話題の「カマボコテント」徹底比較で魅力の秘密を教えます!

hinata

>

キャンプ

>

話題の「カマボコテント」徹底比較で魅力の秘密を教えます!

話題の「カマボコテント」徹底比較で魅力の秘密を教えます!

 キャンプ

出典:DOPPELGANGER OUTDOOR(ドッペルギャンガーアウトドア) / Facebook

2016年モデルは完売となり、次回は2017年の春に販売予定とされていて予約をしないと購入することができないとも言われている話題の大人気テントが「カマボコテント」です。今では色々なキャンプ場でもよく見かけるようになりましたね。少しかわった形のカマボコテントには一体どんな魅力が隠されているのでしょうか?今回は他のテントと徹底比較しカマボコテントの魅力にせまっていきます!

カマボコテントとは

   

出典:DOPPELGANGER OUTDOOR(ドッペルギャンガーアウトドア) / Facebook

今話題を集めているカマボコテントとは、広々リビングをかね備えた2ルーム型トンネルテントです。就寝スペースとは別に3m×4.2mの広いリビングスペースがあり、ファミリーからグループキャンプにぴったり!大人10人程が余裕でくつろげるリビングスペースがあるのはとても魅力的です。

また、オールシーズン使用可能で、夏は涼しく冬は暖かく過ごすことができます。夏場はリビング全面をメッシュにすることができるので風通しも良く、虫の進入も防ぐことができます。冬場は地面からの冷たい風の進入を防ぐことができるスカート付きなので暖かく過ごせます。

雨の時はメッシュを全て閉じてしまうと結露がたまりやすくなってしまうので、適度な換気が必要です。

さらに、強風にも耐えられる耐久性や強い雨にも耐えられる防水性、日本のキャンプサイトに合わせたサイズ設計と、たくさんの魅力があるテントです。

カマボコテントは何が違う?徹底比較!

キャンパー達の間で人気の2ルームテント、ファミリーや大人数でのキャンプに欠かせないですよね。今回は、たくさんある中でも人気が高いスノーピークの「トルテュライト」と徹底比較していきます!

スペックの違いは?

スペックはほとんど変わらないようです。強いて言うならば、カマボコテントの方が縦長で軽いといったところでしょうか。性能面や使い勝手にはどんな違いがあるのでしょう!

便利さや機能性の違いは?

   

出典:ドッペルギャンガーアウトドア

カマボコテントはタープ代わりに使用可能な幕が5か所も!ポールを使ってすべて跳ね上げると開放的で、日差しも防ぐことのできる空間を作り出します。

   

出典:スノーピーク

一方トルテュライトは正面のみしかポールではね上げることはできません。メッシュ窓のカズワ変わりませんが、まずひとつ大きく異なる点です。

   

出典:ドッペルギャンガーアウトドア

また、カマボコテントはインナーを外せば室内の長さは6.4mあり、大型のスクリーンタープに変化します。インナーテントを付けた状態でも、リビングスペースは大人10人程がくつろげるスペースがあり、グループキャンプに最適です!ファミリーであれば十分余裕をもって過ごせます。


実際こんな感じです!

   

Instagram (@akihiro815)

ファミリーであればオシャレな棚や道具を置くスペースも余裕をもって確保できるます。トルテュライトと比べると幅は狭いですが、サイドをフルオープンすれば解放感たっぷりのスペースが!オシャレに自由にレイアウトできちゃいます。

   

出典:スノーピーク

トルテュライトもインナーテントを外せば大型シェルターに早変わり!カマボコテントよりも長さは短いですが幅があり、真ん中にテーブルを置いても窮屈さを感じさせません。

その他機能性の違いは?

   

出典:ドッペルギャンガーアウトドア

テントの中を明るく照らしてくれるランタンをぶら下げるフックですが、カマボコテントはリビングスペースの天井に10箇所もあります!ランタンだけではなく壊れやすいものやサッと取り出せるようなものをぶら下げるのに役立ちます。一方、トルテュライトは同リビングスペースの天井部に一か所しかありません。

   

出典:ドッペルギャンガーアウトドア

寒い時テント内に電気カーペットなどの器具を使う時にコンセントの専用ジッパーがカマボコテントには付いています。スノーピークのトルテュライトは専用の入り口がなく、インナーテントの入り口の隙間から入れるスタイルになります。

   

出典:ドッペルギャンガーアウトドア

雨の日に両サイドをしめきると、どうしても湿度が高くなりテント内はジメジメしてくるものです。カマボコテントには雨が室内に進入するのを防ぐ事ができ、同時に換気もできるバックウィンドが寝室側後方に付いています。また、テントの4隅にベンチレーターも配置されているのでテントの中の換気に役立ちます。

スノーピークのトルテュライトは、メッシュ部分のみとなり、寝室側には窓がありません。昼間の天気がいい時は風通しがいいですが、雨が降ったり夜少し暑い時には少し不便を感じる事があるかもしれません。

価格の違いは?

カマボコテントは価格がリーズナブルで、66,000円(税別)となっています。手頃な価格も魅力のひとつです。

スノーピークのトルテュライトは、128,000円(税別)と高額です。スノーピークの根強いファンには人気となっています。

同じ2ルームテントでも、価格に倍近い差があるんです!

『DOPPEKGANGER OUTODOR』とは

   

出典:ドッペルギャンガーアウトドア

「外で遊ぶ大人を増やしたい。ゆるくて気楽、ユニークなアイテムを提案するソト遊びブランド」
をコンセプトにオシャレなアウトドア製品や雑貨、消耗品の企画、製造、販売をしているブランドです。

大阪府に本社をおき、ビーズ株式会社として1997年に設立し今話題のアウトドアブランドです。
カマボコテントを中心にキャンパー達の間では人気を集めています。また可愛らしいロゴのデザインはステッカーとしても発売されており、車やお気に入りのアウトドアアイテムに貼る人もいるようです!

カマボコテントを購入したら自然と他のアウトドア用品もドッペルギャンガーで揃えたくなるようなオシャレなアイテムがそろっています。

最後に

いかがでしたか?
カマボコテントはファミリーで広々と!グループキャンプも楽しめる高性能テントです。2ルームテントはファミリーが広々と使えるように設計されているものの、グループキャンプでは少し窮屈に感じてしまうこともあると思います。ファミリーでもグループキャンプでも広々と使えるテントをさがしているならカマボコテントで決まりです!きっと楽しい時間を過ごせることでしょう!


あわせて読みたい記事



新着記事

  • hinata trunk banner


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪