですが、特に宿泊場所で安いところを選んでしまうと、設備やサービスが行き届いておらず、ご両親へ負担がかかってしまいますよね。それに、あまりいいところを選ぶとお子さんがはしゃいで周りに迷惑をかけてしまいそうで心配。

そんな時こそキャンプがおすすめです!大自然の中でお子さんがはしゃいでも大丈夫ですし、きちんとしたキャンプ場を選べば、きっとご両親もリラックスできるでしょう。お子さんがはしゃいでも大丈夫!しかもホテルや旅館と比べても宿泊費はかなりリーズナブルでお財布にも優しいんです♪

子供のお世話と両親へのおもてなしが同時にできちゃう

キャンプ場ならお子さんが走ったり騒いだりしても、ホテルや旅館のように周りに迷惑がかからないので安心して遊ばせることができます。思いっきり遊べるのできっとお子さんたちも大はしゃぎするはずです。そんな様子を眺めながらご両親と語り合ったり、またお子さんと協力して火おこしやごはん作りをしてご両親へおもてなしをしたりと、キャンプでは絆を深めることができるポイントがいっぱい!大自然の中でゆったりとした時間を一緒に過ごせば、みんなの距離がもっともっと縮まることでしょう。

キャンプ場とギア選びに気をつければOK♪

もしご両親やお子さんたちがキャンプ初心者なら、野外での寝泊りには慣れていないことでしょう。キャンプに不慣れでも無理なく過ごせるようにしっかりとキャンプ場やギアを選んであげることが大切です。

キャンプ場を選ぶポイントはココ!

林間サイトにテントを張り準備するカップル    

出典:Virginia State Parks/flickr

キャンプ場選びは三世代で楽しむための重要なポイントです!特にこんなところがおすすめ!

1.高規格なキャンプ場を選ぼう!

設備や備品が充実している高規格なキャンプ場を選びましょう。特に両親に慣れない野外宿泊をさせるとなると、色々と不安も大きいはず。ゆったりくつろげる温泉や、夜でも綺麗なトイレ、管理の行き届いた炊事場などに加え、色々な備品をレンタルできるキャンプ場だと安心ですよね。

2.サイトの広さを確認!

1つあたりのサイトが広く、プライベートを確保できるキャンプ場かどうかよく確認しましょう。サイトごとの間隔の狭いと慣れないご両親は隣が気になってストレスを感じてしまうかもしれません。またお子さんたちが遊べるスペースも欲しいですよね。ホームページなどでサイトの広さもよく確認してみてください。

3.周辺施設やアクティビティの充実度をチェック!

ご両親が快適に過ごすためには、キャンプ場から離れずまったりするのがベストです◎でもあまりやることがないと小さいお子さんは物足りなく感じてしまうかも。そんなとき近場で楽しめる場所があればお子さんも退屈することなく過ごせます!キャンプ場内や歩いてすぐの場所にアクティビティがあるキャンプ場を選びましょう。

親孝行キャンプにオススメな関東のキャンプ場3選

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ(茨城県)

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラの上空からの様子    

出典:大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ

大子広域公園の中にあるオートキャンプ場グリンヴィラは、親孝行キャンプにうってつけの高規格キャンプ場です!公園内にはプールと温泉があるので、お子さんたちをプールで遊ばせている間、ご両親にはゆっくり温泉を楽しんできてもらうことができます。

キャンパーを迎えるゲストハウスにも温泉施設があるので、食事の前後や寝る前の入浴はこちらを利用すると良いでしょう。また、ゲストハウスには売店やレンタルショップもあります。快適なキャンプのためのサービスが充実しているので、安心して両親と宿泊することができそうです。他にもたくさんのアクティビティが充実しているのでお子さんが飽きてしまうことはありません!キャンプサイトも一つ一つがとても広く、大きなテントも楽々収まりますよ♪

-------
【基本情報】
住所:〒319-3552 茨城県久慈郡大子町矢田15-1
TEL:0295-79-0031
料金:1泊1サイト3600円※通常期
アクセス:那珂I.Cから国道18号で約1時間
予約はこちら:大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ
------

リバーサイド長瀞オートキャンプ場(埼玉県)

リバーサイド長瀞オートキャンプ場の川と豊な緑    

出典:リバーサイド長瀞オートキャンプ場

近年、テレビや雑誌などの様々なメディアで取り上げられている「リバーサイド長瀞オートキャンプ場」は、女性目線で作られた女性に優しいキャンプ場です。ドライヤーが備え付けられたパウダールームがあったり、炊事場には三角コーナーや洗剤が常備されていたり、ふとした優しい気遣いが魅力の一つです。キャンプが初めてのご両親でも気疲れすることなく快適に過ごすことができるでしょう。

シャワーはもちろん近くには温泉施設もあるのでお風呂の心配もありません。また個性あふれる売店には可愛いキャンプ雑貨がたくさんあるので、お子さんたちやご両親に喜ばれること間違いなし◎カヌーやマスつかみ取りなどが季節ごとに行われていて、お子さんはもちろんご両親も参加できるイベントが盛りだくさん!みんなで一緒に参加すればきっと楽しいキャンプになるでしょう。 

-------
【基本情報】
住所:〒369-1312 埼玉県秩父郡長瀞町大字井戸559-1
TEL:0494-66-0640
料金:1泊1サイト4000円
※V-ビューサイト/100~150平方メートル/バリュー期
アクセス:関越自動車道・花園インターチェンジから車で約20分
予約はこちら:リバーサイド長瀞オートキャンプ場
------

森のまきばオートキャンプ場(千葉県)

森のまきばオートキャンプ場の受付の建物    

出典:森のまきばオートキャンプ場

森のまきばオートキャンプ場は家族以外のグループだと5名までしか利用することができないため、隣のサイトがうるさくて困るようなことがなく、ご両親も安心して過ごせます。またキャンプ道具のレンタルや販売が充実しているので、いざ忘れ物をしてしまったり、ご両親が思いがけないものが必要だったことに気がついたりしても安心です。近くにスーパーマーケットがあり、そこには温泉も併設されているとか。買い物ついでにひとっ風呂浴びられるのが嬉しいポイントです。キャンプ場には花畑や羊舎があり、お子さんたちも普段見られないような花や動物との出会いにワクワク!家族でのんびりと時間を過ごすのに最適なキャンプ場です。

-------
【基本情報】
住所:〒299-0202 千葉県袖ヶ浦市林562-1-3
TEL:0438-75-2966
料金:1泊1サイト5400円※通常期
アクセス:JR内房線姉ヶ崎駅より約20分
予約はこちら:森のまきばオートキャンプ場
------

これがあればらくらく♪快適にキャンプを楽しむためのギア選び

【テント】ティエラワイドⅡ(小川キャンパル)

広々とした6人用テント ティエラワイドⅡ    

出典:小川キャンパル

ティエラワイドⅡは広々とした2ルームテントです。ゆとりをもって作られたテントは6人用で、荷物を置いても狭さを感じず、ストレスフリーで過ごせます。他の6〜7人用テントと比べて低価格なのも魅力的。付属のキャノピーポールを立てれば開放感のある前室が登場。もちろん閉めておけば雨風や虫の侵入を防げます。吊り下げ式で設営も簡単なので、お子さんと協力しながら立てても楽しそうです♪

【基本情報】
使用時サイズ:横580×奥行400×高さ215cm
収納時サイズ: 85×50×38cm
重量: 幕体 約14.5kg/ポール 約6.82kg
付属品:スチールピン、張り綱、アイアンハンマー、セルフスタンディングテープ インターナルガイライン、張り出ポール(170cm)、ライナーシート、収納袋
購入はこちら:小川キャンパル

【チェア】CSオートリクライニングチェア(キャプテンスタッグ)

ハイスタイルのCSオートリクランニングチェア    

出典:キャプテンスタッグ

最近はロースタイルのキャンプが流行っていますが、高齢の両親と一緒にキャンプをするなら、楽に立ち上がることができるハイスタイルのチェアを選びましょう。こちらのCSオートリクライニングチェアは、両方の肘置きにカップホルダーがついているので、飲み物やスマホなどが入れられてとっても便利◎そして最大の特徴はリクライニング機能!後ろに体重をかけるだけで簡単にリクライニングし、足を思いっきり伸ばせます。最高にリラックスした状態で、お昼寝をしたり美しい夜空を眺めることができますよ。
  
【基本情報】
使用時サイズ:通常時 幅90×奥行73×高さ97
リクライニング時 奥行135×高さ82cm、座面の高さ 37cm
収納時サイズ:約23×20×長さ98cm
重量: 5.3kg
耐荷重:約80kg
購入はこちら:キャプテンスタッグ

【寝袋】セパレートシュラフ オフトン(スノーピーク)

コットの上のセパレートシュラフ オフトン    

出典:スノピーク

その名の通りまるで家のお布団のように快適な寝袋です。少し蒸す日は足のみを開放して風邪ひき防止に、本格的に暑い夜は2枚に離して掛け布団のように使ったりと、横についたファスナーで自由にスタイルを変えることができます。小さなお子さんがいる場合は連結させて一緒に寝ることも可能。軽くて暖かく、洗濯もできちゃう万能寝袋なんです!

【基本情報】
使用時サイズ:80×210cm(敷)、86×200cm(掛)
収納時サイズ:約20×40cm
重量: 1.7kg
セット内容:本体、収納ケース、保管ケース
購入はこちら:スノーピーク

3世代で行くからこそ気を付けたいポイント

テント前でくつろぐ人々    

出典:Wisconsin Department of Natural Resources/flickr

行動はキャンプ場内で完結!キャンプはゆったり楽しんで

普段は周辺の観光も兼ねてキャンプに来ているという方もいるかと思いますが、キャンプ場から出ずにゆっくり過ごすのがおすすめです。お子さんと一緒に作ったごはんをご両親に振る舞い、みんなでゆったり夕食を楽しんでいれば、あっという間に時間は過ぎていくものです。たき火を眺めてくつろぎながらおしゃべりすれば、それだけで楽しく充実した時間が過ごせるはずです♪

ごはんのメニューに「箸休め」を追加しよう♪

キャンプのごはんといえばバーベキュー。濃い味付けの肉や魚ばかりだと胃がもたれてしまいます!サラダや野菜を使ったおつまみなどさっぱりした箸休めになるものを一緒に作るといいでしょう。濃い料理で疲れた胃を休めてくれるだけではなく、メイン料理の味をより一層引き立ててくれますよ。品数が増えてちょっぴり豪華なごはんになるのも嬉しいポイントです♪

体調をよく確認すべし!薬の忘れ物はない?

キャンプの前にしっかり確認してほしいのが体調です。万全の体調で臨まなければキャンプを全力で楽しむことはできません!また持病や、足腰に不安がある場合は忘れ物に要注意。常用の薬などがある場合は必ず荷物に入れましょう。湿布や絆創膏があるといざという時に安心です!

まとめ

ご両親との旅行を考えているなら、ぜひキャンプに行ってみてください!きっとたき火の前なら普段言えないような感謝の気持ちを自然と伝えられますよ。


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事

関連するキーワード

スタイル ファミリーキャンプ

おすすめのキーワード

hinata ライター募集
hinata ライター一覧はこちら

  • LINE@ 友だち追加! 新商品や役立ちワザ、最新のアウトドアスポットまで毎日hinataから厳選した情報をお届けします。
  • テントのレンタル開始
  • hinata trunk banner
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪