キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜もっとそとが好きになる〜
暖色LEDランタン「One Second Spyroll」

【バイヤー激推し】防水&オプション付属で3,980円!コスパ抜群LEDランタン「One Second Spyroll」

キャンプの必需品の一つであるランタン。老舗照明メーカー「キシマ」から登場したコンパクトLEDランタン「One Second Spyroll」は、オイルランタンのような温かみのある明かりをなんと3,980円(税込)で楽しめるスグレモノ。防水仕様に加えてどこでも使える三脚やカラビナまで付属するのでコスパ抜群。hinataストアのバイヤーもおすすめの旬アイテムを紹介します!

温かみのあるランタンはキャンプの夜に欠かせない!

オイルランタンのイメージ頭

出典:PIXTA

ワンタッチで手軽に明るさを得られるLEDランタンが増えているものの、ホワイトガソリンやオイルタイプのランタンも依然として人気。その理由は、色温度の高い(白っぽい)LEDライトには少ない、暖色の光にあります。 明るすぎないオレンジ色の光は、落ち着きや温かみある空間を演出してくれるので、根強いファンが多いのです。しかし、それらのランタンは燃料を用意する必要があることや、使用前後の手入れに手間がかかるのも気になるところ…。

脚・カラビナ付きで3,980円!コスパ抜群の暖色LEDがあった

そこでおすすめなのが、LEDライト「One Second Spyroll」。燃料の入手や手入れのわずらわしさナシで、極上の癒しが得られる暖色光のコンパクトランタンです。 3,980円(税込)と手に取りやすい価格でありながら、防水仕様に加えてつり下げ用のカラビナやテーブルに置くときに便利な三脚まで付属。驚きのコスパアイテムなのです。 今回は、自他ともに認めるキャンプ好きであり、日々さまざまなギアに触れている、オンラインセレクトショップ「hinataストア」のバイヤーに、このアイテムを徹底解説してもらいます!
icon

「hinataストア」バイヤー

佐々木

アウトドアオンラインショップ「hinataストア」のバイヤー兼SNS担当。夏はキャンプ、冬はスキーを楽しむアウトドアファミリーの中で育ち、現在は友人や家族とキャンプを楽しむ、ギアを知り尽くしたプロ。

オプションパーツが標準付属で設置場所も「自由自在」なんです!

「One Second Spyroll」は本体に加えて65×77mmの三脚、つり下げ用のカラビナまで付属するのでコスパ抜群。 LEDで火事の心配がないので、子ども連れのキャンプでは三脚と組み合わせ、安全なテーブルランタンに。メインランタンが他にある場合は、カラビナでテント内のつり下げ照明として。あらゆる場所で活躍します。
person icon

「hinataストア」バイヤー 佐々木

ランタンやライトを買ったとしても、三脚やつり下げるためのカラビナは別売りなことが多いですが、それらが付属しているのは大きな魅力。 付属品別売りのライトで「カラビナと三脚を買ったら、もっと良いライトと同じ金額になってしまった」なんてことは“あるある"ですが、これならその心配もないですよ!

照明のプロが生み出す癒しの光

製品名にもある「One Second」は、1932年創業の歴史を持つ照明のプロフェッショナル、キシマのアウトドアブランドです。 LEDランタンの多くは、色温度が高く青白い光を放ちますが、「One Second Spyroll」はオイルランタンと同程度である低めの色温度を採用。サイトに温かみを感じさせる暖色仕様なのもポイントです。 また、らせん状のLEDレイアウトによって、一カ所から強い光を発することが多いLEDランタンに対して、柔らかな光とされているのもうれしいところ!

キャンプの癒し空間を醸す「暖色系LEDライト」

この価格で防水仕様は強い!

spyroll
「One Second Spyroll」は電化製品の防水・防塵保護性能を表す国際規格において、IPX6という基準を満たしているのもポイント。 IPX6を満たす製品は、あらゆる方向から水を強く噴きつけても問題なく使えるレベル。キャンプ場での予期せぬ大雨でも安心して使えるのです。
person icon

「hinataストア」バイヤー 佐々木

安価なLEDランタンだと防水性がなく、不意に雨に降られてしまうことも多々あるキャンプでは少し不安。けど防水機能を求めると5,000円は超えてしまったりとなかなか難しいですが、これは値段と機能のバランスがとにかくいい

多彩な点灯パターンで「サイトの外でも」活躍

端部に搭載された白色ライトが点灯する「フラッシュライトモード」なら、懐中電灯のように使用可能。 40ルーメンのLowと80ルーメンのHighの2タイプが使え、足元や手元はもちろん、数メートル先まで明るく照らします。夜にコンテナボックスの中から探し物をする場面や、真っ暗なキャンプ場内を歩くときにも活躍!
person icon

「hinataストア」バイヤー 佐々木

夜間にトイレまで歩いて行くときにも便利なんです! 明るさの調整も本体上部をクルクル回すだけの簡単操作なので、ライトのスイッチをONにするために携帯のライトで照らす…なんてわずらわしさもありません。

「最大10時間点灯」で充電切れの心配なし

USB Type-Cでの充電式を採用した「One Second Spyroll」は、充電持ちのよさも特筆すべきポイント。 800mAhのバッテリー容量を持ち、温かみを感じるランタンモードもLow(10ルーメン)での使用なら10時間、ゆらぎを感じるBreathモードでも7時間点灯可能なので、キャンプの夜を長くじっくり楽しめます。

充電の心配無しでサイトを照らせる!

4色展開で自分のサイトに合うものが見つかる!

暖色LEDランタン「One Second Spyroll」

出典:hinataストア

左からブルーグレイ、ベージュ、ブラック、オリーブ
これまでブラックとオリーブの2色だったカラーバリエーションに新色が登場!ブルーグレイとベージュの2色が追加され、自分の好みやサイトに合ったカラーをさらに選びやすくなりました。 hinataストアでは、2023年8月下旬出荷予定で新色の予約注文を受付中!どの色も人気間違いなしなので、早めの予約注文がおすすめです。
person icon

「hinataストア」バイヤー 佐々木

さまざまなスタイルのサイトに合わせやすいアースカラーが魅力。個人的には、ベージュが売れそうと予想しています! 家族それぞれでお気に入りのカラーを買って、複数つり下げることで癒しのサイトをつくるのも素敵です!

商品ページで各色の大きい写真を見たい!

「One Second Spyroll」で手軽に癒し空間を

防水性能に加えて、三脚&カラビナ付属でコスパ抜群な「One Second Spyroll」はhinataストアで販売中!気になるカラーが売り切れる前に、ぜひチェックしてみてください!
person icon

「hinataストア」バイヤー 佐々木

オイルランタンより気軽に使えてリーズナブルなので、購入しやすいアイテム。サイトの雰囲気を手軽に変えたいという人にもおすすめです!

サイズや点灯時間は下のボタンからチェック!


特集・連載


あわせて読みたい記事