hinata

>

キャンプ

>

アウトドアブランド

>

速報

>

【速報】2018年ロゴスのココに注目!60秒で設営できるテントも!!

【速報】2018年ロゴスのココに注目!60秒で設営できるテントも!!

 キャンプ

ロゴスの新商品の展示会の様子

各種メーカーは、2018年春に向けた新商品の展示会シーズン!今回は、ロゴスの展示会に潜入したhinata編集部が、来年の注目商品をご紹介します!60秒で設営できるエアフレームテントや、簡単に膨らませられるエアマットなど、ロゴスらしい気の利いた商品ばかり♪必見です!


 目次


2018年はMAJIME LOGOSで!

キャンプサイトの展示    

展示会の至る所で目にしたワード「MAJIME LOGOS」。これは、ロゴスが今までお客さま視点でしてきた商品づくりを言葉にしたものなのだそうです。なんと、そんなお客さまに真摯に向き合った結果、250以上もの新商品が2018年春に発売予定!そんな、2018年注目のロゴスの新商品をご紹介します。

注目商品TOP3 ①60秒で設営できるエアフレームテント

展示されているエアフレームテント    

まずは、2018年新商品の中で、特に注目のアイテムを3つご紹介していきます!はじめに紹介するのが、こちらのテント。一見、なんの変哲もないテントですが、実はすごい特徴があるんです。。。!

そのすごい特徴の分かる動画がこちら。そう、実はこのテント、エアフレーム構造になっており、空気入れで空気を入れるだけで設営が可能なんです!通常のドームテントの、面倒なフレームをスリーブに通して、フロア部分の四隅にフレームをはめ込んでいく作業がないので、誰でも簡単に設営することができるんです!動画を観ていただければわかりますが、なんと女の子でもわずか約60秒で設営完了できるほど!

空気の入った後のフレームの張り具合も確認しましたが、とても丈夫で簡単には破れそうになかったので、エアフレームだからといって特に耐久性を心配する必要もなさそうです!

注目商品TOP3 ②グランベーシックのワンポールテント

ロゴスの新商品の展示会の様子    

2つ目は、グランベーシックシリーズから新しく発売されるワンポールテント!ベッドを2つ用意しても、十分な居住スペースを確保できるほどの広さと、おしゃれなアイボリーカラーが特徴です。大人数での寝泊まりはもちろん、テント内に家具を置いたり装飾して、少人数でグランピングのように優雅に過ごすのもいいですね!

グランベーシックのワンポールテントの内装    

テント内の展示には、ベッドが設置されていました。しかし、ここでもまた驚かされることが!一般的に、このベッドのシルエットを見ると、エアベッドだと思いますよね?実はこのベッドの土台は、エアベッドではなく、大きなコットなんです!

一般的なコットと比較した様子    

上の写真を見てもらえばわかりますが、一般的なコットと比べると、圧倒的に大きくなっています。どのくらい大きいのかというと、一般的なコットの横幅の2倍ほど!一般的なコットでは寝返りができなくて寝苦しかったという方でも快眠間違いなしのベッドになるんです!また、この大型コットをなんなくテント内に設置できるのも、今回のグランベーシックシリーズのワンポールテントならでは!

注目商品TOP3 ③簡単に膨らませられるエアマット

展示されているエアマット    

3つ目に紹介するのが、こちらのエアマット。こちらも一見普通のエアマットのように見えますが、この収納袋にヒミツがあるんです!

エアマットに空気を入れている様子    

実はこの収納袋、空気を入れてエアマットを簡単に膨らませられるようになっているんです!エアマットやインフレーターマットは、どうしても膨らませるのに手間がかかってしまいますが、こちらのエアマットなら5〜6回空気を入れるだけで、すぐにパンパンに!

足踏みで空気を入れている様子    

ポンプが内蔵されており、足踏みするだけで簡単に空気を入れられるタイプも!キャンプ初心者がつまづくポイントを分かっているロゴスならではの、初心者に優しい商品ですね♪

焚き火台・バーベキューグリルも要チェック!

うれしいポイント満載のバーベキューグリル!

展示されているバーベキューグリル    

ロゴスのバーベキューグリルも注目ポイントが盛りだくさん!

横から見たバーベキューグリル    

まず、このシルエットが特徴の1つです。脚がハの字に、火床が逆向きの台形になっていますが、脚はより安定感が増すように、火床は効率的に炭の熱を食材に伝えるために効果を発揮しています!

バーベキューグリルの網の部分    

また、火床の底にはロストルが。炭の下にしっかり空気の通り道を作ることで、バーベキューの途中で炭の火力が落ちてしまうことを防いでいます。

オプションアイテムでパワーアップする焚き火台!

ピラミッドグリルの上に乗っている様子    

ロゴスの定番焚き火台ピラミッドグリルにも、展示会で改めて注目ポイントが!展示会の会場で、なんとピラミッドグリルの上に乗れるんです!耐久性に自信のあるロゴスならでのはの体験で、なんと130kgの耐荷重があるとのこと!これだけの強度なので、永く使える焚き火台であることは間違いありません!

ピラミッドTAKIBI    

2018年はパワーアップした焚き火台としてピラミッドTAKIBIが登場。上の写真は一緒に展開されるオプションアイテムの1つで、火床の間仕切り。このアイテムを使うことによって、焚き火調理と炭火調理を同時に楽しむことができるようになります。その他にも、串料理を簡単に調理できる串焼きプレートなど、2018年のピラミッドTAKIBIは楽しみ方の幅が広がりそうですね!

その他にも注目商品多数!!

グランベーシックのウッドロールテーブル

展示されているウッドロールテーブル    

探してみると、意外と少ない高級感のあるテーブル。2018年のロゴス新商品では、グランベーシックシリーズのウッドロールテーブルも発売予定です。深みのある色合いなので、どんなサイトにも馴染むはず!

また、天板が丸められるので、収納もコンパクトになるのがうれしいところ!

オプションアイテム多数のキャリー

展示されているキャリー    

キャリーにも多数のオプションアイテムが!運搬後のサイトで活躍する天板。持ち運びが終わった後、収納場所に困るキャリーですが、天板を付けることによりテーブルに早変わり!サイトでもおしゃれな家具として活用することができます♪

天板とベンチがセットになっており、キャリーだけでなく、ベンチなどに被せることができるようにサイズ感までこだわっているので、時にはベンチをテーブルに、キャリーを収納に、など使い分けも簡単です!

連結ベルトを使用している様子    

また、面白いオプションパーツがこちらの連結ベルト。なんと複数のキャリーを連結させて、電車のようにすることもできるんです!持ち運びが楽になることはもちろん、グループで集まった際に連結して運ぶのも楽しそうですね♪

気軽に洗濯できる防水ケース

洗濯用のケース    

こちらは、長期のキャンプで困る洗濯問題を解決できる洗濯用のケースです。手順は、水と衣類を入れて上下に振るだけ!脱水もキャップを開けるだけなので、取扱いも簡単です。防水ケースとしても使用可能なので、使用後の水着などを入れておくなど、1つは持っておきたい便利グッズです。

簡単に乾燥できる立つ食器

並べられた簡単に乾燥できる立つ食器    

キャンプ場でなかなかちゃんと乾かせず、自宅でも食器を洗う方も多いはず。そんな問題を解決できるのが、こちらの食器。

簡単に乾燥できる立つ食器の接地面    

接地面を見てみると、柄の部分が脚になっており、置いておくだけで水滴が落ちるようになっています。スペースのない中でも、簡単に乾燥まで完了できるので、撤収時にそのまま食器の片付けもできるようになるアイテムです。

かわいいデザインTシャツ

展示されているTシャツ    

ロゴスが近年力を入れているTシャツにも新デザインが!もともと、キャラクターとのコラボアイテムを多数出しているロゴスらしい、可愛らしいデザインは、キャンプ場はもちろん、普段使いでもバッチリです♪

まとめ

展示会のレポートをお届けしましたが気になる商品はありましたか?新商品はもちろん、今までの商品からさらに楽しみ方の幅が広がる進化したアイテムなど、工夫が満載のロゴスの新商品。2018年のロゴスからも目が離せませんね!


あわせて読みたい記事



新着記事



おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪