hinata

>

キャンプ用品

>

アウトドアブランド

>

スノーピーク

>

スノーピーク待望の2018年新作情報!新作テント3モデルをチェック!

スノーピーク待望の2018年新作情報!新作テント3モデルをチェック!

 キャンプ用品

夕暮れのキャンプ場 テントの灯り

出典:スノーピーク

キャンパー待望のスノーピークの新作情報が公開されました!第1弾として、2018年モデルとして発売される3タイプのテントを紹介。早いものは明日の12月21日から発売開始なんです!発売前に新作テントの情報をチェックしましょう!


 目次


ワンポール×アイボリー!スピアヘッド Pro.M / L

新作のアイボリーカラーのスピアヘッドPro    

出典:スノーピーク

スノーピーク2018新作テントの一番の目玉は、アイボリーカラーのワンポールシェルター!スピアヘッド Pro.Mスピアヘッド Pro.Lの2サイズ展開です。昨年から登場したラグジュアリーな雰囲気を持つアイボリーラインの新作となっています。

ワンポールながら広い居住空間

内側の構造    

出典:スノーピーク

スノーピークのテントやシェルターには珍しい、ワンポールで設営するタイプで、上から見ると六角形になっています。メインポール1本で立ち上げますが、サブフレームで周囲も立ち上げるので、広い空間を確保しています。ワンポールタイプは、テント端が圧迫感を感じやすいですが、スピアヘッドPro. ならストレスなく室内で過ごすことができます。

またスピアヘッドPro. は連結して拡張することができます。同サイズはもちろん、MサイズとLサイズも連結できる他、ドッグドームPro.6、ランドブリーズ 6、アメニティドームMとも連結可能。家族でゆったりと過ごしたり、グループキャンプの拠点にしたりと、活躍シーンは多いようです。

テント下部のベンチレーション    

出典:スノーピーク

テントの上部と下部にベンチレーションを備えており、通気性も抜群。スカートもついており、隙間風はシャットアウトします。夏場は窓を開けて風を感じながら、冬場はストーブをinして快適に過ごすことができそうです。

インナーテントで寝泊まり可能

インナーテント    

出典:スノーピーク

別売りのインナーテントを購入すれば、そのままシュラフで横になって寝ることも可能。こちらのインナーテントもMとLサイズの2展開になっています。シェルターとしても、テントとしても使い分けられるのはうれしいですね。

スピアヘッド Pro.L
参考価格:158,000円(税別)
重量:16kg
対応人数:8人
発売日:12月21日
公式サイトはこちら:スピアヘッド Pro.L

スピアヘッド Pro.M
参考価格:128,000円(税別)
重量:13.5kg
対応人数:6名
発売日:12月21日
公式サイトはこちら:スピアヘッド Pro.M

登山テントがバージョンアップして復活!ラゴ Pro.air 1

登山用の軽量テント ラゴPro.air 1    

出典:スノーピーク

新作テントの2つ目は、登山用の軽量テント、ラゴ Pro.air 1です!昔スノーピークから販売されており、現代は廃盤となってしまっていたラゴシリーズが、進化して復活しました。登山はもちろん、ツーリングキャンプやバックパックキャンプにおすすめのテントです。

ダブルウォールなのに1kg以下!

ダブルウォール    

出典:スノーピーク

ラゴ Pro.air 1の最大の特徴は、ダブルウォールであること。通常、登山用の軽量テントは、重量を抑えるためにシングルウォールを採用していることが多いです。しかしシングルウォールは、結露しやすく内部に水滴が発生してシュラフや荷物が濡れてしまうことがあるのです。その点ダブルウォールは、インナーテント内まで結露が発生することはなく快適な居住空間を得ることができるのです。にも関わらず、素材やフレーム構造を見直し、総重量950gという軽量さを実現しました。

トレッキングポール代用でさらに軽く

トレッキングポールで代用可能    

出典:スノーピーク

ラゴ Pro.air 1のフレーム構造はコの字フレームに2本のメインフレームを挿入しますが、この2本のメインフレームはトレッキングポールで代用することができます。トレッキングポールで代用すると、重量は800gにさらに減り、よりコンパクトに持ち運ぶことが可能。ここまで快適かつ軽量コンパクトな登山テントは他にはありません!

ラゴ Pro.air 1
参考価格:42,800円(税別)
重量:メインフレーム有/950g(ケース・ペグを除く)、メインフレーム無/800g(ケース・ペグを除く)
対応人数:1人
公式サイトはこちら:ラゴ Pro.air 1

2018年4月にエントリーパックも登場!カマボコ型のヴォールト

トンネル型のヴォールト    

出典:スノーピーク

スノーピークのエントリーモデルに新しいテントが登場!今流行中のトンネル型、その名もヴォールトです。対応人数は4人のファミリー向けのモデルになっており、ファミリーのキャンプデビューにオススメのモデルとなっています。

シェルターにもなるカマボコ型!

ヴォールトのインナーテント    

アーチ状のフレームで設営するカマボコ型のテント。フレームで外側のフライシートを立ち上げ、インナーテントは内側からぶら下げるだけという、設営が簡単なのが魅力的です。初心者でもテント設営に時間を取られることなく、キャンプを楽しむことができますよ!

シェルターとして使用も可能な型    

出典:スノーピーク

インナーテントを吊り下げるタイプのテントのメリットは、シェルターとしても利用できるということ。椅子やテーブルを並べて、雨風をしのげる空間を作り出すこともできます。

タープとセットのエントリーパックも

タープとセットになったエントリーパックTT    

出典:スノーピーク

さらに、テントとタープがセットになったエントリーパック T Tも同時発売。現行モデルでは唯一のセット販売です、流線型のシルエットがかっこいい、人気のヘキサタープも同時に手に入れることができます。しかもセット価格は49,800円(税別)と、スノーピーク製品としてはかなりお買い得!来年4月発売なので、キャンプデビューと合わせて手に入れるしかありませんね!

ヴォールト
参考価格:29,800円(税別)
重量:7.65kg
対応人数:4人
公式サイトはこちら:ヴォールト

エントリーパック TT
参考価格:49,800円
重量:テント/7.65kg、タープ/7kg
対応人数:4名
発売日:2018年4月予定
公式サイトはこちら:エントリーパック TT

まとめ

夕暮れのキャンプ場 テントの灯り    

出典:スノーピーク

これまでなかったようなスノーピークらしい快適さを追求したテントから、キャンプをまだしたことがないキャンプ初心者にぴったりのモデルまで、ご紹介しました。2018年もスノーピークからも目が離せませんね!新商品が気になる人は発売日を逃さないようにチェックです!


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinata ライター募集
hinata ライター一覧はこちら

  • LINE@ 友だち追加! 新商品や役立ちワザ、最新のアウトドアスポットまで毎日hinataから厳選した情報をお届けします。
  • テントのレンタル開始
  • hinata trunk banner

 人気の
アウトドアスポット

森と星空のキャンプヴィレッジ

 キャンプ場,栃木県

森と星空のキャンプヴィレッジは、栃木県の東端に位置するキャンプ場です...

1

北軽井沢スウィートグラス

 キャンプ場,群馬県

「北軽井沢スウィートグラス」は、アメリカの国立公園をモチーフに作られ...

2

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

 キャンプ場,群馬県

「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」は群馬県吾妻郡嬬恋村にあります...

3

森のまきばオートキャンプ場

 キャンプ場,千葉県

「森のまきばオートキャンプ場」は、都心からわずか60分で行くことので...

4

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base)

 キャンプ場,神奈川県

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base...

5
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪