キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

【ドイター】のフューチュラは短期間の山行にぴったり!その理由とは?

リュックを背負った親子

出典:ドイター

高い品質で多くのハイカーから評価を得ているドイター。今回は、日帰り・小屋泊・テント泊などシーンに合わせて、短期間の山行にオススメのバックパック、フューチュラシリーズを徹底的にご紹介!きっと皆さんも虜になりますよ♪

日帰りのハイキングにおすすめ!ドイターのフューチュラシリーズ

ドイターフューチュラ 背面部分

出典:ドイター

腰回りのクッションが分厚い

フューチュラシリーズは腰回りのパッドが分厚く、重い荷物を長時間背負っても疲れにくいつくりになっています♪また、ストラップを調整することで身体にぴったりと付き、より重さが負担にならない、疲れにくいように設計されています!

背中部分がメッシュでムレない!

先述の分厚いパッドと背中にぴったりとくっ付くというところから、ムレることを心配された方もいるのではないでしょうか?そこはご安心ください!特殊な形状の背面パッドは必要最小限の設置面で重さを受けるようになっています。さらにメッシュ素材で通気性抜群!快適に過ごせます♪

ハイドレーションシステムで水分補給可能!

上記写真の左側に伸びるチューブは、ハイドレーションシステムのものでストリーマーを付属すれば、バッグパックを降ろすことなく水分補給することができます♪

日帰りハイキング〜小屋泊にオススメのモデル!

小屋泊〜テント泊にオススメのモデル!

ドイター フューチュラプロ40SL

ブルーのバックパック

出典:Amazon

小屋泊に対応可能な女性用中型バックパックです♪2気室構造は小屋泊では重宝しますね。ハイドレーションシステムですぐに水分補給することもできます。 容量:40L 重量:1,720g サイズ:68×34×26cm 参考価格:20,000円(参考価格)

ブログのレビューをチェック!

何と言っても背面の「エアコンフォート フューチュラシステム」が素晴らしい。独自のベンチレーションで背中が蒸れないし、フィット感もとても良い。サイドに2Lのマチ付きポケットが2つあるし、ザックカバーも内蔵している。

ドイター独自の背面システムはやはり人気で、これが購入の決め手となった方も多いようです。ポケットの多さも魅力の一つですね♪

こちらはメーカーが特に説明しておりませんが、実物をよく見ると本体の生地が2重になってしっかりしています。これにより歩行中にパッキングが崩れることなくバランスよく背負える。それに2重になることで耐久性と防水性も増します(レインカバー付き)。

背中で荷物が動いてしまうと、重さの配置が変わってしまいそれだけで重たく感じてしまったり、なにより背中でゴソゴソ動いてると気になってしまいますよね。フューチュラでは生地がしっかりと荷物を支えてくれるので、配置が変わりづらいんですね。

このファスナーを開くことで、上の写真のとおり1気室として使用することも可能です。
2気室に分かれている理由は「荷物にアクセスしやすいこと」、「下部に衣類等比較的軽いものを上部に重たいものをパッキングすることで重たいものの重心を体に近づけるため」です。

2気室に分かれているので、大事なカメラや軽い衣類などを分けて収納することができます。特に素早く着替えを取り出したい泊りがけでの登山に重宝しますよね。

まとめ

ドイターのフューチュラシリーズについてご紹介いたしましたが、いかがでしたか?軽量で利用者の負担が軽減されるよう設計されたフューチュラシリーズは、短期の山行にぴったりのバックパックです!サイズが豊富なフューチュラシリーズ、お好みサイズがきっと見つかりますよ♪

今回紹介したアイテム

商品画像ドイター フューチュラ22ドイター フューチュラ24SLドイター フューチュラ26ドイター フューチュラ28ドイター フューチュラ30ドイター フューチュラ32ドイター フューチュラ35ELドイター フューチュラプロ34SLドイター フューチュラプロ42ドイター フューチュラプロ44EL
商品名ドイター フューチュラ22ドイター フューチュラ24SLドイター フューチュラ26ドイター フューチュラ28ドイター フューチュラ30ドイター フューチュラ32ドイター フューチュラ35ELドイター フューチュラプロ34SLドイター フューチュラプロ42ドイター フューチュラプロ44EL
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事